「何を言うか」なのか「誰が言うか」なのか

 

情報を「何を言っているか」で判断するのか「誰が言っているのか」で判断するのかは、よく議論の対象になりますね。

 

今は「誰が言っているか」で判断される世の中だ。

だからインフルエンサーの発言が注目されるのだ

 

という人もいれば

 

いやいや、「誰が言っているか」で判断したら思考停止になる。大事なのは、あくまでも「何を言っているか」だ

 

という人もいます。

仕事でもありますよね

 

同じことでも、Aさんになら納得できるけれど、Bさんに言われるとムカつくとかね。

「何を言っているか」で判断するならば、Aさんの意見は納得だけれど、Bさんの意見はムカつくとはならないはずですが、実際にはなりますよね。

情報を受信する時と発信する時で、意識するポイントは違う

人間は理屈じゃなくて感情で動くと言われるから、「誰が言ったか」を完全に無視するのは難しいと思います。

 

ただ「誰が言っているか」だけで判断した先に待っているのは、

 

自分の力で考えることができない

誰かの言うとおりにしか動けない

 

という、とても残念な結果です。

 

自分が情報を受信する側の時には「何を言っているか」

自分が発信する側のときには「誰が言っているか」

 

私は、これを意識することがすごく大事なんじゃないかと思います。

「誰が言っているか」に囚われる人は自分らしさから遠ざかる

「誰が言っているか」ばかりに気を取られると、物事の本質を見失うし、どんどん自分で考えられない人になっていきます。

 

いつも誰かの言いなりになって、誰かの言うとおりにして行動する。

考えないって楽ですよね。

 

でも、そのツケは必ず自分が払うことになります。

 

「誰が言うか」だけで判断するということは、自分の働き方や人生を誰かに依存することと一緒。

 

依存する人は、残念ながら「自分らしさ」を手に入れることはできません。

自分が情報を受取る側の時は、必ず「何を言っているか」を見ないといけないのです。

 

それは、本当なのか?

それは、何を根拠として言っているのか?

 

わたしはどう考えるのか?わたしはどう思うのか?をプラスして考えることが大事なんじゃないかな。

同じことを伝えても「誰が言ったか」で説得力は大きく変わる

言葉は誰が言っても同じなわけではなく、言う人によって説得力が変わってきます。

 

自分自身が経験していないこと

自分以外の誰かの受け売り

自分を棚に上げた言葉

 

これらは説得力に欠けると思うのです。仕事をしていてもそうですよね。

 

例えば、リーダーであるあなたがメンバーからの挨拶を返さないのに、「コミュニケーションは挨拶から」なんてメンバーに言ったら、メンバーは「あなたが言うな」と思いますよね。

 

「誰が言っているかではなく、何を言っているかで判断して!」と言ったところで、賛同されないばかりか、余計に反感を買ってしまいます。

 

だから、自分が伝える側になる時には、「人は『誰が言っているか』を重視する」ということを忘れてはいけないのです。

「誰が言っているか」にあぐらをかけば、やっぱり思考停止になっていく

そして、発信する側になった時に注意しなければいけないのは、

 

『誰が言っているか』にあぐらをかかないこと

 

だと思うのです。

「誰が言っているか」で判断する人が多くなると、発信している人も思考停止になっていきます。

 

なぜなら自分の発言について考察する必要はなくなるから。

 

それは違うんじゃない?

私はそうは思わない

 

と言ってくれる人がいなくなるということですから。

だから、発信する側は「誰が言ったか」で信頼度が変わることがあることを意識すると同時に、「何を言っているか」を意識しないといけないと思うのです。

 

リーダーは、経営層の言っていることをメンバーに伝えるという役割をになっています。

だからこそ、「誰がいうか、何をいうか、どちらかだけに偏ってはいけない」という意識は必要だと思いますよ。

 

PS.

自分だけのリーダーシップを育てるためのヒントを週に1回お届けしています。

メルマガ購読特典「モヤモヤをスッキリ解消する5Step」プレゼント中。