「変わりたいけど、あれもこれも無理!」大切な3Stepとは

こんばんは。

女性リーダー育成コンサルタントの古賀ちぐさです。

 

「このままではダメだと思っているので、変わりたい」

「もっと変化に対応していかなければいけないと思っている」

 

だからどうしたらいいですか?という悩みを打ち明けられる事も多いです。

最近は変化の激しい時代だから、今までのままではいけない…という漠然とした不安があるのだと思います。

 

「こんなことをしてみたらどうですか?」

「こういう考え方もありますよね?」

「違う捉え方はできませんか?」

 

変わりたいと思っているなら…と私もあれこれと伝えているのですが、

 

「それは無理です」

 

と言われることが多いので、また違う切り口から働きかけをします。

すると、また言われます。

 

「それも無理です」

 

無理だと思う理由は人それぞれ。

「会社が・・・」「パートナーが・・」「家族が・・・」という言葉が口をついて出てくるし、無理な理由を一生懸命語り始めます。

もちろん、そう言いたくなる気持ちも分かるんですよ。

 

人は誰しも変わることに抵抗を覚えるものだから、最初は「デモデモダッテ」ちゃんになるのは仕方ない。

でもいつまでも「あれもこれも無理!」から脱せられない時は、3つのステップで考えましょう。

Step1.本当に「変わりたい」「変わろう」と思っていますか?

変化の激しい時代だから、今までのやり方は通用しない。

 

というのはよく言われますよね。

だから「変わる」ことが良いことで、「変わらないこと」はダメなことだと思っている人も多いかもしれません。

 

でも、いくら他者が「変われ!」と言ったところで、自分が「変わる」と決めなければ、変化は起こりません。

 

大事なのは「変わるべき」とか「変わらなければいけない」と言った『ベキ論』ではなくて、『〜したい』という欲求かどうかということです。

 

本当は変わりたいわけじゃないのに、「変わらなければいけない」と思い込んでいることも。

本心では変わりたくない、変わる必要がないと思っているから、辻褄が合わなくなるのです。

 

そんなときは自分自身に、こう問いかけてください。

 

「どうして変わりたいと思っているのか?」

「変わったとしたら、どんな良いことがあるか?」

「それは変わらないと得られないことなのか?」

「変わらないことを選んだら、どんな不都合があるのか?」

「それはどれぐらい重要なのか?」

 

誰かに質問してもらうのも良いですね。

言葉にすることで、自分がどう考えているのかが改めて分かります。

 

変わることは重要じゃないと思ったら、「変わる」という選択肢を取らなくても良いですよね。

自分は本当はどう考えているのかを知ることは、とても大切です。

Step2.過去からの延長で考えていませんか?

変わりたいとは思っている、だけど無理…だと思ってしまっているなら、過去の延長で物事を考えているかもしれません。

 

今まで出来なかったんだから、出来るわけがない

昔からこういう文化だから仕方がない

 

良くも悪くも過去にたくさんの経験をしている人ほど、新しいことに対して「無理に決まってる」と決めつけてしまうことが多いです。

 

でも、過去が全て「事実」であり「正しい」わけではありません。

 

過去出来なかったから、今もこれからも出来ないと思っている理由は何ですか?

大切なのは、表面に出てきた言葉の裏側にある本音です。

 

言葉の裏側には不安や恐れが隠れています。

敵を知らなければ対策も立てられません。

 

何を不安に感じているのか何を恐れているかを明確にすることは、とても大事ですよ。

Step3.どこからなら抵抗なくできるのか?

あれも無理、これも無理。

これでは絶対に変化は起こりません。

 

Step1とStep2で自分の本音が見えたら、「抵抗なくできることは何か?」を考えるのです。

 

提案された内容がハードルが高いと感じるならば、どこまでハードルを下げたら、やってみようと思えるのか。

自分一人では難しいと思うのであれば、誰にどんなサポートをしてもらったら、行動してみようと思えるのか。

 

抵抗なくできることを見つけたら、まずはそこから初めてみる。

他者から見たら小さなことであっても、「やってみる」ことで何かは必ず変わります。

 

あれもこれも無理だけど、結果だけほしい

それこそ「無理」ですよ!

 

秋の夜長、時にはあなた自身の本音と向き合う時間を作ってくださいね。

 

PS.

週に1回、女性リーダーの内省を促すための情報を配信しています。自分のリーダーシップを発揮し、メンバーとより良い関係を作りたいと思う女性リーダーは、ぜひボタンをクリックしてご登録ください。