管理職になる自信がないという女性へ

私はずっと「女性管理職比率を上げよう」という取組みがキライでした。

いや、過去形じゃなくて、今も気持ちとしてはキライです。

 

女性管理職を増やすのに反対!というわけじゃありません。

『国が女性管理職比率を上げろと言っているから、女性の管理職を増やさなきゃいけない』みたいな風潮がすごくキライなのです。

 

どんなに優秀でも、「女性だから」という理由で、管理職登用されなかった人たちって、過去にたくさんいるはず。

それが今度は「女性だから」管理職に登用される。

 

「女性である事」を理由に

 

自分たちの都合のよいように利用するな!

 

という気持ちが、私の中にあるんですよね。

女性であれ、男性であれ、管理職としてふさわしい人が担えばいい。

比率を上げるためだけに女性管理職を増やす事を「女性活躍推進」だなんて、よく言えるよね

 

と言うのが偽らざる私の気持ちです。

 

とは言うものの、最近はそれが少し変わってきていて。

数の論理は無視できないなと。

 

男性が働きやすい環境が優先される男性社会の中で、本当に女性活躍推進をしていくなら、やっぱり一定数、女性の管理職って必要だよねと。

 

男性がいくら「女性が働きやすい環境」を想像して作ろうとしても、当事者にならなければわからないことってたくさんある。

一定以上の発言権と裁量権を持って、物事を進めていくためには、やっぱり女性管理職の数を一定数増やすことは最初の施策としては有用なんだろうなと思うように。

 

だけど女性たちは、まだまだその流れについていけてないんですよね。

私なんかが・・・・自信を持てない管理職候補の女性たち

「管理職を目指して欲しいと言われたけれど、自信が持てない」

「これまで管理職をしていた先輩を見ると、あんな風にはなりたいとは思えない」

「男性の部下にどう接していいかわからない」

 

という話をよく聞きます。

また管理職をしている女性が空回りしている場面もたくさん見てきました。

 

私自身、初めて部下を持った時は

 

「ちゃんとしなくちゃいけない」

「ナメられたり、バカにされたりしちゃいけない」

 

と随分と肩に力を入れて、かえって部下に迷惑をかけていました。

部下に育ててもらいながら、少しずつ「自分らしい」マネジメントができるようになりましたが、弱音を吐くことは最後まで苦手だったように思います。

 

いくら女性管理職比率を上げるためだとはいえ、能力が全くない人を候補にすることはない。

だから管理職として、十分に成果をあげられるはず。

 

だけど、具体的にどうしたらいいのかが分からないし、相談できる人もいないから、自信を持てずにいるのだろうなと思っています。

綺麗事はいらない

この時代、世の中にはたくさんの「女性リーダー向け」研修があります。

企業内研修でも人気コンテンツですよね。

 

女性リーダー向け研修を受けたら、自信が持てるようになるのか?

 

と聞かれたら、「うーん・・・」と言葉を濁さずにはいられません(笑)

もちろん、自信を持てるようになる人もいるでしょう。

 

でも多くの人にとっては、「言ってることはわかるけど」と感じるんじゃないかな。

なぜなら研修って、大人数を相手に一斉に行うものなので、「多くの人に当てはまりそうな内容」にせざるを得ないんです。

 

それに研修担当者と受講生である女性管理職(候補)のニーズや価値観が違うと、研修内容がズレてしまうということも起こります。

 

必要なのは「勉強になる」ことじゃなくって、実際の仕事に活かせること。

それ以上に「管理職をやる」という覚悟というか、前向きな気持ちを持てるようにすることが大事だと思っています。

必要なのは愚痴も言える相手

絶対に管理職なんてイヤだ!

と思うなら、管理職への打診を断ったらいい。

だけど「自信がない」とか「なんで私が」という戸惑いなのであれば、勇気を持ってチャレンジして欲しいなと思うのです。

 

知識だけ増やせば自信を持てるわけじゃないし、変化の激しい時代だから、唯一絶対の正解があるわけじゃない。

自信をなくしたり、戸惑ったりしながら、前に進んでいくしかないんだよね。

 

ひとりで立ち向かうのは大変でも、大変な事をわかちあえる相手がいるなら頑張れそうじゃない?

実は私が管理職になった時に、一番欲しかったのは、愚痴も弱音も吐ける相手。

 

真面目で「ちゃんとやらなくちゃ」と頑張る人ほど、自分自身をいたわるのが下手くそだし、弱音を吐くのも苦手。

そんな時に伴走してくれる相手がいるって、すごく心強いこと。

 

一方的に指示されたり教わるんじゃなくて、一緒に最適な方法を考えながら前に進めたら、不安になることも減るんじゃないかな。

だからぜひ、愚痴も弱音も吐ける相手を見つけてくださいね。

 

なお私のセッションは、「一緒に最適な方法を考えながら前に進む」事を目的としています。

私の持っている知識や経験は全て提供しますし、それ以上にあなた自身が「どうしたいか」を大切にしています。

もしご興味がありましたら、まずは30分の無料カウンセリングを体験してください。体験だけでも大歓迎です。