食べたいものを食べる

休みたい時に休む

 

スピリチュアルやマインド系のセッションでよく言われることですね。

私のセッションでも、土台がグラグラしているクライアントには、最初にやってもらうことでもあります。

 

自分の小さな欲求すら分からずに、理想なんてわからないしね。

 

それに土台がしっかりしていないところに、どんな理想のプランを作ろうとしても、砂上の楼閣のように脆いものでもあるから。

 

ただ、そこに必要以上の「気付き」をくっつけるのは、疲れるだけじゃないかしら?

 

宇宙はそんなに細かなところまで、指図しないんじゃないかしら?

 

スピリチュアルや引き寄せの法則が好きな人たちは、

 

宇宙の采配

 

という言葉をよく使います。

 

何もかもが宇宙の采配。良いことも悪いことも宇宙の采配。

宇宙の采配は完璧!

 

うん、私も一時期、そんなことを言っていた時期がありました(笑)

今でも、大きな視点で見たら「宇宙」の采配ってあるんだろうなとも思います。

 

「神様ありがとう!」とも思うし、「シンクロした!」とも思います。

でもね、何でもかんでも「宇宙の采配」って、それはどうなんだろう?

 

宇宙から見たら、地球なんて数多ある星のひとつに過ぎなくて、その中のとある国に住んでいる、ひとりの人間なんて、もう米粒どころか見えないんじゃなかろうか?と思うのです。

 

ここぞ!という時には采配するのかもしれないけど、日常生活の些細なことまで、いちいち采配しないんじゃないかな。

 

宇宙が采配しているってことは、人間の立場から見たら「采配されている」

それって指図されているってことだからね。

 

宇宙から、いちいち指図されて行動が決まっるって、やっぱりおかしいよね?

 

その先の感情も別にどうでもいい

 

これもまたよく言われるけれど、「その先の感情を味わって」という話

 

例えば、何かを食べて「おいしい」と思う。

そこで終わらず、その先に自分が何を感じているのか味わって!ってこと。

 

「おいしい」だけを感じるのは、自分の本音に気づけていない、目先の感情にだけ流されているということらしい。

 

いや、別にどうでもいいじゃない。

「おいしい」と感じたんだから、おいしいでいいし、「楽しい」と感じたんだから、楽しいでいい。

 

その先の感情のことまで考えてたら、「おいしい!」「楽しい!」っていう純粋な感情がどこかにいっちゃうよ。

その方が本末転倒です。

 

幸せも感謝もむりやり感じるものじゃないし、声高に叫ぶものでもない

 

こんな小さなことに幸せを感じられる私

日常生活にいつも感謝を忘れない私

 

過去の私もそうだったけれど、幸せや感謝を「感じなきゃ!」と思い込んでいる人、多すぎます。

もちろん、小さなことに幸せを感じることは大切だし、感謝の気持ちを忘れないことも大事です。

 

だけど、それをいちいち「幸せ♡」「感謝♡」って声高に叫ぶ必要はありません。

そして、常に幸せを感じなくちゃ!感謝の気持ちを持たなくちゃ!と力を入れる必要もありません。

 

だって、小さな幸せも、感謝の気持ちも、ごく当たり前に「ある」ものだから。

 

幸せです!

感謝しています!

 

連発せずにはいられない人は、それが「当たり前」と思えないんじゃないかな。

自分にとって特別なものだから言わずにはいられない。

もしくは、「幸せ」「感謝」と自分に言い聞かせたい。

 

どっちにしても、あんまり健全じゃないと思います。

 

誰かに何かをしてもらったら、「ありがとう」とお礼を言う。

「嬉しい」「楽しい」「おいしい」と感じる。

 

これだけでいいんじゃないかな。難しく考えることはありません。

 

自分のことは自分で決める。言い訳するのなら潔く。

 

きっとね、「宇宙の采配」も「その先の感情」も「小さなしあわせ」も「何ごとにも感謝」も誰かに“それでいいよ”って言ってもらいたいからじゃないのかな。

 

「宇宙の采配だから」って言えば、自分には責任がないように聞こえるでしょ?

「その先の感情を感じてないから」って言えば、言い訳できるでしょ?

「小さなしあわせ」も「何ごとにも感謝」も一緒。

 

自分で決めることが怖い。

自分で決めたことに責任を持つのがイヤ

 

その言い訳なのだと思っています。

 

私も自分に甘く、しょっちゅう言い訳してるので、その気持ちはとってもよく分かります。

でも、言い訳するなら潔く言い訳しよう。

 

宇宙の采配のせいでもなく、その先の感情を感じていないからでもなく、幸せも感謝も関係なく、あなたが言い訳しているんです。

 

自分自身のこと、自分で決めないでどうするの?

自分で決めたことの責任、自分で取らないで誰にとってもらうの?

 

自分のことは自分で決めよう。

自分の感情も自分で決めよう。

“自分らしく”働きたい、“自分らしく”生きたいと思うなら、まずはそこから。