お願いしたら嫌がられる?!それってどうしてですか?

「えっ、お願いしてもいいんですか?」と女性リーダーに言われることがあります。

 

例えば、オンライン会議やオンライン1on1でメンバーがカメラOFFにしているから、表情がわからずコンディションが確認しづらい。

例えば、リーダーの仕事が手一杯で、誰かにサポートをお願いしたい

例えば、リーダーの代わりに、気になるメンバーへ声かけをして欲しい

 

などなど。

 

「こうして欲しいな」「これはやめて欲しいな」「協力して欲しいな」など、メンバーに対してお願いしたいことってあると思うのです。

 

でもそれを素直にメンバーに伝えている人は、とても少ない印象です。

私が「お願いしたらいいじゃない」というと、多くの人が冒頭の通り「えっ、お願いしていいんですか?」とビックリした顔をするのです。

 

その後、会話はこう続きます。

古賀ちぐさ古賀ちぐさ

もちろん、お願いしていいんですよ。どうしてお願いしたらダメだと思うんですか?

クライアント

嫌がられるかなと思って…

古賀ちぐさ古賀ちぐさ

なるほど。でも言ってみないとわからないですよね。そんなに嫌がられそうなんですか?

クライアント

うーん。わかりません。

 

暗黙の了解になっているようなものは、特に嫌がられそうで言いづらいみたいですね。

でも、本当に嫌がられるのでしょうか?

 

嫌がられるかどうかは、言ってみないとわからないですよね。

お願いして嫌がられたら、その時、次の対策を考えたらいいのです。

 

ただね、ほんとうに考えなくちゃいけないのは、「どうしてお願いしたら嫌がられると感じたか」の方です。

 

オンライン会議やオンライン1on1で、相手のコンディションを確認したい、顔を見ながら話すことで、リアルに少しでも近い感覚で会議をしたいというのは、不自然じゃないですよね。

 

リーダーに限らず、仕事が手一杯なら、誰かにお願いするのもおかしくはありません。

最初にリーダーが声をかけるより、近しい同僚が声を掛けた方が良いこともあります。

 

おかしなことを無理やりやらせようとしているわけじゃないのに、躊躇してしまう。

言ったら嫌がられると感じてしまう。

 

その方が問題です。

 

なぜ、メンバーにお願いをしたら断られると感じるのでしょうか。

もしも、あなたが「えっ!?お願いしていいの?」と感じているなら、なぜそう感じるのか考えてみてください。

 

些細なことと感じるかもしれないけれど、女性リーダーとして成長するためには、とっても大切なことですよ。

 

PS.

お願いしたら嫌がられる…と感じる要因のひとつに、「メンバーに言いたいことが伝わらない」があるかもしれません。どうすれば言いたいことが伝わるのか。

LINEお友達登録の特典「女性リーダーが思っている事をスムーズに伝え、チームをうまくまとめる3つの秘密」でお伝えしています。ぜひお友達登録して、特典を受け取ってください!

\お友達登録して特典を受け取る/