職場の人たちが、全員、価値観が一緒だったら良いなーと思ったことはありませんか?

 

価値観って、物事を捉えるときの「色メガネ」だから、同じ色メガネを持つ人の集まりだと話が早いんですよ。

「あー、分かる、分かる!」と言い合えるのって楽ですしね。

 

でも、皆が同じようなものの見方をしてしまうから、うまくいくときは良いけれど、うまくいかなくなると新しい発想がしづらいという欠点もあります。

「そうか!そういう考え方もあるね!」が出にくいのです。

 

だから、色々な価値観を持つ人が集まった方が、本来はより強いチームが出来る。

でも、自分とは違う色メガネで物事を捉える人だから、どう接して良いか分からない・・ということもあるんですよね。

 

それに価値観の違う人が集まった方が強いチームが作れると言っても、あまりにもかけ離れすぎていると、頭の中に「???」が生まれるばかりで、どうしていいか分からない。

 

プライベートやSNSレベルでのお付き合いであれば、その人とは距離を置くという選択肢を取ることができます。

だけど、仕事では、なかなかそうはいきません。

 

価値観の違いを認めよう

相手を理解しよう

多様性があることは素晴らしい

 

そう言われて、頭を抱えている人たちがいるのも事実です。

特にチームや組織をまとめる立場にいる人ほど、悩んでいる人が多いんじゃないかな。

 

私は、価値観の違いを「受け入れる」必要はないと思っています。

ただ「受け止めて」あげるだけで十分。

 

「受け入れる」と「受け止める」って似たような言葉だけれど、私は全く違うイメージで捉えています。

 

受け入れるとは、自分の中に取り込むこと

私は「受け入れる」とは「自分の中に取り込むこと」だと思っています。

自分も同じように感じているのであれば、相手の価値観を取り入れることは苦ではないはずです。

 

でも、自分と相手の感じ方、捉え方が違うのに、それを自分の中に取り込むって、すごく難しいことだと思うのです。

だって、自分は「そうじゃない」と思っているのに、納得した振りをして自分の中に入れるんですよ。

それって、ものすごく苦痛ですよね。

 

「価値観の違いを受け入れなければいけない」

 

無理して受け入れようとするから、受け入れられないことに苦しむのだし、本音では受け入れたくないと思っているから、価値観の違う人を排除したくなるんだと思います。

 

もし、価値観の違いを「受け入れなければいけない」と思っているならば、それは今すぐ、さようならしてください。それだけで、きっと心は軽くなるはずです。

 

受け止めるとは、自分の外側でキャッチすること

「受け入れる」が自分の中に取り入れることなら、「受け止める」とは自分の外側でキャッチすることだと思っています。

 

ボールをキャッチするのと同じイメージね。

相手の価値観に同意する必要もないし、自分の中に取り入れる必要もありません。

 

ただ、「あなたは、そういう価値観を持っているんだね」と捉えるだけです。

そして自分はどうだろう?と改めて考えてみるのです。

 

もし、自分の価値観と相手の価値観が異なるのであれば、相手の価値観をキャッチした上で、「ではどうしようか?」と考えることが大事です。

 

自分の価値観を受け入れさせようとしてはいけない

自分との価値観を「受け入れる」必要はない。

ただ「受け止めれば」良い。

 

これね、気をつけないと、自分は「受け止める」だけなのに、相手には「受け入れさせよう」としてしまうのよね。

誰しも、少なからず『自分は正しい』と思っているからね。

 

特に過去に成功体験を持っている人は要注意。

無意識のうちに、自分の価値観を相手に押し付けようとしてしまいがちです。

 

先にも書いたとおり、価値観を「受け入れさせよう」とすれば、必ず反発をされます。

なぜなら本人は、「そうじゃない」と思っているから。それを無理やりやらせようとすれば、こじれるのは当たり前ですよね。

 

でも、多くの人たちが、自分の価値観を「受け入れさせよう」とするから、価値観が異なる人とチームを作ろうとするとうまくいかないのです。

 

  1. それぞれが自分の価値観をオープンに話せる場を作ること。
  2. そして、自分とは違う価値観の人がいたら「受け入れる」のではなく「受け止める」こと。
  3. 自分たちのチームが成果を出すためには、どういう捉え方をすれば良いのかを話し合うこと

 

誰かの価値観に従うのではなく、「チームとしてどうするか?」を考えるのが大事ということですね。

とはいえ、3までやるのは、かなりハードルが高いと思うので、まずは、1と2に注力してみてもいいんじゃないかな。

 

おそらく、1の「オープンに話せる場を作る」だけでも、苦労するところはたくさんありそうですしね。

 

最後はチーム作りの話になりましたが、個人でも一緒ですよ。

誰かの価値観を受け入れられなくて苦しんでいるなら、「受け入れる」必要なんてありません。

 

受け入れられないなら、受け止めるだけで十分。

それができるようになると自分が楽になるだけではなく、相手との関係性も変わります。

私自身、「受け止める」ことが出来るようになってから、人間関係はぐっと楽になったし、「許せない!信じられない!」と憤ることも、かなり減りましたよ。