会社生活の中で、人間関係が一番の悩みだと言う人、とても多いですよね。

 

私も上司との関係がうまくいかず、突発性難聴になったり、ケンカして会社を辞めたり。

お姉さまがたに嫌われて仲間はずれにされたり(相手にしないでいたら、途中で飽きたみたいだったけど)

部下を上手に育てることができず、部下との関係がギクシャクしたり。

 

仕事に支障が出ないような関係構築ができるようになったのは、ここ数年です。

 

それでも、時折例外はあります。

20年以上も社会人として働いていて、空気を読むことに長けていても、こんなもんです。

 

だから、「会社での人間関係がうまくいかないのは、自分に足りないところがあるからだ」って悩む人たちを見ていると

 

「そんなことないよ」と言いたい気持ちになります。

 

そもそも、人間関係において「これをやったら、誰とでも絶対にうまくいく」という万能薬はありません。

なぜなら、人はそれぞれ全然違う価値感を持っているから。

 

似たような価値感の人はいても、「自分と全く同じ」という人はいないはず。

10人いたら10通り、100人いたら100通りの価値感があるのに、その全てに対応できるテクニックがあったら、それこそ世紀の大発見です。

 

人間関係がうまくいかないと、どうしても万能薬や、今すぐ効く特効薬を求める気持ちになるけれど、そんなものはない。

 

割り切ることで、少しは楽になるんじゃないかな。

そうはいっても、職場の人間関係は、少しでも良い方がいいですよね。そういう時は、こんなことを意識してください。

 

  1. 上司(部下、同僚)との関係がうまくいかないのは、自分のせいだと責めないこと
  2. 上司(部下、同僚)との関係がうまくいかないのは、相手のせいだと責めないこと
  3. 「きっとこうに違いない」という勝手な思い込みをやめること

 

上司(部下、同僚)との関係がうまくいかないのは、自分のせいだと責めないこと

 

マジメな人&自信なし子ちゃんに多いのですが、相手とうまくいかないのは、自分に至らない点があるからだ・・と落ち込む人、いますよね。

 

自分自身を振り返った時、「あぁ、これは私が悪かったな」と思うことがあるなら、それは気をつけた方がいいですね。

 

でも、どう考えても何日考えても、自分がどうすれば良かったのか分からない。

色んなことを試しても、なかなか関係が改善しない。

周りの同僚に聞いても、「うーん・・・」と言われる。

 

そんな時は、自分を責めるのはやめましょう。多くの場合、あなたのせいではありません。

 

自分が悪いんだと責め始めると、どんどん相手と関わることが苦痛になります。

 

「また怒られるんじゃないか」、「また機嫌を損ねるんじゃないか」そうやってビクビクすればするほど、相手との関係は悪化します。

なぜなら、相手にその反応が伝わるから。

 

さらに、自分を責め続けることで、確実にストレスは溜まっていくので、心身のバランスを崩していきます。

心身のバランスを崩すと、物事をマイナスに捉えることが多くなるので、いつもだったら気にならないことも、気にかかって悩むようになります。

 

こうなると普段はしないミスをしたりして、人間関係だけではなく、仕事にも支障が出るようになります。

 

そうなる前に、自分を責めるのはやめましょう。

「あの人はそういう人」と割り切ることって大事です。それは、怒りを抑えなさいとか、気にしないようにしなさいとかではありません。

 

怒りって刺激に対する反応だから、怒りが出て来るのは仕方ないです。

そういう時は、トイレの個室に入って「あぁ、ムカつく!!!!」と気の済むまで悪態をついてください(笑)

ひとしきり悪態をついたら、「私は悪くない!私を責める必要はない!」と呟けばOKです。

 

上司(部下、同僚)との関係がうまくいかないのは、相手のせいだと責めないこと

 

自分は悪くないんだから、相手が悪いんだ!

相手が変わればいいんだ!!!

 

と思う気持ちはよくわかりますが、これも違います。

相手を責めると、一瞬は気分が良くなりますが、人間関係がよくなることはありません。

 

もっと上司がこうだったらいいのに・・・

もっと部下がこうだったらいいのに・・・

 

私も昔はよく言っていましたが、自分自身が部下の立場も上司の立場も経験して思うことは、「どっちの立場であっても、それぞれの立場で悩んでいる」ということ。

 

サイコパスでもない限り、普通の上司は部下とは良い関係を築きたいと思っていますよ。

部下とどう接していいか分からなくて悩んでいる管理職、たくさんいますから。

 

「きっとこうに違いない」という勝手な思い込みをやめること

 

自分も責めず、相手も責めず、だったらどうするの?って話ですが。

人間関係がうまくいかない大きな理由のひとつが、自分の価値感で相手を見ているということ。

 

「きっとこう思っているに違いない」

「普通はこうするから、これが当たり前」

 

この思い込みが、すれ違いを生むんですね。

日本には「あうんの呼吸」という言葉ありますが、何十年も連れ添ったご夫婦ですら、なかなか「あうんの呼吸」にならないのに、会社でのお付き合いしかない相手と「あうんの呼吸」になれという方が無理です。

 

だから、言わなければ分からないし、聞かなければ分からないのです。

 

どっちが正しいとか間違っているとかではないですよ。

ただ、「違う」だけなのです。

 

確かに空気を読むのが得意な人はいます。

そういう人は、さらりとその場にあった振る舞いが出来たりします。

でも、空気を読めないから悪いわけではありません。

 

空気を読むのが苦手な人が、無理して空気を読もうとするから、うまくいかないし、自分自身も疲れてしまうのです。

 

だったら、最初から無理せず聞きましょう。

「空気を読むのが苦手だから、どうすればいいか教えてください」って。

 

空気を読むのが苦手な人がいたら、「あいつ空気読めない」って言わずに伝えましょう。

「こういう時は、こうしてくれると嬉しい」って。

 

人間関係は、石を積み重ねるみたいにコツコツと構築していくもの。

だから、万能薬や特効薬はないのです。それを求めるから苦しくなるんですよ。

 

そうそう、最後にひとつ。

もし、「ここで健全な人間関係を構築するのが無理」だと思うなら、そこから去るというのも、ひとつの方法。

どこかにしがみつく必要はありませんよ。