年が明けたら「やりたいことリスト」を作るという人も多いですよね。

最近では、「ワクワクリスト」や「夢を叶えるリスト」なんていうページが付いている手帳も増えています。

 

ワクワクリストや夢をかなえるリストを作るためのワークショップも、たくさん開催されていますね。

 

実際、やりたいことリストは考えるのは、すごく楽しいです。

「よし、やるぞ!」とテンションも上がります。

 

私自身も、昨年、一昨年と「やりたいことリスト100」を作っていました。

ただ、達成率は「・・・・・」でした。

 

そんなこともあり、今年は「やりたいことリスト」を作るのを止めようと思っています。

変わりに「やめることリスト」を作る予定です。

 

私が「やりたいことリスト」を作るのをやめて、「やめたいことリスト」を作ろうと思った理由を書きたいと思います。

 

むりやり書き出す「やりたいこと」に意味ってある?

 

私が昨年、一昨年やっていたのは、やりたいことをとにかく100個出すこと。

 

最初はポンポン出て来るんですよね。

テンションもすごくあがるし、ペンの走りも軽いし・・

でも、20個を超えるあたりから、どんどん書くペースが遅くなってくる。

 

何とか50個ぐらいまでは、ちょっと考えるだけで出て来るんです。

ただ、そこから先は「捻り出す」という言葉がぴったり。

 

もっと他に何かない?

ほんとうにこれだけ?

あと、◯◯個も書かなきゃいけないよ

えーっと、えーっと、やりたいこと、やりたいこと・・・

 

もはや、100個のリストを作ることが目的になっています(笑)

 

やりたいことって、自分の中から素直に出て来ることだと思うのです。

それなのに、リストを作ることが目的になって、むりやり捻り出すことに、どんな意味があるんだろう?

 

そして、そうやってむりやり出した「やりたいこと」って、本当にやりたいことじゃないよね。

 

途中でやりたくなくなる「やりたいこと」リスト

 

私が「やりたいことリスト」をやめようと決めたのは、実はこの理由がとても大きいんです。

 

途中で見返した時に「やりたいこと」リストのはずなのに、全然やりたいことじゃなくなっていたこと。

 

よく考えたら当たり前ですよね。

だって、最初の段階でむりやりひねり出したリストなんだから、元々、そんなにやりたいわけじゃないんですね。

 

時間も自分のエネルギーも限りがあるのに、「やりたい」と思えないことに使うってもったいない。

 

本当にやりたいことって、私はそんなにたくさんありません。

そうであるなら、本当にやりたいことだけにエネルギーを使いたい。

 

リストを作ることが目的になったり、途中でやりたくなくなっているようなリストなら、作らない方がいいですよね。

 

そして、年始に100個のリストを作るより、

「今日、やりたいことは何だろう」と毎日自分自身に問いかけて、それを実行に移した方が、日々の充実度は高いはず。

 

「やりたいこと」リストより「やらないこと」リストを

 

「やりたことリスト」を作ることをやめた私が、今年、やってみようかなと思うのは、「やらないこと」リスト。

To doリストもそうなんだけど、どうしても「やること」「やるべきこと」に意識が向きがち。

 

でも、やりたいことに時間を使うには、「やらないこと」を決めて、その時間を削った方が良いんだよね。

 

特に「忙しくて時間がとれない」「やりたいことがあるけれど気力がない」という人は、やらないことを決めた方が良いです。

これは、仕事が山積みという人も一緒。

 

人はプラスすることは得意だけれど、マイナスすることが苦手。

だから、「マイナス」することを意識することはとっても大事。

 

そして、100個という数にこだわるのもやめます。

最初にリストを作った時にどうして100個にこだわったのか忘れたのですが、(多分、誰かの言っていたことを鵜呑みにした)数を意識すると目的がずれるんですよね。

 

目的は、100個作ることではなくて、自分が本当に「やめたい」ことを見える化すること。そして、それを実際に「やめる」こと。

 

頭の中にあっても、意外と意識に上がってこないことってあります。

それを「見える化」することで意識しやすいようにするのです。

 

意識することで行動にも移しやすくなります。

やりたいことを叶えるのも楽しいけれど、「やめたい」と思いつつ、今までやめられなかったことをやめられたら、それも達成感がありそうです。

 

ひとつひとつは、小さいことだとしても、それが積み重なったら、たくさんの時間とエネルギーを作り出せるんじゃないかな。

 

『ちりも積もれば山となる』作戦です。

 

もし、「やりたいことリスト」を作ることに私のような疑問を感じていたり、

「やりたいことリスト」を『作ること』が目的になってしまっている人がいたら、今年は私と一緒に「やめることリスト」を作ってみませんか。

 

もちろん、作るだけじゃなくて実際に「やめる」んですよ。

そして、本当に自分が、「やりたいこと」「やるべきこと」に時間とエネルギーを使いましょう。