うっせぇ、うっせぇ、うっせぇわ

こんばんは。古賀ちぐさです。

「うっせぇ、うっせぇ、うっせぇわ」いきなり品のない言葉でごめんなさい。

流行ってるんですってね、最近。

この間、テレビで広瀬香美さんが歌っているのを見て、初めて知りました。

 

さて歌の話ではなく、私の「うっせぇ」は誰かに向かって言いたい言葉じゃありません。私自身に向けて言いたい言葉です。

コンサルタントやコーチなど、誰かを支援する仕事をしている人って、なんとなく「陽」のイメージありませんか?

 

いつもポジティブじゃなきゃいけない

熱い気持ちを持っていて、それを表に出さなければいけない

「チームで頑張ろう!」というノリを大切にしなければいけない

常に成長し続けなければいけない

 

と自分で自分を縛っていたんですよね。

だからブログでも「できるだけ役に立つ情報」を書かなくちゃ!と思っていたし、Twitterでの発信も「コンサルタントとして、ちゃんと見える私」が頭にチラつくんですよね(笑)

 

だけど疲れちゃいました。

 

本当の私は、そもそも「陽」のキャラクターじゃありません。

ポジティブ思考よりもネガティブ思考で、先のことが不安になって眠れなくなることも、未だによくあります。

どっちかというと冷めていて、「皆で頑張ろうよ!!!!」みたいなノリは苦手。

チームで協力しながら進める仕事も好きだけれど、一人で淡々と進める仕事も好き。

 

そして成長どころか、前に進むことすらしんどくて、停滞していることも少なくありません。

 

自分とはある意味、真逆な「理想のコンサルタント」をブログやSNSで作ってきたんですよね。

だけど「もういいや」って突然思っちゃったんです。

 

それこそ、理想のコンサルタントなんて『うっせぇわ』です(笑)

自分とは違う人を無理して作ろうとしたって、長続きしません。

 

長続きしないどころか、どんどん「自分らしさ」がわからなくなります。思い返せば、私のクライアントさんが私を選んでくれるのは、「陽」のキャラクターだからじゃありませんでした。

 

淡々としているところ、ズバッと辛口なところ、「別にいいんじゃない?」とあっさりしているところが、「他の人と違いますね」と言ってもらえるんです。

 

私は私にしかなれないし、無理してキャラ作りしてしんどくなっている場合じゃないよね?

 

そう思ったらスッキリしました。

 

そしてこれって、女性リーダーにも当てはまります。

 

リーダーは、ぐいぐい引っ張らなければいけない

リーダーは、常に自信を持って振る舞わなければいけない

リーダーは、迷ってはいけない

リーダーは、弱音を吐いちゃいけない

 

そんな風に「理想のリーダー像」を自分に押し付けていないですか?

もちろん自分の強みとマッチしているなら、全然問題ありません。

 

だけど自分以外の何かになることはできません。

本当はぐいぐい引っ張るのは苦手、本当は自信がないんだ…なんて、自分の本質とは違うリーダー像にがんじがらめになっているなら、私と一緒に手放しましょう

 

『うっせぇ、うっせぇ、うっせぇわ』

 

PS.

女性リーダーが職場でズルいぐらい評価されるためのヒントやエッセンスを、週に1回お届けしています。

ご登録の方には、「メンバーのタイプ別コミュニケーションのヒント」をPDFにしてプレゼント。

ぜひこの機会にご登録くださいね

 

\ボタンをクリックして、いますぐメルマガに登録する/