【やってはいけない】あっという間にメンバーからの信頼が落ちる行動って?

こんばんは。

女性リーダー育成コンサルタントの古賀ちぐさです。

 

最近、立て続けにこんな話を聞きました。

「悩んでいることがあって、リーダーに相談したのだけれど何も動いてくれなかった。話だけ聞いてくれても、動いて対応してくれないなら意味がない

 

私に話をしてくれた人は全員、会社も仕事もバラバラです。

なのに、ディテールは違っても、言っていることの大枠は一緒。

 

リーダーが忙しい事も、やることがたくさんある事もわかります。

でもメンバーのSOSを聞いても、動けない?動かない?リーダーがいると言うのは、とても残念だなーと思います。

リーダーが勝手にメンバーのSOSを判断してはいけない

多くの場合、メンバーよりもリーダーの方がスキルも経験も豊富ですよね。

 

だからメンバーの話を聞いて、「これぐらいなら自分が動くほどでもない」「彼(彼女)なら、大丈夫」と思うのかもしれません。

 

だけどリーダーが勝手にメンバーの思いを決めつけるのは、おかしいと思うのです。

メンバーがリーダーにSOSを出すのは、リーダーが思う以上に勇気がいるもの。

 

リーダー自身も、ちょっと自分の過去を振り返ってみてください。

何か悩んだ時にリーダーに気軽にSOSが出せましたか?

「そういえば、SOSを出すのが苦手だったなー」と言う人も多いんじゃないかな?と思うのです。

 

だとしたら、メンバーがリーダーであるあなたにSOSを出すのも、そんなに簡単じゃないかもしれないですよね。

 

リーダーが勝手にメンバーのSOSをジャッジしてはいけません。

「何も言われない=何も問題ない」ではない。心のシャッターは降りている

メンバーのSOSを放っておくつもりはなかったけれど、忙しさに紛れて忘れてしまった…と言うことがあるかもしれません。

 

あっと気づいた時には、相談を受けてから、ずいぶんと時間が経ってしまった。

何度か相談されたけど、ある時から何も言われなくなったし、メンバーの態度も変わらないから解決したんだろう…なんて安心していたら大間違いです。

 

悩みは解決したかもしれないし、解決していないかもしれない。

それはメンバー本人にしかわかりません。

 

でも確実に言えるのは、あなたに対する信頼はなくなったと言うこと。

私に話をしてくれた人も、例外なく「もうリーダーは信頼できない」と言っていました。

私もリーダーに対して同じように感じたことがあります。

 

信頼できない相手には、何も言いたくないです。

言っても無駄だし、結局自分がイヤな思いをするだけですから。

 

「何も言われない=何も問題ない」ではありません。あなたに対する心のシャッターを、シャーっと降ろしているかもしれませんよ。

メンバーからのSOSは最優先事項

私はどんなに忙しくても、メンバーからのSOSは、最優先で対応する必要があると思ってます。

 

相談された内容によっては、リーダーだけでは判断できないこと、すぐに解決できないこと、メンバー自身が乗り越える必要があることも。

 

ただそれをリーダーの心の中で、勝手に決めてはいけないのです。

 

リーダーだけで判断できない、すぐに解決できないなら、どこまでなら対応できるのか、解決にどれぐらいの時間がかかりそうなのかを、メンバーに話すこと。

 

メンバー自身が乗り越えなければいけない事も同じ。

なぜメンバー自身で乗り越えた方が良いのか。乗り越える事でどんな良いことがあるのかを伝えること。

その上でリーダーは見守っていること、必要なサポートはすることを伝えるのが大切です。

 

メンバーの心が遠ざかり、信頼をなくしてから何とかしようと思っても遅いです。

一度なくした信頼を取り戻すのは、とっても大変。

メンバーの信頼をなくして、一番困るのはリーダーであるあなた自身。

 

もしもメンバーからのSOSを軽くみていたな、そういえば対応していないものがあるなと思ったら、明日朝イチで、メンバーに謝りましょう。

そしてあなたが出来る行動をしていきましょう。

 

猶予はそれ程ないかもしれませんよ。

 

 

PS.

女性リーダーが自分のリーダーシップを育て、自信を持って行動できるようになるためのヒントを毎週1回配信中。誰かのマネをする必要はありません。あなたが持っているリーダーシップの種を育てれば、あなたらしいリーダーになれますよ!