昨日、Twiiterで仲良くしてくださっている、上野理恵さん()とSkypeでおしゃべりしたんですね。

 

その中で、こんな話になったのです。

 

どんな話を聞いたとしても、結局、自分の都合の良いようにしか、解釈しないんだよね。

同じことを聞いても、受け取れない時は、全然受け取れないよね。

逆に同じことを伝えても、「何でそういう受け取り方をする?」と思うことだってあるしね。

 

そう!人は自分が受け取りたいようにしか、受け取りません。

それは自分自身の状態にもよるし、相手との関係性によるところもあります。

 

自分がどんな風に物事を受け取るクセがあるのか、それを知ることは「自分らしく」働くためにも大事なことなんですよ。

 

人は、誰しも自分のフィルターを通して、相手の話を聞いている

 

「客観的に物事を見ているし、相手の話を聞いている」

 

そう思っている人もいるかもしれませんね。

でも、残念ながら、それは幻想です。人は誰しも自分のフィルターを通して、相手の話を聞いています。

 

例えば、あなたが注意を受けたとします。

尊敬している人や好きな人から注意されたとしたら、「そうか、自分がわるかったのかもしれないな」と反省するけれど、苦手な人やキライな人から言われると、「そんなことない!」と否定したくなりませんか?

 

私は否定したくなります(笑)

冷静になった後なら、「私が悪かったかな」と反省できるんだけど、言われた瞬間は無理です。

とっさの感情はコントロールできないですから。

 

例えば、朝からウキウキしている時と、イヤなことがあってテンションが落ちている時、同じことを言われても受け止め方って変わるでしょ?

 

普段ならスルーできることが、引っかかてしまうこともある。

 

もし、本当に自分のフィルター通さず、客観的に見たり聞いたりできるなら、いつどんな時も、誰から言われた時も、同じ言葉なら同じように受け止められるはずですよね。

 

どんなフィルターを通して、相手の話を聞いている?

 

人が誰しも、自分のフィルターを通して相手の話を聞いているなら、自分自身がどんなフィルターを通しているか知っていますか?

 

もちろん、その時々で通るフィルターは変わります。

変わるけれど、だいたいのパターンってあるのよね。

 

例えば、私は基本的に、物事をネガティブに重たく受け止める傾向があります。

「話を聞く」というのとは少し違うけれど、Twitterを見てても、自分が書いたツイートの上に、誰かのちょっと否定的なツイートがあると、私の脳内ではこんな風に妄想が進行します。

 

古賀ちぐさ古賀ちぐさ

きっと、私のツイートに対して、こんな風に思っているんだよね。

 

(別に私のツイートをRTしているわけでもなく、“たまたま”私のツイートの上に、そう読み取ることも「できる」ツイートが投稿されただけ)

 

古賀ちぐさ古賀ちぐさ

あんなこと書かなければ良かったかな。どうしよう。非常識な人だと思われたかもしれない

 

(だから、“たまたま”なのです。でも、私の中で妄想はさらに爆発する)

 

古賀ちぐさ古賀ちぐさ

やっぱり、書かなければ良かった。でも、これで削除したら「あっ、削除なんてしてダサい」って思われるかも・・・

 

ちょっと大げさに書きましたが(笑)

でも、何かイヤなことがあって、テンションが下がっているときは、こんな風にひとりで勝手に落ち込んでたりします。

 

例に出したのはTwitterでの話だけれど、リアルで会話をする時も、私の物事の捉え方は、これに近いですね。

 

でね、私は、自分が「ネガティブに重たく」、「妄想たっぷり」というフィルターを通して、物事を聞くというクセを知っています。

知っているから、「あぁ、またか・・」って思えるんですよね。

 

この「自分が持っているフィルターを知る」ってすごく大切なんですよ。

 

自分のフィルターを知っているから、対処することもスルーすることもできる

 

さっきも書いたとおり、私はネガティブな妄想たっぷりフィルターを通して、物事を聞くことが多いわけです。

 

それを知らなかった頃は、いちいちドーンと落ち込んで、夜も眠れないほど悩んでたんですよね。

 

でも、それが「私のフィルターである」ということを知ってから、眠れないほど悩むことは、ほとんどありません。

 

どうしてか?

「あぁ、またか・・」と思えるようになったことがひとつ。

もうひとつは、自問自答するようになったから。

 

例えば、さっきのTwitterの例で言うと、誰かのツイートを見て、私に対して否定的な見方をしていると捉えたわけです。

 

「本当にそうなのかな?どこにも私に対するツイートだとは書いてないよ?」

「私を否定していると思っているけれど、それって事実?そう思った根拠は何?」

「仮に私に対する否定だったとして、それで私が困ることって何かある?」

「もっと他の捉え方ってないかな?」

 

それに対して、ひとつひとつ自分で答えを出していくのです。

咄嗟に出て来る感情や思いを否定する必要はないし、そこに蓋をする必要もないですよ。

だって、出てきちゃうものは仕方ないし。

 

そうではなくって、出てきた感情が通り過ぎたら、ゆっくり考えてみるのです。

私のクライアントは、セッションで必ずこれをやります。

 

「本当にそう?」

「その根拠って何?」

「もし、もうひとりの自分が遠くから眺めているとしたら、何ていう?」

「他の捉え方ってできる?」

 

もしかしたら、その場では、辛いとか悲しいとかムカつくとか、そんな感情のままかもしれないです。

 

でも、それはそれでいいんですよ。

「あぁ、今は辛いんだなー」「今はムカつくんだなー」と受け止めればいいだけ。

 

少し時間がたって、改めて考えてみたら、「そうか!」と思うこともたくさんあるしね。

 

これを繰り返していくと、自分のパターンも分かってきます。

どんな時に落ち込みフィルターが発動しやすいとか、怒りフィルターが発動しやすいとか。

 

私の場合は寝不足のときと、仕事がうまくいかないとき。

この2つのときは、確実に落ち込みフィルターがフル回転しますね。

 

だから寝不足が続いているなーと思ったら、なるべく早めに解消するし、

不運にもフィルターが発動したときも、「あぁ、寝不足だからね。必要以上にネガティブにとらえているな」と受け止めることもできます。

 

自分が持っているフィルターを知らないことで、必要以上にイライラしたり、落ち込んだりするのって、すごくもったいない。

その結果、誰かを見下したり、逆に自己否定に走るのもよろしくない。

 

「自分らしく」働くためには、ステップを踏むことが大事なのですが、その一番最初が

 

自分の物事の捉えかたのクセ(フィルター)を知ること

 

ですからね。

あなたはどんなフィルターを持っていますか?まずは、それを知ることから初めてみてください。

 

昔の私のように、フィルターに振り回されてしまっているなら、このコースで、振り回されない自分を作っていきましょう。

自分らしく働くための土台構築コース