古賀さんはいつも、「その仕事の目的って何?」って聞きますよね。

先日、嘱託先で仲良くしている派遣社員の女性に言われました。

 

言われてみれば、確かにいつも

 

「その仕事の目的って何?」

「何の目的でその作業をしようとしているの?」

 

そう言っているような気がしますね。

仕事って本来は、何らかの目的があってやるものです。極論すれば、目的のない仕事は、やるだけ無駄だと思っているし、自己満足でしかないとも思っています。

 

だけど、多くの場合、なぜか目的そっちのけで「どうやるか」ばかりに目がいってしまう。

そして、最初の目的はどこかにいってしまい、「施策を行うこと」が目的にすり替わってしまうことがとっても多い!!

 

これ、若手社員だけでなく、管理職であっても「目的」をきちんと語れない人って多いんですよね。

残念ながら、管理職が「目的」を語れなければ、メンバーはどうして良いかわかりません。

 

ひどい場合は、管理職どころが会社全体が

 

「なぜそれをするのか?」

「何のためにそれをやるのか?」

 

という目的を無視していることもあるんですよね。

こうなったら、社員はどうしていいか分からず、「何だか分からないけど、やれと言われたからやる」という最悪の事態に陥ります。

 

では、どうしてこんなことが起こるんのでしょうか。

私は理由は大きく2つあると思っていて・・

 

ひとつ目は、『そもそも目的をきちんと設定していない』こと。

 

目的「らしき」ものはあるのです。でも、「らしき」ものは「らしき」ものでしかありません。

そして、その「らしき」ものは、たいていフンワリとしています。

そう、具体的ではないのね。「何となく」とか「今までもそうだったから」とか。

 

最初に目的をはっきりさせることは、とっても重要です。

 

ふたつ目は『仕事の全体像をちゃんと見ていない』こと。

 

仕事の全体像が分からないと目的は分かりません。反対に、目的が分からないと仕事の全体像も分かりません。

これは2つでひとつです。

 

仕事の効率が悪い人

仕事の成果がなかなか出ないなという人

 

あなたがやっている、その仕事の目的は何ですか?

自分の言葉で語ることができますか?