「これぐらいでいっか」が招いた悔やみ切れない結末とは

こんばんは。

女性リーダー育成コンサルタントの古賀ちぐさです。

 

今日はメルマガで配信したものをブログでも書きます。

なぜなら、女性リーダーにとってすごく大切なことだと思うので…

 

今年の10月、私はとある企業様向けの提案書を作っていました。

私がその企業様の提案に関わるのは今年が初めてでしたが、プロジェクトとしては4年前から継続して受注していたお仕事でもあったんです。

 

チームメンバーと一緒に慣れないながら、自分ができることを…と思って提案書を作りお客様へ提出。

 

コンペだとは知っていたけれどなんとなく

 

「このまま決まるんだろうなー」と

 

楽観視していたところもありました。

 

 

が…

なんと!コンペに負けてしまったのです。

 

他社の提案の方が、よりクライアントのニーズにマッチしていた

他社の提案の方が、より想像力を働かせていた

 

ということでした。

 

プロジェクトリーダーからこの話を聞いた時、

 

「あぁ…」

 

とめちゃくちゃ落ち込んです。

 

落ち込んだのはコンペに負けたからじゃありません。

もちろんコンペに負けたのは悔しいですよ。

 

フリーで働く私にとって、「コンペに負ける=仕事がなくなる=収入がなくなる」ということですから。

 

でもそれ以上に自分がどこかで、「これぐらいでいいや」と思っていたことに落ち込んだのです。

 

提案書を作っていたときに「まぁ、これぐらいでいいか」と思っていたわけじゃありません。

だけど

 

「何年も受注できているから」

「前回も満足してくれているから」

「他の会社に変えるのは面倒くさいだろうから」

 

だから今年も、これぐらいで大丈夫!という気持ちが、無意識の中にあったのだと思います。

 

「これぐらいでいいか」

「これぐらいで大丈夫」

 

この気持ちが

 

もっとできることはない?

より良くするためにはどうしたらいい?

 

という考えを妨げていたんだなと。

今年から参画したからこそ、私にできた提案があったはずなのに、それができなかった。
(というより、自分でその道を選ばなかった)

 

自分自身が情けないなと思いました。

 

それと同時に当たり前だと思ってしまうって、無意識に「これぐらいでいっか」という恐ろしい状態を作ってしまうのだと感じたんですよね。

 

これは普段のチーム作りでも同じことだと思うのです。

 

いつものメンバーで、いつものように仕事が進んでいると

「これぐらいのコミュニケーションでいいか」

「これぐらい気を配ればいいか」

「これぐらいなら大丈夫だろう」

 

とついつい「これぐらいでいっか」と思ってしまう。

 

意識的にというより無意識ですね。

 

それは安心感でもあるのだけれど、安心感も過ぎると無意識の「手抜き」になっていきます。

自分が無意識に手抜きをしてしまったことに気づかず、メンバーから

 

「会社を辞めます」

「他の部署へ異動したいです」

 

と言われたり、チームの生産性や雰囲気がなんとなく悪くなったりと「何か」が起こってから初めて気づくことも。

 

もちろん気づいて修復できるならその時対応してもOKですが、

 

だけど私が案件を落としてしまったように、気づいた時にはもうどうにもならない…ということもあります。

 

だからぜひ振り返ってください。

 

最近当たり前になりすぎて「これぐらいでいっか」と思ってしまっていることありませんか?

 

もしあったら、本当に「これぐらいでいい」のか考えてみてくださいね。

 

PS.

女性リーダーが自分の魅力を生かしながら自分らしく働くヒントを「メルマガ」でお届け中。

今日の記事を読んでメルマガに興味を持ってくださったら、ぜひボタンをクリックしてご登録ください。ただいま無料講座もプレゼントしています!