大門未知子のように「私、失敗しないんです」という女性リーダーはいない

女性リーダーを目指す人と話をしていると、しばしば聞かれるこんな不安。

 

「リーダーになると、失敗しちゃいけないような気がして不安です。もし、失敗したらどうしたらいいですか?」

理想の上司象に当てはまる人なんていない

リーダーって、何でも出来ないといけないイメージがありますよね。

 

いつも先頭にたって皆を引っ張って、どんな困難なことがあっても絶対に弱音を吐かない。

仕事は当然、誰よりも出来るし、相談すれば何でも答えを教えてくれる。

この人についていったら、絶対に失敗もしないし間違いもない。

 

「理想の上司像ってどんな人?」と聞いたら、こんな答えが返ってきそうです。

 

だから、現実を見た時に「うちのリーダーは・・」と言いたくなるし、自分がリーダーになった時に「どうしよう」と不安になるのだと思います。

 

でもね、「理想の上司像」って幻想ですよ?

20年以上の会社員生活で色んな上司と仕事をしましたが、理想の上司像に当てはまるような人とは、1回も出会ったことはありません(笑)

理想を握り締めるほど、あなたらしいリーダーからは遠のく

自分の頭の中にある「リーダーとはこうあるべき」は全部捨ててください。

 

そうやって、「理想」を握りしめれば握りしめるほど、メンバーから見た時には「よいリーダー」「一緒に働きたいリーダー」からは遠のきます。

 

メンバーは、あなたが頭に思い描く「理想のリーダー」を求めているわけではありません。

あなたのリーダーとしての在り方をみて、一緒に働きたい、この人のために頑張ろうと思うのです。

失敗するリーダーよりも、失敗を恐れて動けないリーダーの方がマズい

リーダーは失敗してはいけない。

 

なぜか、多くの人たちが持つこの幻想。

リーダーになってから、1度も失敗していない・・という人、周りにいますか?

 

きっといないと思いますよ。

それなのに自分自身に対しては、「失敗してはいけない」「間違ってはいけない」と思い込む。

不思議ですね。

 

特に今の時代は、変化のスピードが激しいです。

 

「1年前はこの方法でうまくいったのに」なんて、ザラにあります。

「失敗してはいけない」なんて幻想を持っていたら、身動き取れなくなりますよ。

 

失敗したらイヤだから新しいことはやらない

今までもこの方法でやってきたんだから、リスクを取ってまでチャレンジする必要なんてない

 

こういうリーダーと一緒に仕事をしたいですか?

私はイヤです。だって、そんなリーダーの元で成長できるとは思えないし、楽しい仕事もできそうにないですしね。

間違った時に謝れないリーダーはリーダーじゃない

リーダーは間違ってはいけない

リーダーは失敗してはいけない

リーダーは「できる人」でなければいけない

 

どれも違います。

 

リーダーにとって大切なのは、間違ったり失敗したり、できなかった時に「ごめん。自分が悪かった」と自分の非を認めて謝れること。

 

でも、残念ながら謝れないリーダーも多いですね。

自分が間違った時に謝れにような人に付いていきたい、一緒に仕事をしたいと思う人はいません。

 

謝るってそんなに難しいことかな?と思うけれど、やっぱりこれが根っこにあるんだよね。

 

リーダーは間違ってはいけないのに、間違ってしまった

リーダーは失敗してはいけないのに、失敗してしまった

リーダーは「できる人」でなければいけないのに、そうではなかった

 

認めてしまったら、リーダーとして失格だと思っているから、必死で誤魔化そうとするのです。

完璧であろうとして、かえってメンバーからそっぽを向かれるって意味ないよね。

 

役職が上がるほど、責任が重くなるほど、相談できる人が少なくなります。

自分ひとりで抱えてパンクする前に、いつでも相談にいらしてくださいね。

 

PS.

週に1回、女性リーダーに向けたメールマガジンを配信中。「あるある〜」から「なるほど、そうなのか!」まで身近でリアルな内容を書いています。ぜひ、あなたのリーダーシップを育てるヒントに使ってください。

ご登録の方にはメール講座をプレゼントしています。ご登録は画像をクリック!