仕事のミスで気付いた、私の思考のクセと囚われの話

詳細は書けないのですが、久しぶりに仕事で大失敗しました。

どれぐらいの大失敗か?

 

そのまま放置していたら、クライアントに直接的な迷惑をかけるレベルの大失敗です。

今朝、仲間にその報告を受けて、ドーンと落ち込みました。

 

小さなミスはあれど、ここまで大きなミスは本当に久しぶり。

情報をシェアしてくれた仲間には、「ありがとう。そして気付かずに申し訳なかった」と伝え、仲間からも「想定外の出来事だったから、たまたま発見できてよかった。」と気にしなくていいよとの言葉もあったのですが…

できない人だと思われたらどうしよう…という囚われ

頭の中によぎったのは、「できない人だと思われたらどうしよう」でした。

そして、この言葉が頭をよぎったことにガックリ(笑)

 

あぁ、まだこの思考に囚われてるんだなー、私…と。

 

今回のミスの原因は、私の報告の甘さでした。

ここからの気付きについては、女性リーダーの皆さまにも仕事を進める上でのヒントになるかなと思うので、また次回書きますね。

 

話を元に戻して…

私の「できない人だと思われたらどうしよう」という囚われは、実は新卒の頃からずーっと抱えているものです。

 

子どもの頃からピアノでも勉強でも、「できて当たり前」「できなかったら怒られる」という環境にいたので、「失敗する、ミスする=怒られる」という思い込みが出来上がっているんですね。

失望されること、ガッカリされることへの恐怖

そして私にとって「できなかったら怒られる」というのは、失望される、ガッカリされると同義語でもあります。

 

誰かの役に立ちたい

役に立つ人だと思われたい

 

行動の動機が「人の役に立つ」ことである私にとって(エニアグラムタイプ2の特徴です)、失望されたりガッカリされたりして、役に立たない人だと思われることは、何よりも避けたいこと。

 

怖いのと同時にミスして恥ずかしいという思いがあるのです。

 

少し前に記事にした「大門未知子のように「私、失敗しないんです」という女性リーダーはいない」に書いたように、全く失敗しないなんてことはありません。

 

でも新卒で社会に出てからずっと、ミスしないように、ガッカリされて「役に立たない」と思われないように、「○○をやって欲しい」と言われた時には、相手の期待以上の成果を出せるように努力してきました。

大門未知子のように「私、失敗しないんです」という女性リーダーはいない

客観視することで、負のループに入る事は防げる

なぜ、そのミスが起こって、今後どうすればいいか

ミスを認めて反省し、再発防止さえできれば、ガッカリされることも「できない人」だとレッテルを貼られることもないことは、20年以上の社会人生活で、身にしみてわかっています。

 

私自身、自分のチームのメンバーが同じミスを何度も繰り返さない限りは、「役に立たない」とも「できない人」とも思いません。

 

歳を重ねるごとに、どうやったらミスを回避できるかがわかるようになり、事前対策をすることで大きなミスをすることもなくなりました。

だからもう、ミスをしても「できない人だと思われたらどうしよう」と言う思考に囚われることはないだろうと思っていたのですが…

 

甘かったですね。

まんまとやられました(笑)

 

「できない人だと思われたに違いない」と思考がマイナスに進んでいくと、怖くて何もできなくなることもわかっているので、ブログで公開することにしました。

自分を客観視することで、変なループに入っていかないのです

思考のクセに囚われないためには…

思考のクセって怖いですね。

克服したつもりでも、ちょっとしたことでヒョコッと顔を出す。

 

でも「思考のクセ」を持っていることが悪いわけではありません。

思考のクセは、あなたの持つ強みや魅力につながっている事もあります。

 

自分が持つ思考のクセを知ること。

どんな時に思考のクセが出やすいのか発見すること。

思考のクセがあなたの恐れに繋がるのなら、回避する方法を知ること。

 

思考のクセに振り回されないためには、この3つが必要です。

そして自分だけで考えていては、なかなか自分の思考のクセに気付くことはできません。

 

なぜなら、思考のクセはあなたにとっての「当たり前」だから。

私が自分の思考のクセに気付いたのは、エニアグラムを学んだのと同時に、私に対して「どうしてそう言う考え方をするの?」とフィードバックをくれる人がいたから。

 

あなたの思考のクセは何でしょう?

どんな時に思考のクセが出やすいですか?

 

まずは自分の思考のクセを知ることから初めてくださいね。

 

PS.

いつも同じ思いに囚われてうまくいかない。

私の思考のクセは何だろう…という方は、ご相談ください。第三者の方が思考のクセは見つけやすいです。

PPS.

週に1回、女性リーダーに向けて現場で使えるヒントを配信中。ご登録の方にはメール講座をプレゼントしています。ご登録は画像をクリック!