ドラえもんから理想のリーダー像を考える

こんばんは。古賀ちぐさです。

 

少し前にテレビで放送されていた、「東大生が選んだ勉強になると思う漫画ベスト20」を見ていたのですが、1位に選ばれた漫画は何だったと思いますか?

 

なんと『ドラえもん』だったんです。

その理由は、「ドラえもんの秘密道具は今のテクノロジーを予言したものもあり、発想の基礎になる」「お金持ちになる考え方が学べる」などでしたが、別の勉強会でも『ドラえもん』はお手本になると教えてもらいました。

 

それは

「ドラえもんは、最高のマーケッターである」

ということ。

 

ドラえもんって、自分からは絶対に売り込み(?)をしないんですよね。

のび太くんから「ドラえもん〜」と言われて始めて、4次元ポケットから秘密アイテムを出す。

 

決して「タケコプターっていう便利なアイテムがあってね、これはこんなにすごいんだよ。のび太君使ってみなよ!」とはならないわけです。

この話を聞いた時、なるほどなーって思ったんです。

 

もう数十年単位でドラえもんを見ていないけれど、私が覚えている限り、確かにドラえもんから、のび太くんにアイテムが押し付けられたことはない。

 

相手に必要とされているもの

相手がサポートして欲しいと思っているもの

 

これらを差し出しているんですよね。

でね、そうやって考えると、ドラえもんってリーダーとして見習うべきところもあるよなーって思ったんです。

 

もちろん、のび太くんを甘やかしすぎ!というのはあるんですけど(笑)

自分の「良かれ」や価値観を押し付けず、相手が必要とするサポートをしているところは、さすがだなと思うのです。

 

リーダーって、メンバーよりもたくさんの経験をしていることが多いし、見えている範囲も広いですよね。

すると、ついつい自分が正しいと思うことを言いたくなっちゃう。

 

ドラえもんで言うなら、『のび太くんから求められていないのに、「これを使うといいよ」「これが便利だよ」とアイテムを出しちゃう』感じです。

 

メンバーは、「いや、そんなことを求めているんじゃない」と思っても、なかなかリーダーに言い出せず、結果、必要ないアドバイスや必要ないサポートをしたリーダーが一人で悦に入るなんてことも。

 

ここに「あなたのためを思っているんだから」と言う言葉が入ったら、さらにメンバーにとっては大きなお世話。

求められていないアドバイスをして、自分だけ、ご満悦になっていない?

信頼関係もどんどん失われます。

 

相手が必要としていること

相手がサポートして欲しいと思っていること

 

これらを察知して、的確にサポートしてくれるリーダーって、なかなかいないなと思います。

私自身ができるか?と言われれば、全然できてないです。

 

やっぱり余計なお節介を焼きたくなってしまうし、必要以上のアドバイスをしてしまいたくなる。

「あなたのためを思って」は言わなくなりましたが、それでもまだまだ『小さな親切大きなお世話』をしていることも多いです。

 

のび太くんはわかりやすくドラえもんに泣きつくけど、職場であれだけわかりやすく泣きついてくるメンバーは、なかなかいないですよね。

だからこそ、メンバーをよく見る必要があるんじゃないかな。

 

メンバーは何に困っているんだろう?

メンバーはどんなサポートをして欲しいと思っているんだろう?

 

相手に興味がなければ、できないことです。

そしてただ見るだけじゃなくて、「何かサポートできることある?」と本人に問いかけること。

 

それがとても大切なことだと思うのです。

 

クソバイスじゃなくてアドバイスができるリーダー。

押し付けの「あなたのため」じゃなくて、本当にメンバーのことを思いやれるリーダー。

 

やり方は人それぞれだけれど、この2つはとても大切なリーダーとしての要素なんじゃないかなと私は思うのです。

 

PS.

誰かが作ったリーダー像に無理やり当てはめようとするから、しんどくなる。

一人ひとり強みや魅力は違うのだから、自分だけのリーダーシップを育てたらいいと思うのです。

「私だったらどうする?」を考える力がつく、メールマガジンを配信しています。お気軽にご登録ください。