私のクライアントには、「ある程度、何でも自分でこなせる人」が、多いのですが、共通する欠点があるのです。

 

それは「他人に頼るのが苦手」ということ

 

実は、私自身もそうです。

ベンチャー企業出身で、いつも人が足りない職場で働いていたので、一人で何役もやるのは当たり前。

 

専門は人事だけれど、管理部門を統括してたときは、経理も法務も総務も私の管轄。

さらに、その人事ですら経験年数は10年ほど。

経験職種だけなら、ありとあらゆることをやりました。

 

なので、私の中には「何でも自分でやる」ということが、骨の髄まで染み込んでたりするんですよね(笑)

 

でもね、個人の能力なんて限界があります。

自分の能力の限界が、自分自身の仕事の限界だとしたら、大した仕事なんてできません。

 

それを払拭する方法が「他力に頼る」ということ。

これができると、ひとりで出来ることが多い人は、グググーーーっと伸びていきますよ。

 

自分で出来る人は、「人に頼ること=悪」ぐらいに思ってる

 

自分で出来る人が陥りやすい間違いってなんだと思いますか?

 

そう、「なんでも自分でやってしまう」ということ。

スペシャリストの人ほどではなくても、ちょっと調べたら、そこそこのレベルまでは出来てしまうので、つい自分で何でもやってしまうんです。

 

さらに、「自分の仕事は信用できるけど、他人の仕事は信用できない」という厄介な思い込みを持っている人も多い。

私も、ずっとそう思っていましたから。

 

だから人に頼むのがイヤなんですね。

どんなクオリティのものが出来上がるか分からないなら、自分でやってしまった方が早いし、どれぐらいの仕上がりかも自分で分かる。

 

自分の意図しないものが出来上がるのがイヤだし、説明するのも面倒くさい。

という気持ちが働くんです。

 

そもそも、自分が出来なければ人に頼むしかないのだけれど、うっかり出来てしまうから、何でも自分で抱え込んでしまう。

結果、オーバーワークしている人も多いはず。

 

さらに言うなら、「自分が出来ることを人に頼むのは申し訳ない」という気持ちの人もいますね。

 

いずれにしろ、「人に頼ること=悪」ぐらいの気持ちを持っている人が多いです。ただ、自分の力をもっと伸ばしていきたいと思ったら、この思い込みは捨てないと、遅かれ早かれ頭打ちになりますよ。

 

自分でできる人は、視野が狭くなりがち

 

自分で出来るから、人に頼らない

出来ないことが出てきた時には、何でも自分が勉強したり覚えたりして、やっぱり自分でやろうとする

 

もちろん、仕事をしていく上で、スキルをつけることや学ぶことは、とても大事なこと。

それを放棄した途端に、仕事の質も社会人としての質も落ちていいくと思います。質が落ちれば、当然、稼げるお金も少なくなっていきますよね。

 

ただ、何でも自分ひとりでやろうとする行為は要注意。

視野がどんどん狭くなっていきます。

 

色んなことを知ったら、色んなことができるようになったら、どんどん視野が広くなるような気がしますよね?

 

でも、実は逆だと私は思っています。

なぜなら、結局、自分ひとりで出来ることなんて『たかが知れている』から。

 

このブログでも、何度も書いていますが、人は自分が見たいようにしか物事を見ないし、捉えたいようにしか捉えません。

 

ということは、「ひとりで全てをやろうとする=自分の視点しかない」ということです。常に偏った視点でしか、物事を見られないし、捉えられない。

これって、視野が狭い以外の何者でもないですよね。

 

それに、「ひとりで何でもできる=全てが得意」ということもありません。

必ず、得手不得手があります。好きキライだってあるしね。

 

だったら、得意な人、好きな人に任せた方が、ずっと良いと思いませんか?

 

自分で出来るからこそ、相手に上手に頼むことができる

 

これは、最近の私が一番感じていることなのだけれど、自分で出来る人は、相手に上手に頼むことができるんです。

 

ここで言う「上手」とは、媚びるとか甘えるとかではなくって、「必要なことをきちんと伝えられる」ということ。

 

自分で出来る人って、とりあえずやってみようとしますよね。

出来ないのはイヤだから。

 

スペシャリストの人ほど深く知らなかったとしても、その仕事がどんなものかは分かっているわけです。

 

そうすると、何も知らない人が依頼するよりも、ずっと的確な依頼ができるのです。

相手の説明や質問も、基本的なところは理解できるから、何を言っているかサッパリ分からないということはないし、頓珍漢なことを答えることもありません。

 

これって、些細なことのように思えて、実は仕事を依頼される側から見たら、とても安心できる大きなことなんですよ。

 

さらに、出来上がったものを見て、「そうか、こうすればいいのか!」や「そうか、こういう視点を持つことが大事なのか!」ということに気付けるのも、自分でも出来るからこそ。

 

何も分からなければ、どこをどういう視点で見ればいいかも分からないでしょ?

他力を借りることで、自分の思い込みが外れたり、新しい視点を持つことができるのです。

 

それに、他力を上手に借りて自分で抱えることをやめれば、オーバーワークも解消されるしね。その空いた時間分を自分が得意なことや新しく学びたいことに費やせるでしょ?

 

自分ひとりで出来る人は、つい自分の力だけで物事を進めようとしがちだけれど、それをしているうちは、逆に自分の可能性を狭めていくよ。

 

もっともっと自分の力を伸ばしたい

もっともっと会社で評価されて、報酬を得たい

 

そう思うなら、自分ひとりで頑張るのをやめて、ぜひ他力を頼ってください。

自分でできる人が、他人の力を借りることもできるようになったら、鬼に金棒ですよ。