やたらとアドバイスしたがる人っていますよね?

会社の同僚や後輩、部下だけにとどまらず、友だちにパートナー、果ては何かの交流会や勉強会で出会った初対面の人にまで、アドバイスをせずにいられない。

 

その場所に、自分よりも詳しい人がいたとしてもお構いなし。

先日も、とあるセミナー後の交流会で、講師を差し置いて、持論を述べている人がいました。

 

皆、講師の考えが聞きたくて、講師に質問しているのに!

 

きっと「良いことした!」と思っているのだと思うけれど、そう思っているのは本人だけ。

 

私は聞かれてもいない場所でするアドバイスは、「クソバイス」だと思っています。

 

自分が気持ちよくなることに相手を利用していない?

 

どこでも、誰にでもアドバイス。

勝手に相手を占う人、カウンセリングする人もいます。

 

頼んでもいないのに、「あなたは◯◯な人だから〜」とか「えっ、何でそんなことするの?だから、うまくいかないんだよ」とか言われたら、イライラしません?

 

私はイライラするし、大きなお世話だと思います。

デリカシーがない人なんだなとも思います(笑)

起業している方なら、「この人のサービスは、絶対に買わない!」と心に誓います。

 

なぜなら、勝手にアドバイス(勝手に占い、勝手にカウンセリングetc・・)とは、

 

自分が気持ちよくなるために、相手を利用する行為

 

だと思っているから。

 

スピリチュアル好きな人がよく使う「エネルギーバンパイア」です。

 

「そんなことない。私は相手のためを思ってアドバイスしている」という人もいるかもしれません。

でも、それは、単なる言い訳で、単なる詭弁でしかないですよ。

 

勝手にアドバイスを始める人は、相手の話は聞いていませんし、相手のことを考えてもいません。

 

相手のことを考えていたら、そもそも聞かれてないのに、勝手にアドバイスをする、なんてことはしないはずなのです。

 

「ねぇ、私ってこんなことまで知っているんだよ」

「ねぇ、聞いて!私って、すごいでしょ?」

 

と言いたいだけなんです。

素直に「私、すごいでしょ!」と言うならまだしも、他人を使って自分自慢をする。

 

最高に格好悪いしダサいですよ。

 

ひとりよがりなアドバイスは、相手から考える力も奪う

 

そうは言っても、会社の後輩や部下の仕事のやり方が、どうにもまどろっこしいんです。私がアドバイスした方が、早く正確に終わります。

 

という人もいるかもしれませんね。

ええ、分かりますよ。だって、私自身が「クソバイスの女王」でしたから。

 

自分のやり方が正しい!と思い込んでいたから、部下や後輩にそれを押し付けていたこともあります。

 

でも、いつもいつも、あなたがアドバイスをしていたら、部下や後輩は、いずれ『考えられない人』になります。

 

なぜなら、考えてもムダだから

人って面倒くさいことはやりたくないんです。基本的に楽をしたい生き物。

 

だから、考えなくていいなら考えない。

いつも誰かが「こうやって」「ああやって」と言うなら、それに従っていた方がずっと楽なわけです。

 

あなたは、部下や後輩を「考えられない人」にしたいのですか?

 

きっと、考えなくなったら、こう言うよね

「私の部下(後輩)は、全然自分で考えようとしないんだよ。私たちの頃は、自分で考えないと上司から怒られたよね」って(笑)

 

いや、それ、あなたが「考えられない人」を作り上げたんだよ。

 

本当に「できる人」はむやみにアドバイスはせず、気軽に聞ける雰囲気をつくる

 

私が知っている、いわゆる「成功者」や、できる上司は、皆さん、むやみにアドバイスをしたりしません。

 

それは、きっと「求められていないアドバイスほど、無意味なものはない」と知っているからだと思います。

 

その代わり、「分からなかったら、いつでも聞いていいよ」という雰囲気は作っています。

よく、「何でも聞いていいよ」と言うわりに、実際に聞いたら不機嫌になる人がいますが、そんなことはありません。

聞いたら、しっかりと教えてくれます。

 

その教え方も、答えだけを教えるのではないの。

「どうしてそうなるのか」という理屈も教えてくれるし、ヒントだけを与えて「あなたはどう思う?」と考える訓練をさせてくれたりもする。

 

ただ、答えだけを与えたら、「『考えない人』になる」ということを知っているんだよね。

 

「いつ、聞いてもいいよ」という態度でいたら、アドバイスが欲しい時には、相手から聞きにきますよ。

もし、どう見ても困っているはずなのに、何も言ってこなくてヤキモキしているなら

 

「大丈夫?どこかで詰まってる?」と聞いてあげたら良いです。

 

昔、どう見ても困ってるよね・・という、入社したばかりの部下がいたのですが、全然聞きに来なくてね。

 

どうやら私の席に来るのが、緊張するんだなということに気づいたの。

(私の席は、社長と役員に挟まれた真ん中だった)

 

だから、私が彼女のところに行って、「何だか、詰まっているみたいだけど、どこか分からないところがある?」と聞くようにしたの。

そうしたら、「ここが分かりません」とか「これは誰に相談したらいいですか?」と質問するようになり、最後は、私が声をかけなくても、自分から相談に来るようになりましたよ。

 

人は、きっかけを作ったら、ちゃんと自分で行動できるようになるんですよね。

 

求められていないアドバイスを繰り返すほど、いざというときに聞いてもらえない

 

もし、「あっ、私、いらないところでアドバイスしているかも」と気づいたら、今すぐにやめてください。

 

周りに「私が勝手にアドバイスを始めたら、注意してね」と伝えておくのも良いですね。

 

求められていないのに、勝手にアドバイスをする人は、どんどん周りから敬遠されていきます。

 

「あの人、何か言うと、すぐにアドバイスしようとするから、何も言わないでおこう」なんて言われかねません。

仕事の場において、こんな風に思われたら、やりにくくなりますよね。

 

交流会の場などで、求められないアドバイスをして、「あの人とは関わりたくない」と思われたら、クライアントを逃すことにもなるかも。

 

自分の話を聞いてもらえなくなる・・ということは、本当に大切な時にも聞いてもらえないってこと。

 

全然良いことないですよね。

アドバイスは、聞かれた時にだけしましょう。

 

これ、リアルの場面だけでなくSNSでもそうですよ!