ビジネスマナーって新入社員や若手社員だけが気にすべきもの?

こんばんは。

女性リーダー育成コンサルタントの古賀ちぐさです。

 

一昨日から20代の若手社会人に向けたnoteをはじめました。

 

どうして20代の若手社会人に向けて発信を始めたかは、ぜひnoteの「初めまして!古賀ちぐさです」を読んでください。

ひとことで言うならば、

 

女性リーダーっていいな

女性リーダーを目指そうかな

 

と思う女性を増やしたいからです。

そして20代のうちから自分の中にあるリーダーシップを育てて、もっと自由で自分らしく輝いて働いて欲しいなーと思うから。

 

せっかく女性リーダーと20代の若手社会人と別々のメディアで書くのだから、同じテーマをそれぞれの視点で書いてみる…とかも面白そうだなーと思ってます。

 

というわけで、今日は「ビジネスマナー」をテーマに書こうかな。

20代向けには『ビジネスマナーって何のためにあるんだろう』という記事を書きました。

そもそも「ビジネスマナー」ってなんだ?

「最近の若手社員って、ビジネスマナーが全然できてないのよね」

「あの会社、ちゃんとビジネスマナーを教えてるのかしら」

 

新入社員や若手社員を見て、こんな風に思ったことないですか?

私は何度も、いや何十回も思ったことあります。

きっと「私も!」と手を挙げてくださる人も多いんじゃないかなー。

 

ビジネスマナーとは、【仕事の場において、相手に対する思いやりの気持ちを形にしたもの】です。

だからビジネスマナーが身についていない人を見ると、とてもガッカリした気持ちになってしまうのですが…

後輩やチームメンバーに、ビジネスマナーをわきまえた振る舞いをしている?

ある時、ちょっと待って?

新入社員や若手社員に「ビジネスマナーがなってない」と言っている私自身はどうなんだろう?と。

 

確かに自分の上司やお客様に対しては、ビジネスマナーを意識して行動している。

だけど同僚や後輩、チームのメンバーに対しては?

 

もしかしたら、自分がビジネスマナーをわきまえた振る舞いを「される」ことを求めているのに、自分は後輩やチームメンバーに対して、ビジネスマナーをわきまえた振る舞いを「していない」んじゃないかと思ったのです。

 

ビジネスマナーとは「相手に対する」思いやりの気持ちです。

この相手とは、別に上司やお客様のことだけじゃない。

 

同僚だって後輩だって、チームメンバーだって、一緒に仕事をする「相手」ですよね。

それなのに出来てないって、おかしいよね?と気づいたのです。

あれ?もしかしてビジネスマナーが出来ていないかもしれない

確かに新入社員研修で学ぶビジネスマナーって、目上の相手に対してどう振る舞うか…という話が中心です。

だから何となく、自分は「される側」という意識が強くなるけれど、それは違う!

 

例えば

    • 相手との約束に到着するのは、早すぎても遅すぎてもマナー違反。5分前を目安に

 

と言われますよね。

自分の後輩やチームメンバーとの打ち合わせや約束の時間、守っていますか?

 

私も上司から、約束の時間を守ってもらえなかったことが何度もありますが、軽く扱われている気がして、すごくイヤでした。

あっ、私とのアポイントの時間って、上司にとっては大切ではないんだなって。

 

例えば

    • 相手の話は遮らずに最後まで聞くこと。途中で話の腰を折るのはマナー違反です

なんていうのもありますね。

 

後輩やチームメンバーの話、途中で腰を折ることがなく、最後まで聞けていますか?

リーダーに対してコミュニケーション研修をすると、多くの人が最後まで相手の話を聞けません。

 

これらは、ほんの一礼だけれど、他にも心当たりがあるんじゃないかなー。

リーダー自身が出来ていないのに、新入社員や若手社員に「ビジネスマナーがなってない」なんて言っても、新入社員や若手社員は白けちゃいますよね。

 

自分たちだって出来てないのに…って。

ビジネスマナーは自尊心を満たしてもらうためのものじゃない

それに重箱の隅を突くみたいにして、あれやこれやと小姑のようにチェックするのも、おかしな話ですよね。

 

ビジネスマナーって、リーダーや年上の方々の自尊心を満たすためのもの、ではないと思うのです。

 

あくまでも仕事が円滑に進めるためのもの。

相手に対する思いやりの気持ちを表したもの。

 

だから、相手に対する思いやりの気持ちを十分に感じられて、仕事が円滑に進んでいるのであれば、重箱の隅を突くみたいなチェックって必要ないんじゃないかな。

 

最近だと「オンライン会議の画面に並ぶ順番」だとか、会議終了後は「深々とお辞儀をしながら退出ボタンを押すべき」だとか、それって本当に大切なのかしら?

 

ただ上司側の立場の人が優越感に浸りたい、自尊心を満たしたいだけじゃないのかしら?

そんな風に思ったりもします。

最後に考えて欲しいこと

ビジネスマナーという視点で見た時、後輩やチームメンバーに対する振る舞いはどうでしょう?

相手に対する思いやりを示している?

 

すごく小さなことかもしれないけれど、こういう小さなところからも信頼関係が作られていくし、反対に崩れてもいくのです。

 

ぜひ私の振る舞いってどうだろう?と考えてみてくださいね。

もちろん私も、自分が一緒に仕事をしているメンバーに対する振る舞いを改めて考えます。

 

PS.

女性リーダーが自分の強みや魅力を活かして、イキイキと働くためのヒントを週に1回お届けしています。ご登録くださった方にはメール講座をプレゼント。ぜひ、ご登録ください