ディーラーの方の振る舞いが、無意識の自分の振る舞いを見直すきっかけに

こんばんは。古賀ちぐさです。

 

今日クライアントさんとのセッションに行く途中で、お客様の車を見送っているディーラーの方を見かけました。

車が見えなくなるまで頭を下げているのは、よくある光景だし、その後しばらくお客様の車が走り去った方を見ていたんですね。

 

その時ね、足先までお客様の車が走り去った方に向いてたんです。

チラリともお店の方に動かなかった。

それを見て「すごいな」って思ったんです。お客様の車が全く見えなくなるまで、お見送りすること!とマニュアルに書いてあるのかもしれません。

 

でも、もしも「めんどうくさいなー」とか「あっ、次のお客さまが」と思いながら、心がお店に向いていたら、足先がお店の方に向いていたんじゃないかと思うのです。

 

以前読んだ心理の本にも、嫌な相手と話をするとき、早く話を終わりにしたい時には、足先がその人とは逆の方を向くと書かれていました。

どんなに楽しそうな顔をしていても、表面上穏やかな言葉を使っていても、足先の向きって無意識だから本心が現れるんだそうです。

 

そう考えるとディーラーの方は、本当にお客様の車を気持ちを込めて見送ってたんだなーと。

 

それを見た時に「お客様のため」「相手のため」ってこういう事を言うんだろうなって、ふと思ったのです。

それこそ手先、足先まで相手の方に向いている。

 

そう思った時、私はどうなのかな?って。

「お客さまのため」と思っていることは確かだけれど、もしかしたら「お客さまのために」と言いながら、どこかで次の仕事のことが、頭をよぎっているかもしれない、そう思いました。

 

そして自分ではそんなつもりはないのに、実は…ってことは他にもあるなーと。

 

口では「がんばります!」と言っているのに、実際の行動が伴っていなかったり。

あるいは「大丈夫です!」と言っているけれど、本当はとても悲しんでいたり。

嘘をつこうと思っているわけじゃないのです。本当にそう思ってるし、そうしたいと思っているんですよね。

 

無意識だから自分では気づかない。

だけど気づかなければ、修正することもできません。それってすごく勿体無いですよね。

 

無意識に気づくには、まず意識にあげなくちゃいけません。

それには誰かの行動から、自分の事を振り返るのが一つの方法です。

私がディーラーの方の振る舞いをみて、「あれ?私はどうかな?」と振り返ったようなことですね。

 

もう一つ、第三者からフィードバックしてもらうという方法もあります。

自分が気づいていないけれど、第三者からは見えるものがありますから。

 

自分はそんなつもりじゃないけれど、なんだか思う通りにいかないな。

そんな風にしているつもりはないけれど、なんだか誤解されているみたいだな。

 

そんな時は、「実は…」が隠れているかもしれません。

そこに気づけるか気づけないか、そして気づいた時に、どう行動するかがとても大切なことだと思います。

 

PS.

3/20(土)&3/21(日)に

『「なんで伝わらないの?」を「こうすれば伝わるのか!」に変えるコミュニケーション講座』

を開催いたします!「なんで伝わらないの?」「なんでわかってもらえないの?」をたった2時間でスルスルと紐解いていきます。

職場のコミュニケーションを、もっとよくしたいと思っている方は、ぜひいらしてください♪

■「なんで伝わらないの?」を「こうすれば伝わるのか!」に変えるコミュニケーション講座
日 時:2021/3/20(土)、3/21(日) 13:00-15:00
場 所:zoom
定 員:各回6名
参加費:¥1,000(税込)
お申込:https://libertywoman-communication-2103.peatix.com/

3/20(土)、3/21(日)とも内容は同じです※2/20(土)、2/21(日)に実施した「絵画を使ったコミュニケーション講座」と同じ内容ですので、前回ご参加の方はご注意ください※zoomURLは、お申し込み確認後にご連絡いたします※ワークを実施しますので、カメラON/マイクONでご参加いただける方のみお申し込みください※主催者都合でのキャンセル以外は、お申し込み後のキャンセル返金はいたしません※本セミナーは男性もご参加いただけます