新年度から新しい会社で仕事しようと、年明けから転職活動をスタートさせる方も多いのではないでしょうか?

採用担当だったころ、1月〜3月は毎日面接ばっかりしていた気がします。

 

転職活動をするにはいくつか方法があって、

  1. 転職エージェントを利用する(リクルートエージェント、JACなど)
  2. 転職サイトを活用する(リクナビ、マイナビ、DODAなど)
  3. 企業の採用ページから直接応募する
  4. 知り合いのツテ(取引先、前職の上司、友人・知人など)

このあたりが、王道かな。

厳密に言うと、転職活動とはちょっと違うけれど、ヘッドハンティングという手法もありますね。

 

色々な方法がある中で、転職エージェントを利用して転職する人って多いと思うのですが、覚えておいて欲しいことがあります。

以前、会社でこの話をしたら、「そんなこと、全然知りませんでした」と、とっても驚かれたんです。

 

転職エージェントは求職者の味方ではない

 

これは絶対に覚えておいてください。

転職エージェントをディスりたいわけではありません。

私自身が転職する時も、転職エージェントを利用していましたから。

 

ただ、転職エージェントが求職者の味方だと思って利用すると、ガッカリしたり、怒りを覚えたりすることもあるのです。

 

転職エージェントは、企業に採用してもらわないと売上はゼロ

 

ビズリーチのように、求職者にも費用負担が発生するところはありますが、多くの転職エージェントは、求職者側に費用が発生することはありません。

 

転職エージェントの売上とは、企業からの紹介手数料です。

手数料は、エージェントによって多少違いはありますが、だいたい採用した人の年収の30%です。

 

例えば、Aエージェントから紹介された人材がB社に年収400万で入社したら、B社はAエージェントに120万を払います。

 

AエージェントがB社に紹介した人が不採用になった、もしくは、内定辞退をした場合は、入社してないので、Aエージェントは、B社から1円も払ってもらえません。

 

こんな仕組みなんですね。

エージェントは、自分たちが紹介した求職者をいかに高年俸で、企業に入社させるか・・に力を注ぐわけです。

 

ボランティア団体ではないので当たり前ですね。

 

求職者のキャリアよりも、取引先企業へのマッチングが優先される

 

転職エージェントには、「キャリアアドバイザー」や「キャリアカウンセラー」「キャリアコンサルタント」という名称の人たちがいて、その人が、あなたの経歴や希望条件などを聞いて、求人を紹介してくれます。

 

転職エージェントの満足度は、この担当カウンセラー(エージェントによって名前が違う)が優秀かどうかが大きな割合を占めます。

 

私も何社かエージェントを利用しましたが、ダメな担当者はビックリするぐらいダメです(笑)

こちらの言うことはほとんど聞かず、希望条件とは違う求人を押し付けてくる。

連絡が遅い&来ない。

もし、あなたを担当したカウンセラーが、ダメカウンセラーだったら、担当を変えてもらいましょう。

 

ダメカウンセラーはともかく、そうでなくても、100%求職者の味方だというエージェントの担当カウンセラーは、ほぼいません。

ごくごく稀にいるのですが、出会えたら超ラッキーです。

 

理由は先にも書いた通りです。

エージェントは、企業に人材を紹介して、入社してもらわないとお金をもらえません。

 

だから、自分たちが持っている求人条件に合わない人だと

「ご紹介できる案件はありません」

「その件は、他の方で決まってしまいました」

などと言われ、案件を紹介してもらえないかもしれません。

 

時々、「自分のキャリアに迷ったら、無料で相談にのってくれる、転職エージェントのキャリアカウンセラーに相談しよう!」と書かれている記事を見かけますが、全くオススメしません(笑)

 

自分が行きたい企業の条件

自分がやりたい仕事

 

これが明確になっているのであれば、転職エージェントでの相談は役に立つはずです。

でも、そうではなくて漠然と悩んでいたり、自分が本当にやりたい仕事を一緒に見つけて欲しい・・というのであれば、相談したところで悩みは解決しませんよ。

 

転職エージェントを最大限に活用するなら、どういう会社でどんな仕事をしたいのかを明確にする

 

転職エージェントは企業の味方で、キャリア相談にも乗ってくれないとなると、利用する価値がないじゃないか。

そんな風に思われるかもしれません。

でも、それは違います。

 

転職エージェントを最大限に活用すれば、あなたの転職活動はグッと楽になります。

転職サイトからの応募や企業の採用サイトからの応募だと、先方との日程調整は、全部あなた自身が行わなければいけません。

転職エージェントを利用すれば、スケジュール調整は転職エージェントがやってくれます。

 

さらに内定をもらって提示された給与が、あなたの希望と違った・・

今の職場をすぐに退職できないので、入社を少し待って欲しいという時。

自分では、なかなか交渉しづらいですよね。

 

転職エージェントを利用すれば、交渉は全部エージェントがやってくれます。

特に年俸交渉は、よほど無謀なことを言わない限り、かなり真剣にやってくれますよ。だって、あなたが受け取る年収が多ければ多いほど、受け取る手数料も高くなりますからね!

 

自分で交渉するよりも、年収が上がる確率は高いです。

 

さらに、これも大きなメリットだと思うのですが・・・

 

個人では応募できない求人に応募できる。

 

企業によっては、自社サイトでは募集をせず、採用は全てエージェント経由で行うところがあります。

 

もし、あなたが行きたいと思っている会社に採用ページがなかったり、「募集していません」となっていたりしても、エージェント経由であれば、応募できることがあります。

 

だから、チャレンジしてみたい会社があるなら、転職エージェントで求人があるかどうか聞いてみると良いと思います。

 

そして、あなたの味方ではなくて企業の味方である・・と認識した上で、エージェントを最大限にあなたの味方につけるには

 

あなた自身がどんな仕事をしたいのか

どういう会社(社名でも、雰囲気でも)で仕事をしたいのか

譲れない条件はどこなのか

 

明確にすることです。

これらの条件が明確になっていれば、転職エージェントも、あなたの希望にあった求人案件を紹介しやすいし、相談にも乗りやすいです。

 

逆に、あなた自身に明確なものがない状態で行っても、ひととおりの経歴チェックと、表面的な条件を聞かれて求人を紹介されて終わりです。

 

転職エージェントは、上手に活用すれば、転職者にとっても企業にとってもありがたい存在です。

ただ、エージェントに対する認識を間違うと、「えっ、こんなはずじゃなかったのに」と感じることになります。

 

転職エージェントを活用して転職活動をしたい人は、事前準備をきちんとしてくださいね。

 

事前準備を効果的に行いたい方は、ぜひ一緒にやりましょう。

求職者としての立場と採用企業側としての立場、どちらの視点からもアドバイスします。

単発セッションコース

※ただいま年末キャペーン中。12/31までにお申込の方に限り、¥3,000引きでご提供します。(セッションは2018年2月末までに受けてください)