手帳は時間管理ツールではなく、人生のコンパス

突然ですが、手帳や手帳術は好きですか?

私は大好きです。毎年手帳のシーズンになると、各誌で特集されるのを楽しみにしているし、夏頃から「来年はどんな手帳にしようかな?」とワクワクするし。

kindleの中には、「手帳術」の本がいくつも入っています。

 

これだけ手帳や手帳術が好きなら、さぞかし使いこなしているのだろう?と思われるかもしれませんが、答えは「No!」

 

ほぼ日手帳、バレットジャーナル、バーチカルでのスケジュール管理…

色んな手帳と手帳術を試してみるも、どれもうまくいかず。

結局、手帳も途中で書かなくなったまま年末を迎え、よし来年こそは!の繰り返し。

私と同じような方、他にもいらっしゃるんじゃないかなぁ。

 

タスクそのものは、以前記事にも書いたようにゆるーく管理しているのですが、やっぱり手帳を使いこなしたい。

予定は未定。スケジューリングはキッチリじゃなくてもいい理由

ということで、この本を読んでみました。

『7つの習慣に学ぶ手帳術 フランクリン・コヴィー・ジャパン監修』

フランクリン・コヴィー・ジャパンは「フランクリンプランナー」という手帳も販売してますしね。

 

手帳術という題名の本なので、もちろん具体的な手帳の使い方が書かれているのですが、それだけではありません。

7つの習慣に基づきながら、手帳を「人生のコンパス」として使いこなすための方法が書かれています。

時間管理は「進むべき人生の方向に時間を使う」ためのもの

多くの場合、時間管理や手帳術は「予定通りスケジュールを消化するためにはどうすればいいか?」という視点で書かれていますよね。

    • 空き時間がわかるようにしよう
    • ToDo Listに書いたものをスケジュールに落とし込もう
    • 1日でたくさんのタスクをこなそう

私はこれができなかったんです。

そもそも予定通りにいかないし、予定通りにいかないことにイライラしていたのです。

 

でもこの本では、時間管理は「自分が進むべき正しい人生の方向(人生の優先事項)に時間を使うこと」が目的。手帳はそのためのツールと書かれています。

 

だから「どれだけたくさんの予定を消化したか?」ではなく、「どれだけ大切なことに時間を使えたか?」が重要だということなのです。

そのためには自分が何が大切か?何が優先事項なのか?を知る必要がありますね。

習慣を変えるにはパラダイムを変えることから始める

私は「手帳をつける」という習慣を身に付けたい。

でも習慣って身につけよう!と思って身につくものじゃありません。

 

習慣を変えるにはまず、行動を変える必要があり、行動を変えるには思考を変える必要があります。

そして思考を変えるにはパラダイム(ものの見方や視点)を変える必要があるんですね。

そしてパラダイムを変えるには、人生のミッションを知ることが大事なんだそうです。

いきなり「人生のミッション」と言われても、困りますよね。

 

そんな時は、まず出来事を4つの分類に分けるところからスタート!

 

実際にやってみると、本当に大事な第2領域に時間を使えてないのがよくわかる。

私の場合、特にコロナ禍になってから第4領域も増えているんだよな。いかん、いかん。

ただ「予定をどこに入れるか」に注力するのではなく、自分が大切にしたいことは何か?そのためには何がいるのか?という視点を持つことが大事なんですね。

タイムマネジメントの本質はライフマネジメント

『7つの習慣に学ぶ手帳術』が一貫して伝えているのは、単に時間を管理するのではなくて、自分の人生を管理すること。

本の中にこんなことが書かれていました。

 

「自分が大切だと思っていることを、大切にできている」と実感できた時に満足感を得る

 

働いていると毎日忙しくて、あっという間に過ぎていきますよね。

自分が大切だと思っていることを大切にできているどころか、向こう側からやってくる出来事に対応しているだけで精一杯。

 

それではいつまで経っても自分が満足感を得ることもできないし、幸せだと感じることもできないのかもしれません。

次の6Stepを繰り返すことで、ライフマネジメントが出来ていくそうです。

このサイクルを短期(1週間ごと)と長期(私は年1回やろうと思ってる)で繰り返すことが大切だそうです。

何でも繰り返しやってみないとダメってことですね。

実際に7つの習慣に学ぶ手帳術を読んでやってみた

当たり前ですが、この手の本は読んだだけじゃダメで、実際にやってみることが大切。

ということで、早速来週のページを使ってやってみました!

色を塗ったりしてるのは、やり始めたら凝りたくなってしまったから(笑)

もちろん手帳に書いて終わりじゃなくて、実際に行動できたかどうかが大切なので、明日からどうなるかなー。

そして続けられるかなー

 

この記事では私が大切だなーと思ったポイントを私の言葉で書いているので、もしやってみたいなという方がいたら、ぜひ本を読んでみてくださいね。

もっと細かく手帳の使い方が書いてあります。

 

PS.

人生のミッションを見つけるための手がかりとして、無料オンライン講座内のワークもおすすめです。

特にいつも「左脳」ばかりで考えてしまっている方、いきなり言語化するのが難しい方は、右脳を使って自分のミッションを探ってみませんか?

\ミッションを見つける手がかりワークが簡単にできる/