「制限を取り払って考えるとどうしたい?」という質問が苦手です

やりたいことを見つけようとするとき、理想の未来を描くとき、よくこんな問いかけをされます。

 

「自分のお葬式で参列者になんと言われたいか?」

「こうなったらいいなを、とにかく全部書き出してみて。コツは制限を取り払うこと」

 

自己啓発の本なんかに書かれていることもありますよね。

 

この問いかけでスラスラと自分の中から答えが出てくるならOKなのですが、意外とムムム…となる方が多いような気がします。

無理して「その場しのぎ」の答えを出すのは逆効果

私もクライアントさんに対して昔はよく、「制限を取り払って”こうだったらいいな”と考えてみて」とか、「毎月300万円もらえるとしたら、どんなことをしてみたい?」とか聞いていましたが、答えが出てこないケースが多かったんです。

 

クライアントさん曰く

「毎月300万円もらえるっていうのが、非現実的すぎて想像できない」

「制限を取っ払ってと言われても、現実にできるかがわからないのに考えられない」

とのこと。

 

ここで無理して答えを出そうとすると、本当はそう思ってないのに「とりあえず」その場を凌ぐための答えになります。

 

私のクライアントさんも、全然思ってもいないことを答えていたし、コーチングを受けていた私の元同僚も、自分が言っても不自然ではなく、かつコーチが喜びそうな答えを言ったと言っていました。

 

これって全然意味ないですよね。

未来の姿をイメージするのは、自分自身のためであって、私やコーチのためではありません。

だけど「無理してでも答えなくちゃ」と思わせてしまっていたのも事実。

 

なのである時から、遠い未来や非現実的な想像をするのが苦手なクライアントさんには、この質問を使うのをやめました。

それでも目指す先(=ゴール)を決めることは大切

制限を取り外して考えられないのは、「できない自分」「ネガティブな思い込み」に囚われているからだ、という考え方もあると思います。

 

ただ私は、「制限を取り外して考えるのが苦手」「遠い未来を想像するのが苦手」というのも、クライアントさんの持つ個性だと思っているので、よほど思い込みに囚われていない限りは深掘りしたりはしません。

 

とはいえ、成長したい!市場価値を上げたい!と思っているのに、目指す先がなければ達成はできません。

目標を叶える上で大切なことは「ゴールを明確にする」こと。

 

『どこに向かうかを決めていないのに、「何をしたらいいかわからない」と悩むのは時間の無駄』にも書きましたが、どこに行きたいかがわからなければ、何をしてもしなくても一緒。

どこに向かうかを決めていないのに「何をしたらいいかわからない」と悩むのは時間の無駄

だからゴールを設定することはとても大切です。

遠い未来を想像するのが苦手なら、自分が想像できる範囲でOK

「そんなこと言っても、理想の未来を想像するのが苦手なんです!」という方は、自分が現実的に想像できる、一番遠い先を思い浮かべてみましょう。

 

人によっては1年先かもしれないし、3年先かもしれない。5年先までいける!という人もいるかもしれません。

非現実的で突拍子もないことを考える必要もありません。

 

「これぐらいならできるかも」

「今すぐには無理かもしれないけれど、こうなっていたらいいなー」

 

ぐらいの感覚でOKです。

遠い未来を想像するのが苦手、制限を取り払って考えるのが苦手というクライアントさんに、同じように質問していますが、1年先ぐらいの未来であれば、抵抗なくイメージできるようです。

 

自分が想像できる範囲で先のゴールを決める→行動する→ゴールに辿り着く→また次のゴールを決める…を繰り返していけば、5年先、10年先には理想の未来にたどり着いているはずです。

まとめ

遠い未来を想像してから逆算して考えるのが得意な人(私はこのタイプです)は、そうすればいいし、目の前のことを積み重ねて未来を作っていくほうが得意な人は、そうすればいい。

どちらが正しくてどちらが間違っているわけではありません。

 

遠い未来が想像できないことに対して落ち込む必要もなければ、「想像できない自分はダメ」と責める必要もありません。

自分が得意な方でやればいいだけです。

 

もしご自身が、誰かに「制限を取っ払ってみて」とか「お葬式の場面で..」と質問して、相手が困っていたら、もしかしたらその人は、遠い未来を想像することが苦手な人かも。

 

そんな時は、相手が想像できる範囲の未来をイメージしてもらってみてくださいね。

 

PS.

「自分の理想の未来」をなんとなくイメージはできるんだけど、言葉にするにはちょっとモヤモヤする..という方は、『神託』の意味を持つ、オラクルカードの力を借りてみませんか。

オラクルカードのメッセージを参考にしたら、新しいお仕事が決まった!というご報告も頂いています。

5/23(日)まで、オラクルカードリーディングと私のコンサルが同時に受けられる、特別セッションの応募を受付中。詳細及びお申し込みは↓↓をクリック

未来へのアドバイスは自分の道を考えるための「きっかけ」でしかない

 

PPS.

女性リーダーに向けて、職場でズルいぐらい評価されるためのヒントやエッセンスをメールで配信しています。ただいまご登録特典として「メンバーのタイプ別コミュニケーションのヒント」をPDFにしてプレゼント中。

ぜひ下記のボタンをクリックしてご登録ください。