煽りタイトルでごめんなさい。

 

別にサラリーマンは搾取されるだけのオワコンだから、さっさと辞めちゃえ!

 

と言う記事じゃありません。

 

 

もしそうだとしたら、私が今まで伝えてきたことは、全部ウソだという事になりますよね。

 

そうではなくて、

 

いつまで「サラリーマン=搾取される存在」という意識で働いているの?ということです。

 

会社にこき使われているから?

デキない上司の下で働かなければいけないから?

 

その意識でいる限り、確かにいつまでたっても搾取される存在からは、脱することはできないと思います。

 

私は今、半分会社員(非常勤嘱託)ですが、自分が搾取される側だなんて1mmも思ってません。

むしろ、私が会社から搾取していると思っていますよ。

 

まぁ、搾取という言葉はちょっとイメージが悪いんでね。

「利益を得ている」にしようかな。

 

会社も私を雇うことで利益を得ていると思っているし、私も会社で働くことで利益を得ている。

搾取する側と搾取される側ではなくて、対等な立場であるという認識です。

 

そして、この認識は私だから持てるわけではないと思ってます。

 

『サラリーマン=搾取される人』と思っている時点で、どんな立場であっても搾取される人になる

 

そもそも、この記事を書こうと思ったのは、FacebookのTLに流れてきた広告がきっかけ。

 

宣伝文句を正確に覚えているわけではないけれど、「いつまでサラリーマンで搾取され続けるの?」という情報商材の広告でした。

 

「あー、まだこんなくだらない広告を出しているんだ」

 

と思ったのと同時に、この広告を見て、「確かにその通り!」と情報商材を買ってしまうような人は、サラリーマンじゃなくなっても、永遠に搾取される側だろうなと思ったのです。

 

キラキラ起業女子の信者たちなんて、まさにそうだよね。

このツイートに書いたけれど、主体的になれるかどうかってすごく大事なことなんです。

 

「搾取される」の「される」がそもそも受け身、受動態ですよね。

自分の意思はどこにあるの?流されるままでいいの?

 

仮にサラリーマンを辞めてフリーランスになったとしても、

 

「格安で仕事を依頼しようとしているクライアントは、私から搾取しようとしているんだ。許せない!」

 

と言い始めますよ、きっと。

 

目に見えるお金以外、会社から得るものは何もないと思っている?

 

確かに労働の対価としてお給料をもらっているので、目につきやすいですよね。

 

「お給料がこんなに安いのに、こき使うなんて酷い!」

 

と思う気持ちは分かります。

私もずっと仕事における自分の評価はお給料だと思ってきたので、「こんなんじゃ、やってられない!」と愚痴ったことは数知れず。

 

でも、会社から得られるものって、本当にお給料だけですか?

例えば、分かりやすいところだと、これらもサラリーマンだから手にできる、あるいは会社が負担してくれるものです。

 

  • (現役世代はもらえないかもと言う懸念はあれど)厚生年金保険料の半額
  • 健康保険料の半額
  • 失業保険
  • 教育訓練給付金(退職後でも一定期間は受給可)
  • 交通費
  • 福利厚生
  • 有給休暇
  • 労災保険
  • 教育研修

 

会社によって、あるものとないものがあると思いますが、フリーランスになったらどれもないですからね。

 

私、会社を辞めた後、区から健康保険料の通知が来てビックリしましたから。

「えっ、こんなに払わないといけないの?」って。

 

それに働くために必要なものは、たいてい会社が支給してくれますよね。

フリーランスは全部自前ですよ。

 

だから会社に感謝しろ!ということではなく、会社はお給料だけを支払っているわけじゃないよということです。

 

自分がどんな意識で働くかで、会社から得られるものは倍増する

 

最初に「私は自分が会社から利益を得ていると思っている」と書きました。

それは、私が会社に「使われている」という意識を持っていないから。

 

使われてやるもんか!とか搾取されるもんか!と鼻息を荒くしているわけではありません。

受け身で仕事をしないだけです。

 

非常勤嘱託の契約をする際、金額の交渉は当たり前にしました。

先方が提示してきた金額に対して、「最低このライン以上の報酬でなければ契約はしません。それだけの価値を提供しているはずです」と言いましたしね。

 

もちろん、いきなりそう言ったわけではなく、そうやって交渉できるように1年間派遣で実績を積んできたわけです。

 

会社は私が提供する価値に対して報酬を払う

私はもらっている報酬に対して価値を提供する

 

どちらが上とか下ではなくて対等です。それに、会社で仕事をすること、そのものが価値のあることなのです。

 

私のクライアントは全員、会社で働くOLです。

私が会社で働くことによって、実際に会社で働いているOLたちがどんなことに悩んでいるのかが分かるし、上司や同僚との人間関係も体験できるんですよね。

 

会社の中で経験している事そのものが、キャリアコンサルとしての仕事に多いに役に立っています。

 

この意識は、私がキャリアコンサルという本業があるから持ち得るものだと思われるかもしれません。

でも違いますよ。

 

例えば、すんごいムカつく上司がいるとしますよね。

なんで、こんな人に使われなくちゃいけないんだ!と憤慨したくもなりますよね。

 

その時、「あぁ、こんな人の下で働いている私は不幸せ。もう、適当にやればいいや」と文句を言って適当に仕事をしたら、それで終わりです。

適当にやった分、評価もされないだろうし、身につくものはありません。

 

でも、

 

「なぜ、この人は管理職なのにこんなことをするのだろう。自分が見えていないものがあるんじゃないか?」

「もし、私が上司の立場だったら、どんな風に行動するだろう?」

「上司が動かないなら、どうやって自分が動けば仕事が円滑にすすむだろう?」

「上司をうまく使って、この仕事を進める方法はないだろうか?」

「他の部署に協力を得るには、どんな風に動いたらいいだろう?」

 

こうやって「自分」がどうするのか・・を考えて動いたら、それだけスキルも経験も得られると思いませんか?

 

自分の仕事の意識を変えたからといって、上司が急にデキル人に変わるわけではありません。

っていうか、別に上司がデキル人になろうがどうしようか、どうでもいいんです。

 

自分が今の状況で、どれだけ主体的に動いて、どれだけのことを得るかです。

極論すれば、仮に手柄を上司に取られたとしても、実際にその仕事を進めたのがあなたであれば、スキルや経験が身についたのは、上司ではなくてあなた自身です。

 

そして、どうしようもない会社であるなら、身につけるものを身につけたら、さっさとそれを活かせる場所に移ったらいいのです。

それが転職であろうが、フリーランスであろうが、それはどちらでも良いと思っています。

 

私はいつもクライアントに

 

「あなたはどんな意識で、どういう行動をするの?」

 

と聞きます。だから、私のクライアントは、皆、主体的ですよ。

愚痴はいくらでも吐いてかまわないけど、いつまでも環境のせいにしていたら、私に怒られますから(笑)

 

結果、新しい仕事を任されたり、昇格昇給したりして、より前向きに仕事をしています。

 

自分のキャリアを作るのは自分。「搾取される」なんて意識は捨てること

 

意識ってね、すごく大事なんです。

 

「搾取されている」という意識を持っていれば、「搾取された」と言う事実を見事に作り出してくれます。

そして、自分自身で「ほら、やっぱり」と確認作業をするんですね。

 

確認作業をすればするほど、どんどんそういう状況を作り上げますよ。

 

そんな意識で、自分のキャリアを作ろうとしても、多分うまくはいきません。

 

なぜなら「搾取される」ことが前提なので、常に自分は被害者、相手が加害者ですから。

どういう意識を持つか、どういう意識で働くかを決めるのは自分自身です。

 

いつまでも、搾取されるサラリーマンのままでいますか?

 

搾取されるサラリーマンではなくて、利益を得るサラリーマンになりたい方、お待ちしています。

スキルや経験を武器にして、稼ぎ続ける力をつける