自己肯定感と自己万能感がすり替わっていませんか?

こんばんは。古賀ちぐさです。

自分をもっと成長させたい、今の自分を変えていきたいと思った時、「自己肯定感」と言う言葉がよく出てきます。

 

言葉は聞いたことがあるけれど、イマイチ何だかよくわからない…と言う方もいらっしゃるかもしれません。

 

自己肯定感を辞書で引くと、こんな風に出てきました。

自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する語。自己否定の感情と対をなす感情とされる

weblio 実用日本語表現辞典より-

自分を信じる力と言い換えてもいいのかもしれません。

 

新しいことにチャレンジしようと思った時、「自己肯定感=自分を信じる力」が強ければ、それだけ成功の可能性は高くなります。

だって「自分は大丈夫!自分はできる」と信じているのですから。

 

反対に「自己肯定感=自分を信じる力」が低いと、私は無理だ、私はダメだ…と思って、うまく行くものもうまくいかなくなるかもしれません。

 

だからこそ、成長したり変容したりするためには、自己肯定感が大切と言われるのですが…

最近、「自己肯定感」と言う名の「自己万能感」を振りかざす人たちが、増えているのでは?と思うのです。

 

ちなみに「自己万能感」と言う言葉を検索しても出てきません。

私が作った造語です。

 

では「自己万能感」ってどんな状態を指しているのでしょうか。

自己万能感とは「私はなんでもできる」と勘違いする感情のこと

「私にできないことはない」

「私はなんでもできる」

と勘違いする感情のことを、私は自己万能感と呼んでいます。

 

あれ?自己肯定感だって自分を信じる力なのだから、同じじゃないの?と思うかもしれません。

確かに言葉だけみると、同じように感じますよね。

 

でも自己肯定感と自己万能感の一番大きな違いは、「都合が悪いことも見るか、見ない」だと思っています。

 

自分を肯定する、自分を信じるって、都合が悪いことを見ないのとは違います。

自分の未熟なところも含めて、「そんな私でもOK」と丸っと受け止めることです。

自分が知らないことがあることや、未熟なところを知っているからこそ、もっと成長したいと思えるんですよね。

 

未熟なところや知らないところがあるから、「ダメ」なのではありません。

未熟なところや知らないところがあるから、「もっと成長できるし、もっとやれることがある」のです。

 

一方で自己万能感は「万能」なのですから、未熟なところや知らないことがあってはダメですよね。

だから必死に見ないフリをします。

そして「私はなんでもできる」「私にできないことはない」と言い聞かせるのです。

「できない自分」を認めたくないから、他人を攻撃したりマウントを取ったりする

人は人、自分は自分と言ったって、今の世の中、他人との比較で成り立つことは山ほどあります。

 

採用だってそうですよね。

候補者の中で比較されて、採用される人と採用されない人が出ます。

 

お給料もそうです。

絶対評価で給与を決めてくれる会社は多くはありません。たいていは相対評価です。

自分がどんなに頑張っても、周りがもっと結果を出していたら、評価はそんなに上がりません。

 

だから他人より優位に立ちたいという気持ち、とってもわかります。

私自身、ずっと「誰にも負けたくない」という気持ちがあったし、その気持ちが拗れすぎて、ドラえもんの中のスネ夫のように、「のび太のくせに生意気だぞ!」みたいな嫌味を言っていた記憶も。

 

私はあの人よりも「できるはず」なのに認められないのは上司が悪い。

あの人の方が評価されるのは、上司に気に入られているからだ。仕事できないくせにズルい。

 

そんな風に感じていたように思います。

その根底にあったのは、「できない自分」を認めたくない気持ち。できない自分を認めるのは惨めだから、他人を攻撃するしマウントをとる。

 

やればやるほど自分が惨めになるし、評価はされなくなるし、評価されないから余計に「できない自分」を認めたくなくて意固地になるし、いいことないんですよね。

だけどできない自分を認めたら、自分でいられない気がして認められない。

 

だからいつまで経っても自己評価と他者評価が食い違うし、苦しくなるのだと思います。

本気出したらできる…(今は本気を出してないだけ)も同じ

もう一つ、自己万能感の特徴として

 

「今出来てないのは、本気を出していないから。本気を出したら、できるはず」

 

が挙げられるように思います。

これも書いていて私が苦しい(笑)

 

自己肯定感が高い人は、自分ならできると思っているから本気出してやります。

そしてもし、出来なかったとしたら出来るまでやり遂げるか、「これは出来なかったけれど、◯◯という力はついた」と現実をきちんと見据えて折り合いをつけます。

 

決して出来なかった自分を否定することはありません。

でも自己万能感は出来ない自分を認めたくないから、「出来ない」ことを直視しません。

 

本気を出していないだけ….という言い訳の元に、いつまでも夢を見ているだけなのです。

自己肯定感が低いから、自己万能感にすり替わる

自己万能感にすり替わってしまった人が、何も気づいていないのか?と言えば、そんなことはないと思っています。

 

心の奥底ではわかっているんですよね。

でも認めるのが怖い。

 

だから「なんでも出来る」「私に出来ないことはない」と言い聞かせて自分を騙し続けるしかないんです。

自己肯定感が低いからこそ、自己万能感にすり替わってしまう。

そしてそれを認めたくないし、人から指摘されたくもないから、虚勢を張ったり他人を攻撃したりして自分を守るのだと思います。

 

でも認めることでしか、人は成長できません。

カッコ悪くても仕方ない。それが私であり、自分なんだから。

いきなり「そんな私でもいい!」なんてポジティブに思えないかもしれません。思えるぐらいなら、自己万能感なんかにすり替わってないですし。

 

ただ「もしかしたら、自分が自己肯定感だと思っていることは、自己万能感なのかも?」と疑うことはできますよね。

 

それが大切なのでは?と思います。

自己万能感の怖いところは、自分だけじゃなくて他人に対しても被害を及ぼすところ。

もしも、心あたりがあるなーという方は、まずは疑ってみてください。そして、そういう自分がいるかもしれないと知ってください。

 

最初の一歩はそこからです。

 

PS.

「自分の進む道を自信を持って選択出来るようになりたい!」というリーダーへのヒントを週に1回お届けしています。

登録特典のメール講座は4/11(日)で終了!気になる方は、いますぐボタンをクリックしてご登録くださいね。

お名前とメールアドレスを入力いただくだけで、すぐ登録いただけます。

\今すぐクリック/