どこに向かうかを決めていないのに「何をしたらいいかわからない」と悩むのは時間の無駄

「自分のキャリアに迷っているんです」というお悩みをよく聞きます。

昭和〜平成時代のように大企業に入れば安心、ひとつの会社で最後まで勤めるのが普通という時代ではなくなりましたから、迷う気持ちはよくわかります。

 

ただ「自分のキャリアに迷っている」という方に、「どんな風になりたい(ありたい)ですか?」と聞くと、「わかりません…」と答える方が多いんですね。

残念ながらどこに向かうかがわからなければ、何をしても何をしなくても一緒だし、迷いは消えないのです。

どこに行きたいか分からないなら、どの道を選んでも同じ

『不思議の国のアリス』という童話をご存知の方も多いと思います。

その中にアリスとチェシャ猫のこんな会話があります。

 

アリス:「どの道を行ったらいいの?」

チェシャ猫:「どこに行きたいんだい?」

アリス:「わからない…」

チェシャ猫:「だったら、どうでもいい。どこへ行きたいか分からなければ、どっちへ行ったって同じことだよ」

 

これを知った時、言い得て妙というか、まさにその通り!と思いました。

どの道を行けばいいか?は行きたいところがあってこそです。

行きたいところがないのであれば、どの道を選んでも、いずれはどこかへ辿り着く(かもしれない)から、それでいいはずです。

 

でもどこに辿り着くか不安、自分の好みじゃないところに辿り着いたらイヤだと思うから、「どこに行ったらいい?」と悩むのだと思います。

だとしたら、最初にやることは「どこに行きたいのか=私はどうなりたい(ありたい)のか」を決めることです。

「たまたま」どこかに辿り着いた…をいつまで続けますか?

どこに行きたいのかを決めなくても、たまたま自分の好みの場所に辿り着くことはあります。

 

私は方向音痴の上に地図を読めない女なので、かなりの確率で自分がどこを歩いているのか分からなくなります。

そんな私が以前、地図も見ず行く場所も決めずにフラフラ〜と自宅近くを自転車で気ままに走ってみたんですよね。

 

そうしたら、自分がどこを走っているのか全く分からず、でもどこに行きたいかも決めていないから、誰かに聞くこともできず….

挙句にスマホを家に忘れてきたので、完全なる迷子!

 

いい大人が自転車に乗りながら泣きそうになりました。

私どこに行ったらいいの??って。

 

途中で探検は諦め、自宅に戻ると決めて40分ぐらいグルグル迷った挙句、やっと自宅に辿り着きましたが、同じ道を通ってみて?と言われても、自分がどのあたりを走っていたのか、ちっとも分からないのです。

 

自分がどうなりたい(ありたい)かという目的地を決めないということは、自転車でさまよった私と同じように迷子になるだけです。

不安になるのは、自分がどこに行きたいかが分からないまま、ポーンと放り出されたような感覚に陥るからです。

自分がどうなりたいか?を決められないのは、自己認識力が低いから

どこに辿り着くか分からないことが楽しい!と思えるならOKです。

 

でも「自分のキャリアに迷っている」という方で、いきあたりばったりを楽しめる方って、そんなに多くないのでは?と思うのです。

いきあたりばったりを楽しめる方は、そもそも「迷う」ことに悩んだりしないですから。

 

ではなぜ「自分がどうなりたい(ありたい)か」を決められないか?と言えば、自分自身のことを全然知らないから。

自己認識力が低いからです。

 

自分が何が好きで、何を大切にしていて、どんなことが譲れないのか。逆にここは譲ってもいいなと思うものは何か。

自分自身のことが分からなければ、「なりたい(ありたい)姿」を明確にすることもできません。自分を知ること、自己認識力を高めることはとても大切なことです。

まとめ

自分のキャリアに迷っている…という方は、まず自分がどこに向かいたいのかを決めましょう。

 

もしも自分がどこに向かいたいのか?が分からなければ、自分自身を知ることから始めましょう。

 

どの道を行ったらいいのか?何を選択したらいいのか?は、どこに向かいたいかが決まった後で考えること。どの道を行ったらいいかが分からないまま悩んでも、意味はないですよ。

それはただ「悩みたい」だけです。

 

「職場でズルいぐらい評価されるメールマガジン」では、女性リーダーが、職場で仕事をしていく上でのお悩みや困りごとについてのヒントや解決のエッセンスを配信しています。

もちろん「自分がどうなりたい(ありたい)か=目標設定」のヒントについてもお届けします。自分ひとりでモンモンと悩む時間は、とてももったいない!

 

ぜひメールマガジンに登録いただき、ヒントをつかんでサクッとお悩みを解決してくださいね。

いますぐ下記をクリックしてメールマガジンにご登録ください。お待ちしています!

\いますぐクリックしてメルマガに登録する/