昨日書いた記事を読んでくださった方から、こんなコメントをいただきました。

 

「惜しむのもダメだけれど、『気づかない』のはもっとダメ」

 

なかなか厳しい一言です(笑)

でも、なるほどなーと思ったのも事実。

もしかすると、惜しんでいるのではなく、そもそも気付いていないのかもしれません。

 

身の危険を感じて、咄嗟に身体が動く・・ということでなければ、「気付いていないこと」は行動には結びつかないですよね。

 

だから、「気付く」ということは、とても大切なことです。

これはマネジメントやリーダーシップに限らずですよ!

 

私がセッションをする時に、「なぜ?」「どうして?」「本当はどうしたいの?」としつこいぐらいに聴くのは、クライアントが自分自身の思いや考えに「気付く」ことが大切だから。

 

気づかなければ行動できません。

気づかなければ何も変わりません。

気づかなければ始めることもできません。

 

世の中にはちょっとしたことでも、すぐに気付ける人と「えっ、そんなことすら気付けないの?」と思われる人の両方がいますよね。

 

その差は、いったいどこにあるんでしょう

私は「意識を向けているかどうか」がひとつのポイントなのではないかと思います。

 

例えば、昨日の記事に書いた「ありがとう」「たすかったよ」「おつかれさま」すら言えない管理職。

言葉を惜しんでいるのではなくて、気付いていないのだとすれば、それは部下に意識が向いていないんですよね。

 

意識が向いていないから、何をしているのか、どんなことを思っているのかが分からない。

 

もしかすると、自分が「ありがとう」や「たすかったよ」という言葉をかけていないことにすら、気付いていないのかもしれませんね。

それも自分が発している言葉に意識を向けていないから。

 

他人から指摘されて気付くのは、指摘されたことで、そこに意識が向くようになるからですね。

だから、気付くための初めの一歩は「意識すること」だと思うのです。

 

意識ってすごくあやふやだし、他に気になることがあると、すぐにそちらに引っ張られてしまうけれど、毎日少しでいいから、自分が「気付けるようになりたい」と思うことに意識を向けてみること。

 

毎日繰り返しやることで、「意識を向けよう」と思わなくても、どんどん気付けるようになってきます。

 

気付けるようになったら、あとは「どういう行動をするか?」を考えたら良いですよね。

どうしても、すぐに「何かしなくちゃ!」と焦るけれど、最初にも書いたとおり、「気づかないこと」を行動に移すことはできません。

 

そして、気付いていないことの中にこそ、大切なことが隠されていることが多いのです。

「気付き」アンテナの感度が鈍っているなら、まずはその感度を上げるところから始めてくださいね。

 

気づきのアンテナの感度を上げたい方は、いつでもご相談ください。お待ちしています。

初回限定60分体験セッション