女性リーダーとしてうまくいかないのは、リーダーに向いていないから?

「本屋さんで山積みされているリーダーシップの本を色々読んだけれど、全然うまくいかない」と思ったことありませんか?

本を読んでも、セミナーに参加してもうまくいかない

セミナーに参加してくださる女性リーダーの方に参加の理由を伺うと、ほぼ100%の方が「リーダーとして、どうしていいかわからない」と言われます。

リーダーとして抜擢されるぐらいなので、皆さん、とっても優秀です。

 

本当はリーダーはやりたくなかったのだけれど…という話を聞くこともありますが、リーダーを引き受けたからには「よいリーダー」になりたいと、たくさん本を読んだりセミナーに参加したりして勉強もしているんですよね。

 

だけどうまくいかない。

リーダーになる前は、チームメンバーといい関係を築けていたはずなのに、リーダーになったら距離ができたような気がする。

これでは自信をなくしちゃいますよね。

うまくいかないのは、あなたがリーダーに向いてないから…じゃない

私にはリーダーは向いていない…

リーダーを受けなければ良かった…

 

そんな風に思ってしまうのも無理はないかも。

でも、「私はリーダーに向いてない」「やっぱり引き受けなければ良かった」と自分にダメ出しするのは、ちょっと早いしもったいない。

 

なぜなら多くの人は、自分にあったリーダーシップを発揮していないことが、うまくいかない原因だから。

 

例えば、背中を見せるタイプの人が、細かく指示を出そうとしたらうまくはいかない。

例えば、メンバーに寄り添うタイプの人が、グイグイ引っ張ろうとしてもうまくいかない。

例えば、メンバーとワイワイ楽しく進めるタイプの人が、論理でメンバーをまとめようとしてもうまくはいかない。

 

世の中に溢れるリーダーシップの本を読んでも、「しっくりこないな?」と思うのは、あなたのタイプにあったリーダーシップじゃないから。

言っていることが違うじゃないか…というのも、それぞれの人が自分のタイプのリーダーシップについて話すから。

あなたのタイプにあったリーダーシップとは?

あなたのタイプにあったリーダーシップを知り、それをベースにあなただけのリーダーシップを育てたら、

 

私にはリーダーは向いていない…

リーダーを受けなければ良かった…

 

という思いはきっと消えていくはずです。

あなたの得意なリーダーシップを知ることは、あなたのリーダーシップの種を育てるためにも、自信を持って振る舞うためにも大きなヒントになります。

 

自分のタイプってどうやってわかるの?ということですが、私は大企業のリーダー研修でも使用されている性格タイプ論「エニアグラム」を活用しています。

私自身、エニアグラムで自分のタイプを知り、得意なやり方を発揮するようになってから、リーダーシップを取りやすくなりました。

 

日本エニアグラム学会にも簡易テストがあるので、ご自身のタイプにあたりを付けたい方は、やってみてください。

とはいえ、簡易テストはあくまでも簡易で、ちゃんとやると実は違った…ということもあります。正式なテストをしたいと思う方は、ご連絡ください。

 

継続セッションの1回目、あるいはワンタイムセッションで、正式なテストと解説をしています。

 

PS.

女性リーダー/女性リーダーを目指す方に向けて、リーダーシップの育て方のヒントをメールで配信。登録特典として、メール講座をプレゼント中

PPS.

公式LINEアカウントのお友達追加で、「女性リーダーが思っている事をスムーズに伝え、チームをうまくまとめる3つの秘密」をプレゼント。ぜひQRコードからお友達追加してください