たまには「ばーか、ばーか」と言ってもいいんじゃない?

こんばんは。古賀ちぐさです。

久しぶりにすごく嫌なことがあったんです。感情が大きく揺れることがあまり好きではないので、普段はあんまり怒らないし、どちらかというとすぐに諦めるのですが。

この時は時間が経つにつれてモヤモヤが大きくなってしまって…

 

とうとう我慢できずに爆発しちゃったんです。

我慢できずにどうしたか…は、また別の記事で書こうと思うのですが、一晩開けてもやっぱりモヤモヤが止まらなかったのでTwitterでこんな風につぶやきました。

私自身は、自分のモヤモヤを吐き出すだけのつもりだったのですが、「祭りだ〜」と言って、ご自身のモヤモヤを吐き出してくださった方も。

 

みんなで「ばーか、ばーか」って言っていたら、私も面白くなっちゃって。

気づいたら、モヤモヤがスッキリなくなったわけではないけれど、「まぁいっかー」なんて思えるようになっていて。

 

もしもTwitterで呟かなかったら、自分ひとりでいつまでもモヤモヤ悶々として、仕事とか他の方とのコミュニケーションに影響していたかもしれません。

それが「ばーか、ばーか」と言い合うだけで、気持ちが晴れるなんて、なんてお得なんでしょう。

 

これ、皆様にもオススメです!

毎日仕事をしていると、「やってられないな」「なんで私ばっかり…」と思うことってあると思います。

 

だけどリーダーになると「いつも通りでいなくちゃ」と自分の気持ちを抑えてしまいがち。

すると、どんどん負の感情が蓄積されていきます。

負の感情が蓄積されて、いよいよ溜めきれなくなった時には、周りに対して爆発するか自分に向くかのどちらか。

どちらになっても、いいことないですよね。

 

「ばーか、ばーか」を負の感情とともに、特定の誰かに向けるのは、私は好きではありません。

だけど、自分の部屋やトイレの個室の中で、「ばーか、ばーか」と声に出すのは、全然問題なし!ですよね。

 

自分の中に溜め込んで負の感情を誰かにぶつけたり、自信を失っていったりするよりも、たまには「ばーか、ばーか」と外に出して発散してもいいんじゃないかな。

それも自分らしく働くためには必要なことだと思います。

 

PS.ご提供中のサービス

 企業で働く女性リーダーのためのヒントを週に1回配信。ご登録いただいたへは無料メール講座をプレゼントしています!

 

女性リーダーのための個人セッション

企業で働く女性リーダーが、自分の強みや魅力を活かし、自分らしいリーダーシップを発揮しながら生き生きと働くためのセッションを提供中。