あなたの思考や成長を止める3点セットとは?

こんばんは。

女性リーダー育成コンサルタントの古賀ちぐさです。

 

セッションをしたり、女性リーダーを始めとする管理職の方々と話したりしていると、こんな言葉に出会うことがあります。

 

「めんどうくさいんですよね」

「あー、考えたことないですね。」

「どうだろう?(自分の気持ち・考え・行動の理由は)わからないですね」

 

実は私も「めんどうくさい」を口ぐせのように使っていました。

でもある時、友人に言われたんです。

 

「ちぐささん、”めんどうくさい”という言葉はやめた方がいい。その言葉を使っているうちは、今以上に成長する事もなければ、物事が好転する事もないよ」

 

確かにその通りですよね。

 

めんどうくさいと口に出した瞬間に、やる気は一気に失われいきます。

やらない言い訳になるんですよね。

 

「考えたことがない」「わからない」も一緒です。

だけど自分の気持ちや、選択の理由を考えたことがないならスルーしてはいけません。

 

めんどうくさい

考えたことがない

わからない

 

この3点セットの奥には、見たくない自分や知りたくない自分がいます。

こういう人でありたい、他者からこんな人に見られたい…という「理想の自分」がいる人も多いですよね。

 

理想の自分であるためには、見たくない自分や知りたくない自分は、存在していないことにしたいのです。

見えちゃったら、「理想の自分」じゃなくなってしまうから…

 

私は「いい人」「役に立つ人」「デキる人」だと思われたいという気持ちがあります。

カッコウ悪い自分、ダサい自分は見せたくありません。

 

だからカッコウ悪い自分やダサい自分の影がチラリと見えた途端、そこから逃げ出すわけです。

その時の言葉が「めんどうくさい」なんですね。

 

めんどうくさいの奥に潜んでいるのは、「もしもうまくいかなかったらカッコウ悪い」「どうせうまくいくはずない」という、それこそダサい自分です(笑)

 

めんどうくさい

考えたことがない

わからない

 

誰かと話している時も、この3点セットを使うと、「あー、そうなんだ」と流してくれることが多く、突っ込まれることは少ないはず。

 

自分自身に対しても一緒。

この3点セットを口に出すと、その時点で思考も行動も止まります。

 

思考も行動も止まるということは、それ以上何も変わらないということ。

見たくない自分、知りたくない自分を無理やり「見なさい」というつもりはありません。

自分自身の状態や状況によって、受け止めきれない事もありますから。

 

だけどもしも、自分が望む未来を叶えたい、自分の力を発揮して働きたいと思うなら、見たくないダサい自分も見ることは大事なんじゃないかな。

 

それに見てみたら、意外と悪いものじゃなかった。

なんだか可愛く思えてきた…なんて事もあるわけです。

やっぱりダサいしイヤだなと思うならば、少しずつ思考を変えていけばいいだけです。思考が変われば行動は必ず変わっていきます。

 

めんどうくさい

考えたことがない

わからない

 

あなたの成長を止める3点セット。

この3点セットと向き合いますか?それとも、まだ放置しておきますか?

どっちを選ぶのも自由です。

 

ただ向き合うにしろ、今はまだ…と放置するにしろ、自分で「こうする!」と決めましょうね。

 

私は「めんどうくさい」の奥にある、見たくない自分と向き合うと決めました。

まだまだ「うわっ、また言っているよ」と呆れることもありますが…

 

意識するようになってから、少しずつ変わってきましたよ。

 

3点セットと向き合うと決めた方は、私と一緒に頑張りましょうね!

 

PS.

私のセッションで3点セットを使うと、もれなく私から「何が?」「どうして?」と突っ込まれます。

自分だけで3点セットに向き合うのは、ちょっとハードルが高いな…という方は、ぜひ体験セッションで私に話してくださいね