「普通の人は◯◯ですよね」

「ちゃんとしないといけないですよね」

 

クライアントと話をしていると、よく出て来るフレーズです。

 

私の継続サポートを受けているクライアントは、全員面白いぐらい、この瞬間に「ハッ」とした顔をするのです。

 

なぜなら、私から何を言われるのか、すでに分かっているから。

 

「普通って何?」

「ちゃんとって何?」

 

「あー、やっぱり。絶対にそうやって突っ込まれると思いました!」って言われるけれど、とっても大事なこと。

 

当たり前のように「普通」とか「ちゃんと」って言うけれど、自分の中の「普通」や「ちゃんと」が何か分かっていますか?

 

答えられない人、多いんですよ。

 

「普通は」って言っているのに、「普通」が説明できない。

「ちゃんと」って言っているのに、「ちゃんと」が説明できない。

 

言葉の意味ではなくて、「あなたにとって」の普通であり、ちゃんとが何であるかを説明して欲しいのです。

 

でね、説明できないってことは、自分の中に答えがないんです。

答えがない幻のような「普通」と「ちゃんと」を目指したところで、結果は出ないですよね。

 

だって、どうしたら「普通」なのか、何ができたら「ちゃんと」なのかがわからないんだから。

 

これは、他の言葉でも一緒です。

「幸せ」とか「自由」とか、あなたにとっての「幸せ」や「自由」が分からなければ、そこにたどり着くことはできないですよね。

 

私はいつも“自分らしく”働けるよーという話をしますが、この“自分らしく”も、クライアントそれぞれによって違います。

 

だから、“自分らしく”ってなんだろう?を自問自答していくしか、答えを出す方法ってないんですよね。

私が変わりに答えを出してあげることは出来ないのです。

 

私のクライアントは、皆、セルフセッションができるようになりますが、それは、私とセッションしている期間中

 

何で?

どうして?

それがないとどうなるの?

それをするとどうなるの?

どうしてそれじゃないとダメなの?

 

と聞かれ続け、自分に問いかける作業をずーっと繰り返すから。

だから、気づくとセルフセッションして、自分で答えが出せるようになります。

 

自分が、目指すところが分からない

こうなりたいと思っているのに、それができない

 

そう悩んでいるなら、何気なく使っている言葉を振り返ってみてください。

自分にとって、その言葉が何を指しているのか説明できますか?

 

説明できないなら、幻を追いかけようとしているだけ。

あの月を追いかけてみよう!虹の端を探してみよう!というのと一緒ですからね。

 

そんな時は

 

何で?

どうして?

それがないとどうなるの?

それをするとどうなるの?

どうしてそれじゃないとダメなの?

 

答えが出るまで掘り下げること。

私のクライアントのように、スムーズにセルフセッションが出来るようになりたいなら、こちらでお待ちしています。

全てお任せフルパッケージプラン