管理職やリーダーになる女性って「優等生」がとっても多いです。

 

上司のサポートが得意

周りの人たちの気持ちを汲み取るのが上手

自分が求められる役割を理解し、率先して行動

頼まれたらイヤとは言えない

 

以前の会社で管理職をしていた女性も、管理職やリーダーを目指している私のクライアントも、モノの見事に当てはまっています。

 

もちろん、私自身も・・

意識して行動していたわけではなく、まぁ、自然にやっていた感じです。

 

痒いところに手が届く優秀なサポーターは、当然、上司からの覚えもめでたいし評価もされます。

そして、管理職やリーダーに抜擢されるのですが・・

 

残念ながら、ここで躓く人がすごく多いのです。

部下の立場でいる間は、優等生キャラ、サポーター役で十分に評価されるけれど、管理職やリーダーはそれだけでは不十分です。

 

管理職やリーダーは「決める」ことが求められますよね。

しかも、管理職やリーダーが決めなければいけないときって、100%うまくいくと分かっているときではなくて、このやり方、この道が正しいのかどうかが分からないとき。

 

そこで方向を決めなければいけないのです。

でも、優等生キャラ、サポーターキャラの人たちは、決められません。

 

「失敗してはいけない」

「間違ってはいけない」

「他の人たちはどう思うんだろう」

 

必要以上に正解を求めてしまうし、周りの目も気になってしまうんですよね。

完璧で失敗しないリーダーを目指すより、失敗した時に「ごめん」と謝れるリーダーになろう

 

この記事にも書いた通り、完璧を目指せば目指すほど、自分自身が苦しくなっていきます。

 

管理職やリーダーになる自信がない、私には無理だと思っている人の多くは、実務能力に自信がないわけではありません。

優等生のままでいようとするから、自信がなくなるのだと思います。

 

細かいところに目を向けるのではなく、一歩引いて全体を見よう

 

優等生は細かいところに気付くことが得意です。

気付くだけではなく、その後、どうすれば良いかまで考えることができます。

 

もちろん、周りの人たちに対する配慮も忘れません。

 

だからこそ、上司からも評価されてきているんですけどね。

ただ、細かなところに目が向く分、視野を広くして俯瞰して見ることが苦手だったりもします。

 

HOWを考えるのは得意だけれど、Whyを考えるのはあまり得意ではないんです。

手段を考えるのは得意だけれど、本来の目的を考えることが苦手ってことですね。

 

私のクライアントも、「どうやればいいと思う?」という質問は、割りとスラスラ答えます。

 

だけど、「なぜ、それが必要なの?」「それをすることで何を達成したいの?」と質問すると、「うっ」と詰まる人が多いです。

 

答えられたとしても、すぐに目に付くところだけだったり。

だけど、管理職やリーダーは、すぐに目につくところだけしか見えないようではダメです。

 

すぐに目につくところは、管理職やリーダーじゃなくても気付きますから。

管理職やリーダーはそのひとつ上、ふたつ上を見ないといけません。

 

ひとつ上、ふたつ上を見るためには、「どうやってやるか」ではなくて、「なぜ、やるのか」「何をやるのか」を考えること。

そして、個人の視点からチームの視点、チームの視点から部署全体の視点、チームの視点から会社全体の視点と、視野を広げること。

 

個人の視点で考えた時の目的と、会社全体の視点で考えた時の目的は異なりますよね。

立場が上になればなるほど、見るべき視点を広げる必要があるのです。

 

相談できる相手を持つことは必須

 

立場があがるほど、相談できる人は少なくなります。

会社にとって重要な情報を知る機会が増えますから、誰にでも相談できるわけではなくなるんですよね。

 

それに輪をかけて女性のリーダーや管理職は、相談できる人が少なくなります。

ひとつは、身近に女性の管理職が少ないから。

 

私が以前いた会社は、私が退職する頃には管理職の半分以上が女性だったので、悩みを相談し合うことが出来たけれど、最初は私しか女性管理職がいなくて。

 

何度も社長に「女性の管理職を増やして下さい」とお願いをしました。

私の直属の上司は社長だったので、よく「遠慮しないで相談して」と言われたけれど、何でも相談できたかと言うと、そうではありません。

 

女性特有の体調のことや、気分の浮き沈みなんかは相談できなかったし、「これだから女性は」と言われるのが、嫌だったんですね。

きっと、相談したら対応してくれたんだとは思いますが、やっぱり言いづらいです。

 

優等生キャラの人は、さらに他人に相談しにくいはずです。

「相談すること=できない自分を見せること」だと思ってしまうんです。

 

そして、できない自分を見せることを極端に嫌がります。

ええ、私もこのタイプでしたし、私のクライアントにも、とても多いです。

 

「私に話してくれたこと、会社でも言ってみたらいいんじゃない?」と言うと、優等生はこう答えます

 

「言えません。だって、『出来ない人』だと思われるじゃないですか」

 

出来ない人だと思われたくない、という気持ちが強すぎるから誰にも相談できずに、自分で抱え込んでしまうのです。

 

抱え込んで解決できるなら良いですが、多くの場合は悪化するだけです。

 

優等生でいたい、でも出来ない、わからない。

出来ない、分からないと言ったら評価が下がるし言えない

でも、出来ないし分からない

どうしたらいいんだろう・・・

 

こうやってドツボにはまっていきます。

周りも、これでは助けられないですよね。相談してくれたら一緒に考えることが出来るけれど、何も言ってくれなければどうしようもできない。

管理職やリーダーはどんどん孤独になっていきます。

 

ドツボにはまったまま、自分の頭の中だけであれこれ考えていても、良い答えは出てきません。

それが分かっているから、大企業や外資系企業の管理職は、自分自身にコーチを付ける人が多いんですよ。

 

優等生キャラが評価されるのは、部下のうちだけ

 

部下の頃に求められた優等生的振る舞いは、管理職やリーダーになった途端に足かせになります。

でも、急にそれがダメだと言われても、どうして良いか分からないはず。

 

マネージャー研修をやる会社も多いけれど、たった1回研修を受けたぐらいで、管理職やリーダーとしての振る舞いが身につくなら苦労はありません。

だからこそ、自分が優等生キャラだなと思ったら、少しずつ、それを壊す練習をしてください。

 

  • 空気を読んで意見を言わずにいたところで、意見を言ってみる
  • できない、わからないことを素直に「できない、分からない」と言ってみる
  • これは譲れないと思ったら、「譲れない」と言ってみる
  • 個人の視点ではなくて、部としての視点で見たら?会社全体の視点で見たら?とひとつ上、ふたつ上の視点から考えてみる

 

優等生キャラが評価されるのは、部下の立場でいる間だけ。

実務処理能力は高い人が多いのだから、ぜひ、優等生キャラを捨てる勇気を持ってくださいね。

 

優等生キャラが抜けない、相談できる人が周りにいない

そんな時は、いつでもいらしてくださいね。

組織の中で成果を出すための会社員向けキャリアコンサルティング