食わず嫌いならず、やらず嫌いはもったいない

仕事がら、アドバイスをする機会がたくさんあるのですが、その時の反応って2つに分かれるんですよね。

 

「あっ、面白そうだからやってみます!」

「うーん・・・・ちょっと・・・・」

 

「うーん・・・ちょっと・・・」と渋る人に、「興味ない?」と重ねて聞くと興味がないわけじゃなさそう。だけどやってみることには抵抗がある。

 

だから「興味はあるけれど・・・」「面白そうだけれど・・・」と「・・・・」がついてしまうようです。

 

  • 失敗は恥ずかしいこと
  • 失敗したらバカにされる
  • 一回始めたら、やり切らないと格好悪い

 

こんな風に考えてしまうみたい。

失敗したりやってみて好きじゃなかったりしたら、私に申し訳ないからと言われたこともあります。

 

私は失敗したっていいと思うし、好きになれなかったらそれでもいいと思ってるし、もちろん私に申し訳ない気持ちを持つ必要なんて1mmだってないと思っているけれど。

本人はなかなか思い切れないみたいです。

 

最初から全く興味がないなら、「やらない」と決めることは全然問題ありません。

だけどそうではないなら、やらず嫌いはすごくもったいないと思うのです。

 

私が好きなキャリア理論の中に「プランド・ハップンスタンス」というものがあります。

日本語だと「計画的偶発性理論」と呼ぶのですが、『個人のキャリアは、その8割が予期しない偶然の出来事によって形成される』というものです。

 

偶然と書くと、行き当たりばったりのような印象を与えるかもしれませんが、そうではありません。

その偶然を自分が意図して生み出す事が大事なのです。

 

白馬の王子様よろしく、待ってたら素敵な偶然がやってくるわけじゃないです。

目の前に現れた偶然に気づく、そしてそれを自分の手元に引き寄せる必要があるんですね。

 

そのひとつが「好奇心」を持つこと。

年齢を重ねると、自分自身の事がなんとなくわかってきて、やる前から「得意/不得意」「好き/嫌い」を決めてしまうこともありますよね。

 

あとは自分の専門分野だけに閉じてしまって、それ以外は必要ないと思ってしまうことも。

私自身も気をつけていないと、本屋さんで探すのは自分の専門分野の本だけになったり、SNSでフォローする人も同業者だけになったり。

 

これでは自分の世界は広がらないし、偶然を意図的に引き寄せることもできません。

 

失敗は恥ずかしくないし

何もせずにバカにする人なんて、心の中で「バーカ」と思ってればいいし

やってみたけど好きじゃないと思うのだって気づきのひとつだし

途中で止めることは格好悪いことじゃない

 

面白そうだな、興味あるなと思ったら、まずはちょっとやってみよう!

あれこれ考えるのは、やってみてからでも遅くはないですよ。

 

食わず嫌いならぬ、やらず嫌いはもったいない!

 

目の前にやってくる選択肢が多すぎて、迷っている間に通りすぎていってしまったり、目移りしてしまって、結局どれも選べなくて困っているなら。

判断基準となる軸を持つのがおすすめです。

先が見えない時代だから、行き当たりばったりでもいい!?

 

\判断基準となる自分の軸を作るなら!/