どんな働き方であっても、自己肯定感ってすごく大事で、自己肯定感が低すぎると物事はなかなかスムーズに進みません。

 

例えば、会社の中でチャレンジングな仕事のオファーがあっても、自己肯定感が低いと「私にこんな難しい仕事はできない」と尻込みしてチャンスを逃したり、「こういうところがすごいね」と褒められても、「いえいえ、私なんて◯◯ができないので」と卑屈になってしまったり。

 

これでは、組織の中で頭ひとつ抜けることも、稼ぎ続ける力をつけることも、なかなか出来なくなってしまいます。

 

私のセッションでは、クライアントの悩みを解決するのに、自己肯定感のアップが必要不可欠だと思えば、まずはそこから取り組んでもらうことにしています。

でも、自己肯定感を高めるって、なかなか時間がかかるんですよね。

 

なぜなら、今まで生きてきた、ながーーーーい年月をかけて「自分自身」は形成されているわけで、自己肯定感の低さも過去の色んな経験から作られてきているから。

長い年月をかけて作られたものが、たった数週間で変わるはずがないのです。

 

少し上がっては戻り、また少し上がっては戻り・・・

まさに「三歩進んで二歩下がる」を繰り返しながら、ちょっとずつ変化をして定着していきます。

 

だから、土台作りをサポートしているクライアントには、「早くて3ヶ月、通常6ヶ月、長いと1年以上かかるよ」と話をしているのです。

 

ところが、

 

たった1日(数時間)で自己肯定感上がります

このセミナーに出るだけで、あなたは変われます

 

というような謳い文句のサービスが巷には溢れていて、それに飛びつく人たちがとっても多い。

でもね、急激に上げた自己肯定感は急激に下がっていくんですよ。

 

急激なダイエットをすればリバウンドしやすくなる

たった1日で自己肯定感って上がるのでしょうか?

その場限りなら上げることは可能です。いわゆる「自己啓発系」と呼ばれるセミナーは、そうしていますよね。

 

色んなテクニックを使って参加者の気分を上げ、心を動かし、「私ならできる!」「私ってすごい!」と思わせる。

セミナー参加後は、もしかしたら万能感にあふれるのかもしれません。

 

でも、それは麻薬を打っているのと同じ。

麻薬の効果が切れれば、「どうせ私なんて」という思考が頭をもたげてきます。

 

ダイエットを思い浮かべてみてください。

断食などの無理なダイエットをすると、一時的に体重はガクッと減りますよね。

 

「結婚式でドレスをキレイに着たいから」

「彼に水着姿を見せたいから」

 

ある一瞬だけ、痩せた姿でいたいなら、それでも良いのかもしれません。でも、多くの場合は、一瞬だけ痩せたいわけではなく、ずっとその姿をキープしたいわけですよね。

 

それなのに無理なダイエットをして、急激に痩せた時ほどリバウンドも早い。

そして、急激に痩せる→リバウンドする→急激に痩せる→リバウンドするを繰り返すと、どんどん痩せにくくなっていきます。

 

自己肯定感もこれと同じです。

麻薬のような刺激で、自己肯定感を急激に上げれば上げるほど、振り子の法則でドーンと落ち込みます。

 

そして、それを繰り返すと「もうこんな思いはしたくない」「どうせ私はダメだ」という気持ちがどんどん強くなり、最終的には自己肯定感を上げることを諦めてしまうんですよね。

 

急激に変化させたものは、どこかに歪が出るということです。

 

小さな変化、小さな成功体験を積み重ねること

ではどうするの?という話ですが、やっぱり「小さな変化」や「小さな成功体験」を積み重ねることなんですよね。

 

自己肯定感を上げていくのに、「できない自分もそのまま受け入れる」必要はあるけれど、いきなりやると、たいていは「できない自分」にフォーカスしていくので、まずは「できること」を探す練習をしてもらいます。

 

意外だと言われるけれど、私自身、元々は自己肯定感は高くありません。

特に会社員を辞めた直後は、

 

会社員を辞めた私は、なにひとつ持っていない

会社員を辞めた私には、なにひとつ価値がない

 

この思いが強烈に湧き上がってきて、しばらくの間、毎日泣いてばかりいました。

その時に、毎日「できたこと」をノートに書き始めたのです。最初は全然書けなくて、それでまた落ち込んだりしたのだけれど、少しずつ書けるようになってきて、書けることが増えてくるのと反比例するかのように、「私には価値がない」という思いが少しずつなくなってきました。

 

クライアントにも同じように、日々の「できたこと」を発見して、ノートに書いてもらうようにしています。

 

これは仕事でも同じこと。

つい大きな仕事を成功させることに目が向いてしまうけれど、いきなり大きな仕事を成功させることはできません。

 

それに大きな仕事も、分解すれば小さな仕事の積み重ねなんですよね。

だから、まずは小さな仕事での成功体験を持つこと。

 

  • 1ヶ月前にはできなかったことが出来るようになった
  • 今までなら「できない」と思っていたことを「やりたい」と思えるようになった
  • 1時間かかっていたことが40分で出来るようになった

 

全部、「できたこと」であり、成功体験です。

「できたこと」や成功体験は、他人と比べる必要は一切ありません。比べるのは過去の自分自身です。

 

もがいている人ほど「急がば回れ」の気持ちが大切

悩みが深かったり、もがいていたりする人ほど、早く何とかしたい!という気持ちが空回りして焦って失敗しがちです。

 

自己啓発セミナーをジプシーする人は、ある種の典型だと思います。

 

繰り返しになるけれど、急激に上げた自己肯定感は、何かの拍子に急激に下がっていきます。

そしてそれを繰り返すことで、どんどん自己肯定感は上げにくくなります。

 

ダイエットも少しずつ痩せた方が、リバウンドしにくいですよね。

それと同じ。ちょっとずつ変化をすることで、それが当たり前になっていきます。

 

だから、悩みが深い人、もがいている人ほど、「急がば回れ」の気持ちが大切なんですね。

焦らずコツコツやっていきましょう!

 

キャリア作りは、土台づくりがとっても大事。

自己肯定感を上げて土台をしっかり作っていきたい方は、いつでも相談にいらしてください。

土台づくりからキャリア作りまでトータルでサポートしていきます。

初回限定60分体験セッション