だからあなたは、「シンデレラ」になれない

「シンデレラストーリー」なんて言葉があるぐらい、シンデレラに憧れる女性って多いですよね。

継母や継姉に虐められて、恵まれない環境にいたシンデレラが、舞踏会で王子様に見初められて幸せに。

ラッキーなイメージがあるのかな。

 

だから、自分もあんな風にいつか・・と思うのかもしれません。

その日が来るのを今か、今かと待ち望んでいる。

 

でもどんなに願っても祈っても、「いつかきっと」は叶いません。

 

シンデレラって、ただのラッキーを待つ女ではなく、行動力は人一倍ですよ。

それに気づかなければ、いつまで経っても『シンデレラ』にはなれないんじゃないかな。

シンデレラは、今の自分を不幸だとは思ってない

シンデレラは、継母や継姉に虐められますよね。

だからこそ、その後とのギャップで『シンデレラストーリー』と言われるわけですが。

 

私がシンデレラと言われて真っ先に思い浮かべるのは、ディズニーのシンデレラ。

彼女は屋根裏部屋にいながら、いつも森の動物たちと楽しそうに過ごしていましたよね。

 

客観的に見たら「不幸」に見えるのかもしれないけれど。

シンデレラ本人は、今の生活の中でも「幸せ」や「楽しさ」を見つける天才だったはず。

 

今の自分を否定していたら、「幸せ」はやってこないんじゃないかと思います。

だって、未来って「今」の連続が積み重なったものですからね。

シンデレラは、自分で「決める」女性

「シンデレラは、王子様に見初められて幸せになった」というイメージが強いと思うのですが、私はシンデレラは、自分で『決める』女性だと思うんです。

 

魔法使いに助けてもらったり、ガラスの靴を落として、王子様の印象に残ったりとラッキーはありました。

でも、ただラッキーを待っていたわけではないし、流されていたわけでもありません。

 

最後は必ず自分で「決めて」いたんです。

 

例えば舞踏会。

魔法使いのおばあさんが「舞踏会に行きたい?」と聞いた時に、行くと決めたのは、シンデレラ本人。

 

王子さまの使いの人たちが、ガラスの靴を持って街中の女性たちの元を訪れた時、シンデレラは数に入っていなかったんですよね。

継母も継姉たちも、「シンデレラは舞踏会になんて行っていないから」と。

 

でも、ガラスの靴を履くと自分で決めて、見事あの時の女性が自分だと証明したわけです。

もし、シンデレラが「私なんて」と言って、履く決心をしなければ、王子さまと結ばれることはなかったのです。

 

何でも他人の真似をしたり、

あの人が、やった方がいいと言っていたから

あの人が、やらない方がいいと言っていたから

 

そうやって自分で決めることなく、他人に依存しているうちは、シンデレラにはなれないってことです。

シンデレラは、応援される女性だった

どうして、魔法使いはシンデレラを舞踏会に行かせてくれたんでしょう?

 

それは、シンデレラが『応援したくなる』女性だったからだと思うのです。

 

もしも、シンデレラが自分の不幸を嘆くばかりで、そのイライラを森の動物たちに当たり散らしたり、自分のことばかりを考えるような女性だったりしたら、きっと、「応援したい」「助けてあげたい」なんて思われなかったはずです。

 

これは会社でも同じですよね。

『自分さえ良ければ』と言う人を助けたいとは思いません。

 

もしかすると、一時的には助けてくれる人、応援してくれる人が現れるかもしれないけれど、長続きはしないですよね。

応援したいと思ってもらうって、すごく大事なことですよ。

 

というわけで、シンデレラになりたいのであれば、

 

今、目の前にあることに全力で取り組む

自分で「決める」

応援したいと思われる

 

この3つは、最低限必要なんじゃないかしら。

あれ?この3つって、女性リーダーにとっても必要なものですね。

 

PS.

自分だけのリーダーシップを育てるためのヒントを週に1回お届けしています。

メルマガ購読特典「モヤモヤをスッキリ解消する5Step」プレゼント中。