メンバーから言われたことが、自分では解決できないことだったら?

「メンバーから頼まれたことや言われたことが、自分では解決できないことだと、どうしていいかわからなくなるんです」

という、ご相談を受けることがあります。

 

なるほど。確かにそういう時って困りますよね。

とりあえずやってみるけどできない…はもったいない

「メンバーからできないことを頼まれた時はどうするんですか?」と聞いてみると、多くの場合「とりあえずやってみようとはするんですけど、やっぱりうまくいかなくて…」という答えが返ってきます。

 

できなかった事に対する申し訳なさが何度も積み重なると、「私はリーダーには向いていない」という気持ちに繋がっていきます。

メンバーの立場からみると、「やってくれるって言ったのに、結局できないじゃないか」とリーダーへの不信感を抱くことも。

 

どちらにとっても、いいことはないですよね。

とても、もったいないです。

リーダーは魔法使いじゃない。できないことがあって当たり前

メンバーから頼まれたことが、自分の権限の範疇を超えている、自分だけでは解決できない時はどうするか?

 

答えは簡単です。

「できない」と言いましょう!

 

と言うと、たいてい「えっ?できないって言っていいんですか?」と言われますが、いいのです。

 

リーダーは魔法使いじゃありません。

なんでもひとりでやらなくちゃ、なんでも解決しなくちゃ、なんて肩に力をいれる必要はないのです。

 

とは言うものの、メンバーからの依頼を「それは、私ではできません」と、スパーンと切って捨てるのは、いただけません。

 

「えっ、やろうともせずに無理って言っちゃうんだ…」と思われます。

大きなくくりで考えるから、できるかできないかの二択になる

まずは、やれるやれる事とやれない事にわけましょう。

 

大きなくくりで考えるから、できるorできないの二択になってしまうのです。

細かく分解すれば、必ず何かしらできることがあるはずですよ。

 

そして「ここまではできる。でもここからは、こういう理由でできない」と伝えることで、メンバーは、リーダーがどこまでなら対応できるのかを知りますし、「やろうとしてくれている」という思いを受け取ります。

どんどんメンバーを巻き込もう

できることなら、

 

「あなたはどう思う?あなただったらどうする?」

 

メンバーを巻き込めるといいですね。

メンバーを巻き込むことで、メンバー自身の考える力を伸ばす事につながるし、評論家のように口だけ出す事を抑える事にもつながります。

 

「できない」と言うのは最初は勇気がいるかもしれません。

でも思い切って伝えてみてください。

 

「私はリーダーには向いていないかも…」と言う、もったいない思い込みを払拭する大きなチャンスですよ。

 

 

PS.

喉の奥に小骨が引っかかったような「モヤモヤ」はさっと解消してしまいましょう。

たかが小骨。されど小骨。放っておいたら炎症を起こすかもしれません。「今のモヤモヤは今のうちに」です。