「本気を出したらうまくいく」その本気はいつ出すの?

「まだまだ私は本気をだしていないだけ。私が本気を出したら、あの人にだって負けないんだから」

 

私はずっとそんな風に思っていました。

仕事の勘はあるので、期待に応えられるまでは時間をかけずに到達できる。

 

でも「圧倒的な結果を出す」ことなく終わってしまうの。

 

私はそれを自分が飽きっぽいからだと言っていました。

 

飽きっぽいから、期待に答えられる程度にできたらそれでいい。

飽きっぽいから、長続きせずに新しいことに惹かれてしまう。

 

でもね、本当はそうではないことにも気付いていて。

飽きっぽいことは本当。

新しいことをしたいし、ずっと同じことをやり続けるのは難しい。

 

だけど私が「圧倒的な結果を出す」ことなく終わってしまう本当の理由。それは…

 

言い訳を作っておきたい

 

という気持ちがあるから。

 

私が本気を出したら…

今はまだ本気をだしていないだけ…

 

この言葉を言っているうちは、自分自身を直視しなくてすむからね。

 

うまくいかないのは、私に原因があるわけではなく本気を出していないから。

あの人が私よりも頼りになると周りから思われるのは、私が本気を出していないから。

 

私が本気を出したら、圧倒的な結果を出せるし、あの人にだって負けない

 

そう言い訳したいだけなんです。

だったら、さっさと本気を出して圧倒的な結果を出せばいいのにね。

 

それでも本気を出さないのは

 

もし本気を出してやってみて、うまくいかなかったら。

もし本気を出してやってみて、あの人よりもできない自分い気付いてしまったら。

 

それを認めるのが怖くて、ありのままを受け止めることがしんどくて、格好悪くて、言い訳を作っておくのです。

 

女性リーダーの中にはすぐにコツを掴むけれど、そこから突き抜けていけないという方も多いので、私と同じような気持ちになったことのある方もいるのでは?と思います。

 

だけど正直なところ、いつまでも「本気を出したら」と言い続けている方が格好悪いよね。

 

他者の前で言っていなくても、自分自身にずーーーーーっと言い訳しているということだから。

 

もし本気を出してやってみて、うまくいかなかったら。

もし本気を出してやってみて、あの人よりもできない自分い気付いてしまったら。

 

それにこんな風に思うのって、自分にとっても失礼です。

 

うまくいかない、あの人よりできないと決め付けているのと一緒だから。

 

私が「目の前にあることを一生懸命やる」「できることは全てやってみる」と言い続けるのは、私自身に言っている言葉でもあるのよね。

 

それにダサいのも格好悪いのもイヤ。

私は格好よくいたいです。

 

だからもう心の中であっても「本気を出してないだけ」なんて言い訳するのはやめよう。

私と一緒に、できることは全部やってみよう。

 

もしもそれでダメだったとしたら、その時はその時で考える。

道はひとつじゃないからね。

 

 

PS.

もう言い訳するのはやめる。できることを全部やってみると決めた方は、一緒に頑張りましょう。

まずは「本気を出していないだけ」の奥にある本音を聞かせてください。

 

PPS.

リーダーになったけれど、まずは何から始めればいいの?という方に、2時間でやるべきことがすぐわかる講座を実施中。複数の日程がありますので、ご都合の良い日にご参加ください