「転職に有利な資格は何ですか?」

「履歴書の資格欄に書けるのが、普通免許ぐらいなんですが大丈夫ですか?」

 

この質問も、よく受けます。

気になる資格を片っ端から取得する「資格マニア」の方もいますよね。

 

資格を取ることそのものは、どんどんやったらいいじゃない!と思います。

自分が興味を持った分野の勉強をするって楽しいし、勉強したことの形として、資格を取るというのも大賛成です。

 

私も、来年は1級キャリア・コンサルティング技能士の試験を受けようと思っているし、心理学検定も取りたい。

 

どっちも、今の仕事に必要だしね。

 

だから、今、何かの資格にチャレンジしようとしている人がいるなら、ぜひ、頑張って欲しいなーと思います。

 

ただ、「転職するために」という枕詞がつくと、ちょっと違う。

転職する時に「これがあれば大丈夫!」なんていう資格、果たしてあるのかな?

 

これさえあれば大丈夫!という資格はない

 

例えば、医師になろうとしたら、医師免許は絶対に必要です。

弁護士も、司法試験に合格しないとなれないよね。

キャリアコンサルタントも、仕事そのものは誰でもできるけれど、「キャリアコンサルタント」と名乗るには、国家資格取得が必須です。

 

「仕事をするためには、資格がなければダメ」という職種を目指すなら、資格は必須です。

 

でも、それ以外で、これさえあれば大丈夫!なんていう資格は、残念ながらありません。

 

これぐらいの知識を持っているんだ・・という確認ぐらいしかしていない

 

経理なら簿記2級、人事なら社会保険労務士の資格を持っていると有利と言われます。

TOEICやTOFELも、履歴書の資格欄に書く定番ですね。

 

でも、実際のところ、履歴書に書かれている資格は、「このぐらいの知識を持っているんだ」という目安でしかないんです。

 

だって、「資格を持っている=その仕事ができる」というわけではないですから。

私は7年ぐらい前に簿記2級を取りましたが、経理の仕事ができるか?と聞かれたらできません(笑)

勘定科目とか簡単な仕訳はできるけれど、月次決算処理してと言われたら、頭の中に「????」が浮かびます。

 

でも、簿記は持っていないけれど、経理の実務ができる人は、たくさんいますよね。

 

社会保険労務士は、何度かチャレンジしたものの、毎回不合格。

でも、人事の仕事をしていて特に困ったことはありません。

 

英語も同じ。

TOEICで高得点を取った人が、必ずしも仕事の時に不自由していないかと言えば、そんなことはない。もちろん、逆も然りです。

 

実際に一緒に仕事をすれば、実務がどれぐらいできるのかは分かるけど、書類だけでは、細かいことまで分からない。

だから、資格は一定の目安なんです。

 

「これぐらいの知識は持っているから、全くの初心者ではないだろう。」

 

ということです。

私が資格の取得をオススメするとしたら、未経験の職種に応募するときかな。

 

逆に実務経験があるなら、資格は必須ではありません。

時々、応募条件に「◯◯の資格取得者」とありますが、実務経験がある人だったら、資格がなくてもOKというところもあります。

 

繰り返しになるけれど、「資格を持っている=その仕事ができる」ではないから、実際に仕事をした経験の方が、採用側から見ると安心なんです。

 

もし、応募しようとしている職種の経験があるけれど、「◯◯の資格保有者」という条件を満たしていないなら、聞いてみたらいいですよ。

その時には、あなたがどれぐらいの経験者なのか、きちんと伝えること。

 

「◯◯の経験があります」とだけ言われても、どれぐらいの経験なのかは分からない。

 

主担当だったのか、サポートだったのか

チームでやっていたのか、ひとりで担当していたのか

何年ぐらい経験しているのか

どれぐらいの量、もしくはどれぐらいの金額を扱っていたのか

 

数字を含めて伝えるようにしてくださいね。

そう、5W2Hです!

 

求めているスキルや経験に合致していたら、資格を持っていなくても選考してもらえる企業も多いので、「あぁ、資格を持ってない・・」と諦めないでくださいね。

 

あなたは、その資格を何のために取るのですか?

 

最初にも書いたとおり、あなた自身が興味があることで、もっと知りたい、学びたいと思って資格を取ることは大賛成です。

資格まで取らなくても、興味があることを学ぶって楽しいしね。

 

仕事に関係ある、なしに縛られず、どんどん学んだら良いと思います。

 

でも、「この資格さえ取れば」と思っているなら、ちょっと考えてみてくださいね。

ある界隈でしか通用しない、認定資格なんかは、特に注意が必要です。

 

時間もお金もかけて取得したけれど、全然役に立たない・・なんてことになったらどうだろう?

認定資格の中には、講座だけで数十万〜数百万、そこに認定料だ、何だと、さらに数十万がかかる、というものあります。

 

それなのに、取得してみたら役に立たなかった、では笑うに笑えないですよね。

 

どうして取りたいと思ったのですか?

その資格を取って、何をしたいのですか?

それ以外に方法はありませんか?

時間と労力とお金をかけても、欲しい資格ですか?

 

一度、考えてみてくださいね。

「えっ、当たり前じゃない!」と思ったかな?

 

でも、ある資格を取りたいと言っていたクライアントに、「資格をとっても、仕事ができるようにはならないよ。それに合格率が毎年1桁で、毎日5〜6時間ぐらいの勉強が必要だけど、それでもやる?」と聞くと、「そこまでして、必要ないかも」って言われることもあるからね。

 

知識を広げること、深めることは多いにやろう。

学ぶということは、仕事にする、しないにかかわらず人を豊かにするものだと思うから。

 

でも、「やりたいから、学びたいから」ではなくて、「転職に有利だから」と考えているなら、一度考えてみてください。

 

資格を取ったからと言って、転職で絶対に有利になるとは限らない。

それでも、その資格を取る?

もし、取りたい!なら、ぜひチャレンジしてくださいね。

 

私も心理学検定、頑張ろうかな!

 


 

“自分らしく”働くのに、「天職かどうか」「好きを仕事にしているかどうか」なんて一切関係ありません。
天職じゃなくても、好きを仕事にしなくても、“自分らしく”働く方法をお伝えする、8日間の無料メール講座です。