「もっと、ちゃんと仕事が出来るようになりたい」

「もっと、頑張らないと周りの人から置いていかれるような気がする」

 

頑張らないことが『良し』とされるなか、私のセッションを受けに来てくださる方は、皆さん本当にマジメな頑張り屋さんばかり。

 

そんな人たちに共通しているのが

 

自分のことを全くいたわらない

 

ということ。

『いたわらない』というと少し語弊があるかな。自分が疲れていること、自分が傷ついていること、それに無頓着な人が多いのです。

 

真っ先に必要なのは、もっと頑張ることでも、転職することでも、資格を取ることでもなく、とにかく休むこと!なのに、それに全然気付かない。

 

身体にも心にも異変が出ているのに、それに気づいていない・・

というより、見て見ぬフリをしている。

 

私はもっと頑張れる

私はもっとやれる

 

いやいや、自分をいたわらないままに“自分らしく”働くなんて、あり得ないですよ。

 

とにかく休む。まず休む。何はともあれ休む!

 

セッションをしていて、明らかに休んだ方が良いというクライアントには、

 

真っ先にするべきことは、休むことですよ。

少し長い休みを取ることはできますか?

 

と聞きます。本当は1か月ぐらい休んで欲しいと思うのだけれど、会社員だと、それが、なかなか難しいことは私にも分かります。

 

それなら、せめて1週間。とにかく休んで欲しいので、そう聞くのですが、

 

うーーん。ちょっと休むのは難しそうです。

1日だけなら、何とかなるかも・・

 

って答える人が、とっても多い。

 

旅行でもなく大型連休でもない。

それなのに1週間休むのって、何だか気が引ける・・という気持ちは分かります。

私もそう思っていた時期がありました。

 

そんなに休んだら、もっと会社の居心地が悪くなるんじゃないか。

「そんなに休むの?」って嫌味を言われるんじゃないか。

 

そう思ってしまうんですよね。

それでも、休んで欲しい時には「休んで」と言います。

 

  • 夜眠れない、眠りが浅い
  • 食欲がない、逆に過食気味
  • アトピーがひどくなったり、湿疹が出たりする
  • 人の言葉に敏感に反応して、涙が出てしまう

 

全部、身体からのSOSですよ。

最近、こんな症状が表れ始めてるな・・という段階なら、ゆっくりと休むことで回復することも多いです。

 

回復したら、同じようなことを繰り返さないように、どうすればいいかを考えたらいいよね。

 

でも、「まだ大丈夫」「このぐらいなら頑張れる」と無理を続けて症状が悪化したら・・

回復までに長い時間がかかって、年単位での治療が必要になるかもしれません。

 

「まだ大丈夫」「もうちょっと頑張れる」

 

そうやってあなた自身を追い詰めるのではなく、

 

「少し休もう」「もうちょっとゆっくり行こう」

 

意識を切り替えてくださいね

 

自分に一番厳しいのは、周囲の人ではなく、実はあなた自身

 

古賀ちぐさ古賀ちぐさ

何で、そんなに自分に厳しいの?

クライアントクライアント

だって、◯◯だから・・・

古賀ちぐさ古賀ちぐさ

もし友だちから同じ相談を受けたら、「そんなの、あなたが甘えてるだけじゃない!もっと頑張った方がいいよ」って言う?

クライアントクライアント

言わないです。きっと、「ちょっとは肩の力を抜いた方がいいよ。」って言います。

古賀ちぐさ古賀ちぐさ

そうだよね。それなのに、どうして自分に対しては、そんなにスパルタなんだろうね?

クライアントクライアント

あっ、そうですよね。何でだろう?

 

という会話をよくクライアントとするのですが(笑)

自分に一番厳しいのが自分自身という人、とっても多いです。

 

もちろん、いつでも自分を甘やかせ!と言っているわけではありません。

時と場合によっては、踏ん張らないといけない時もありますからね。

 

でも、いつもいつも自分自身にムチを打つのはやめませんか?

 

こんなに傷ついていたり、疲れていたりして、サインが身体にも出ていたのに、見て見ぬふりをしていたのは、怖かったからだと思いました。

それが自覚できたのは、セッションのおかげです。

 

先日、セッションを受けてくださったクライアントからの言葉です。

あなたを守れるのは、あなたしかいないのだから、もっとあなた自身に優しくしてあげてくださいね。

 

毎日ひとつでいいから、自分のために何かする

 

休みを取るほどではないけれど、ちょっと疲れているな。

 

そんな時は、毎日小さなことをひとつでいいから、自分のために「何か」をしてください。

 

『お気に入りの入浴剤を買って、ゆっくり湯船に浸かる』

『いつもより少しだけ丁寧にスキンケアをする』

『おいしいコーヒーを淹れて飲む』

 

何でもいいです。

まとまった時間が取れなくても、ほんの5分でも10分でも、あなた自身をいたわる時間を作ってください。

 

リラックスする、肩の力を抜く時間を作るということですね。

これだけでも、毎日やれば変わります。

 

私のクライアントは、自分の好きなお花を買って、食卓に飾るようにしたら、それだけで、気分が明るくなったそうです。

 

自分をいたわるって、特別なことじゃなくていいです。

特別なことじゃなくても、効果はありますからね。

 

“自分らしく”働きたいと思うなら、なおさら、自分をいたわることは必要です。

それができないのに、“自分らしく”とか“わたしらしく”なんてありませんよ。

 

グチャグチャにこんがらがって、どこからどうしたらいいか分からない。

という方は、一緒に解いていきましょう。

「あっ!」と気づくこと、たくさんありますよ。

初回限定60分体験セッション

 

じっくり取り組みたいという人は、こちらがオススメです。

自分らしく働くための土台構築コース