相変わらず「好きを仕事に」が大流行ですね。

「好きじゃないことを仕事にしている人なんて、おかしい!」と言わんばかりの大合唱。

この流れ、いつまで続くのでしょうか。

 

そんな流行りを無視して、「好きなことを仕事にしなくてもいい!」と1年以上も前からずーーっと言い続けている私。

 

いったい、これがスタンダートになるのは、いつかしら(笑)

 

私がこれほど「好きを仕事にしなくていい!」と言い続けるのは、もちろん理由があって、このことで悩んでいる人が多いからなのです。

 

以前、無料のお茶会を何回か実施したのね。

その時、参加された方からこんな質問をされました。

 

好きなことはあります。やりたいこともあります。

でも、それを仕事にしなさい!って言われると、違う気がするんです。

好きなことは仕事にしないとダメですか?

 

もちろん、私の答えはこうです。

 

好きなことを仕事にしたくないなら、仕事にする必要はないんじゃない?

仕事以外で好きなことを楽しめばいいよ。

 

そうしたら、ものすごくビックリされたんですね。

 

えっ?仕事にしなくていいんですか?

そんな風に言ってくれた人は、今まで誰もいませんでした!

 

私の方がビックリですよ(笑)

そんなに好きなことがあるなら、本業にすればいいじゃない、というのが周囲の意見だったんですって。

 

でも、その方はOLの仕事も楽しくて、OLをしながら休みの日に自分のやりたいことをやるスタイルがあっている。

それなのに周りから「本業にしなよ!」と言われてモヤモヤしていたんですね。

 

本人がそれでいいなら、周りがとやかく言う必要はないですよね?

好きなことがあるのに、それを仕事にしないなんておかしい!って、それこそ大きなお世話です。

 

音楽が好きな人が、全員ミュージシャンになっているわけじゃないでしょ?

タロットや手相が見られるからって、全員占い師でもないでしょ?

 

「好きなことを仕事にしよう」と煽る人がいるから、起業迷子が増えるんです。

 

起業であろうが会社員であろうが、“自分らしく”働きたいなら、キライなことや苦手なことを仕事にするのはやめた方がいいです。

 

でも、自分の好きなことをするために、仕事は仕事として割り切る、という考えかたは、全然おかしくありません。

 

仕事も好きなことも充実しているなら、理想の働き方じゃないですか!

 

私が伝える“自分らしく”働くは、「好きなことを仕事にする」ではありません。

 

理想の働き方、理想のプランを作る。

そのために「今」できることを全力でやる。

 

これが大事なんです。

自分の理想のプランを作った時に、「これを仕事にするのは違和感があるな」と思うなら、仕事以外で楽しめばいいんです。

 

キャリアとは人生そのもの。

 

「好きを仕事に」の呪縛に取り憑かれると、どんどん“自分らしく”働くことからは遠ざかりますよ。

 

もっと自由に考えましょう。

100人いれば100人の理想のプランがあって当たり前。どれが正しくて、どれが間違いなんてありません。

 

誰かに煽られたり、誰かの言うことを聞くのではなく、あなた自身でしっかり考えることが大事。

 

好きなことを仕事にする必要はありません!

「好きを仕事に!」の呪縛からは、とっとと逃れましょうね。

 

理想のプランを作りたい方は、いつでもお待ちしています。

組織の中で成果を出すための会社員向けキャリアコンサルティング