あなたらしく働くためにも「ヒヤリ・ハット」には敏感であれ

年齢的にも気分の浮き沈みが起きやすくなる時期。

今週に入ってから、どうにも気分が落ち込み気味。

 

「何となく変だなぁ。でも、まぁこれぐらいなら平気かな?」と気にせずにいたら、昨日ドーンとやってきました。

 

さすがにこれはマズいと、昨日は必要最低限だけの仕事だけして、あとはゴロゴロ。

今日は少し復活してきたので、このまま浮上していきたいところ。

 

いつでも心身ともに元気いっぱい!でいられればいいけれど、そういうわけにもいかないですよね。

特に女性は1ヶ月の間でもホルモンバランスが大きく変わるし、年齢を重ねれば私のように更年期障害もあるし。

バリバリ働く女性の中には「若年性更年期」で苦しむ人も。

 

自己管理不足、体調管理不足という言葉だけでは、どうにもならないこともあると思っています。

だからこそ、早めに気づくのって大事なんですよね。

あなた自身の「ヒヤリ・ハット」は?

ヒヤリ・ハットという言葉を聞いたことがありますか?

 

ヒヤリ・ハットとは、大きな事故にはなっていないけれど、一歩間違えたら大きな事故につながるかもしれない事例のこと。

 

言葉のとおり、ある事例に対して「ヒヤリとしたりハッとしたりすること」です。

1件の大きな事故に対して300件のヒヤリ・ハットがあるとも言われています。

 

このヒヤリ・ハット、自分のメンタル管理でも大切なことなんじゃないかな。

小さな「あれ?」を見逃さない

風邪が悪化する前って、なんだか咳が出るなとか、少しダルイなと感じたりしますよね。

「何か変」の時にうがいしたり、栄養をとって早めに休息をとったりすれば酷くならずに治るのに、「まぁ、平気かな」と油断してたら高熱を出しちゃった、という経験をしたことがある人も多いのではないかしら。

 

メンタル不調も同じで、いきなりドーンとくるというよりも、小さな「あれ、何か変かも」を放っておいた結果だと思うのです。

 

一般的にメンタル不調の時って、「眠れない、夜中に目が覚める」「ご飯が美味しくない」「ミスが増える」なんて言われますが、これでもかなりドーンに近づいてきている気がします。

 

この手前にもっともっと、小さな「あれ?」が隠れていることが多いです。

 

例えば私の場合…

  • ソファの上に物が増えます
  • 靴を脱ぎ散らかしています
  • Twitterを見ると自分が責められているように感じたり、イライラしたりします
  • 洗濯物を取り込んだあと、畳まずに放置しています

 

このタイミングで無理せず休んだり、気分を変えるために「よしっ」と部屋の掃除をしたりすると、ドーンと落ちずにすみます。

 

昨日ドーンと落ちた時、改めて確認してみると

  • ソファの上にカバン、洗濯物、郵便物がドッサリ
  • 玄関にひっくり返った靴が…
  • Twitterを見てイライラしました
  • 取り込んだ洗濯物がソファの上に「こんもり」

 

思い返せば全部当てはまってたし、週末からこんな状態だった(笑)

あー、そりゃこうなるよねと納得。

あなたらしく働くためにも「ヒヤリ・ハット」には敏感であれ

働いていると多少無理してでも、やり切らなければいけないこともあります。

いつでも絶好調で働けるわけでもありません。

 

だからこそ、不調の小さな芽、「ヒヤリ・ハット」の時に摘み取っておく必要があります。

どんな時に自分が不調になりやすいのか、自分の行動を観察すること、できればメモに残しておくといいですね。

 

続けるとバイオリズムも見えてきて、酷くならないように対処することができるようにもなります。

 

それと自分ひとりで頑張らないようにすることも大切。

状況によっては専門家の力を借りてくださいね。

 

私も今回は、やっちゃったなーという感じだったので、ヒヤリ・ハットにはもっと敏感でいようと思っています。

 

PS.

毎週1回、Self-Awarenessを高めるためのヒントを配信中。

ご登録の方には、メール講座をプレゼントしています。ぜひご登録ください