「本当のワタシを見つけよう」

 

アメブロやFacebookでよく見かける、この言葉が私は大キライ。

正確に言えば、大キライに「なりました」ですね。

 

キラキラ起業女子やスピリチュアルにはまっていた時には、好きだったんですよ、「本当のワタシ」という言葉。

現役生には今も響く言葉のはず。

 

私のアメブロの過去記事を探せば、きっと、そんなことを発信している記事が出てくるような気がします。

 

今、私が「本当のワタシ」という言葉が大キライな理由はただひとつ。

 

「本当のワタシ」なんて、どこを探してもいない!

 

ということを理解したから。

そう、「本当のワタシ」なんて、地球上をくまなく探したって、どこにもいません。

 

探すだけ時間とお金のムダですよ!

 

そもそも、「本当のワタシ」って何だ?

 

「本当のワタシ」を見つけるって言うけれど、本当のワタシって何?

本当のワタシを見つけなければいけないなら、今、この場にいる「私」は何なのでしょう?

 

そっくりさん?

コピー人形?

ドッペルゲンガー?

 

そんなはず、ないですよね。

 

きっと、今に不満や不安があって「本当の私は、こんなもんじゃない!」って思いたいんですよね。

 

少なくとも、私はそうでしたよ。

私はこうしてキラキラ起業女子にハマった

 

ハッキリ言えば、「本当のワタシ」を探してくれて喜ぶのは、「本当のワタシ」探しのための商品を探している人だけ。

 

「本当のワタシ」なんてどこにもいない。

でも、見つからない事が幸せなのかもしれません。

 

だって、見つからなければ、

 

「本当のワタシは、こんなんじゃないの」

「本当のワタシが見つかりさえすれば、きっと幸せになれる」

 

ずーっとそう思い続けていられるからね。

 

本当のワタシが見つかったら・・なんて言うのは、夢物語でしかない

 

本当のワタシ探しをする人は、もれなく「天職」とか「好きなことを仕事に」にも惹かれます。

 

先ほども書いたように、「本当のワタシ」を探す人は、本当のワタシさえ見つかったら、何もかもうまくいくと思っているし、自信も持てると思っているから。

 

「天職を探そう」や「好きなことを仕事に」も同じですね。

 

今の仕事がうまくいかないのは、好きなことを仕事にしていないから。

今の職場でモチベーションがあがらないのは、「天職」を見つけていないから。

 

そうやって、今の自分が抱えている問題から逃げているだけなんだよね。

私自身も逃げてた人だから、気持ちは分かりますよ。

 

分かるけれど、いい加減に目を覚ましましょう。

本当は知ってるでしょ?「本当のワタシ」なんて、どこにもいないってこと。

 

今が不安で不満なら、それを解消することが先

 

この間、友人と似たような話をしていたのだけれど、こんなにも「本当のワタシを見つけよう」なんていうのが流行るのは、不安の塊だから。

 

色んなことが不安定で、先が見えなくて、何かにすがりたいという気持ちになるんだと思うのです。

さらに追い打ちをかけるように「行動しなければ変わらない!」と言われる。

 

何か行動をしないといけない気持ちになるんですよね。

でも、何をしていいか分からない。

分からないけれど、変わりたいなら行動しなくちゃいけない。

 

そんな時に手っ取り早く行動している「風」に見えるのが、「本当のワタシ」探しだったり、「天職や好きなこと」探しだったりするんです。

 

だけど、その「本当のワタシ」探しも「天職や好きなこと」探しも、単なる『青い鳥症候群』でしかありません。

 

「今が不安で不満なら、それを解消することが先」です。

 

仕事に不満があるなら、その不満の原因は何か?それはどうやったら解消できるか?を考える。

 

不安は、ほぼ100%「幻」という成分で出来ているけれど、それでも不安になることはある。

その時は、「何がそんなに不安なのか?」「それは本当なのか?」「自分ができることは何もないのか?」を考える。

 

すると、絶対に「今すぐ」できることがあるはずです。

できることが見つかったら、それをやってみる。

 

やってみたら、そこからまた次の行動のきっかけが見えてきます。

どこにもいない「本当のワタシ」探しをするよりも、ずっと有意義だし、現実的だよね。