リーダーとは希望を配る人のこと

こんばんは。古賀ちぐさです。

「リーダーとは希望を配る人のこと」とは、ナポレオンの言葉です。

この言葉を聞いた時、「こんなリーダーのもとで働きたい」と思ったし、私自身が目指すリーダー像とも合致しているなと、すごく嬉しく思いました。

 

リーダーが「希望を配る人」であるなら、リーダーシップは「希望を配るための武器」

 

これまでもリーダーやリーダーシップを自分なりの言葉で伝えてきたつもりですが、まさに「そう、これ!!!」というぐらいしっくりきたのです。

希望を配るどころか、諦めや不満を配っていた

メンバーは思っている以上にリーダーを見ています。

今、管理職になりたいと思う若手が少ないのは、リーダーが希望を配れていないからかもしれません。

確かにリーダーってしんどいですよね。

 

上からは「もっと◯◯しろ!」と言われるし、メンバーからは突き上げられることもあるし。

なんで自分ばっかり…と思うってしまう気持ちわかります。

 

私もチームリーダーになった途端、今までと同じじゃいけないと焦るばかりで、何を伝えいいかわからなくなってしまった事があって。

私が言ったことに対して、メンバーは「はい」とはいうものの、顔を見れば「不満です」って書いてあるんですよね。

そんな顔を見た後にメンバー同士でコソコソ話しているのを見ると、ついつい私のことを言ってるんだと被害妄想にかられて、「私だってなりたくてリーダーになったわけじゃないのに。そんなに不満なら代わりにやってくれたらいいのに!!!!」と思ってました。

 

上司に対しても「いや、私がリーダーになりたいって言った訳じゃないですよね?なんで、こんなに責められないといけないんですか?」と不満たらたら。

きっと内心の不満は表情や態度に出ていたはず。

今振り返ると、めちゃくちゃ恥ずかしいですが、当時は本当にそう思ってたなぁ。

 

希望を配るどころか、諦めや不満を配っていたかもしれません。

でも当時は必死だったし、何より大切なことを知らなかったから。

どんな希望をどんな風に配りたいのか?

大切なことを知らなかった。

私は何を知らなかったかと言えば、「自分はどんな希望をどんな風に配りたいのか」ということ。

 

ひとことで「希望」と言っても色々ありますよね。

 

仕事のやりがいを配ることかもしれない

あるいは、信頼できる仲間と一緒に働くことの楽しさかもしれない

はたまた、「こんなリーダーを目指したい」という目標かもしれない

 

この言葉を言ったナポレオンとは違う「希望」かもしれないけれど、私はそれでいいと思っています。

そしてどんな配り方をするかも自由!

 

だって自分が持っている魅力や強み以外で、配ろうとしたってうまくいかないですから。

きっと「希望を配ること」が義務感でいっぱいになり、昔の私のように「やりたくて、やってる訳じゃないのに…」となりそう。

 

希望を配っているはずが、諦めや不満を配ることになりかねません。

すごくもったいないし、リーダーにとってもメンバーにとっても、全然いいことない!

 

自分はどんな希望を配るリーダーになろう。

それをどんな風に配ろう

 

そう思ったらリーダーシップを磨くって、とても大切なことだと思うのです。

リーダーシップは、日々少しずつ磨いていくもの

より相手に伝わるように、より自分の思いが届くように。

そして何より配るものが、メンバーにとっての「希望」となるように。

 

昨日よりも今日、今日よりも明日って、少しずつ磨いていくことが必要なんじゃないかなー。

なんて思っているところで、日経の有料記事を読んで今度はガッカリ。

 

女性役員がこれから自己研鑽したいテーマで、リーダーシップと答えた人は3%だったそうです。

それに対して筆者は「多くのカリスマ指導者とは一線を画す経営者を思い描いている」と解説していたけれど、いやいや「リーダーシップ=カリスマ指導者」ではないでしょ!と。

 

カリスマ性って、希望を配る一つの武器だと思うけれど、カリスマ性がなければ希望を配れないわけじゃない。

 

リーダーは希望を配る人である

リーダーシップは希望を配るための武器

 

と捉える事がしっくりくる私にとっては、リーダーシップを自己研鑽のテーマにしていないって、残念だなと思ってしまったのです。

リーダーシップ=カリスマ指導者と捉えているなら、そんな狭い範囲で捉えているの?と残念だし、自分のリーダーシップをこれ以上研鑽する必要がない、と捉えているなら、そんなに浅いものじゃないんじゃない?と残念だし。

 

回答した女性役員がどんな定義でリーダーシップを捉えていたかわからないので、私の勝手な印象ではあるのだけれど。

 

でもね、リーダーシップって常に磨き続ける必要があるテーマだと思うのです。

 

リーダーが「希望を配る人」であるなら、どんな希望を配りたいですか?

リーダーシップが「希望を配るための武器」なら、どんなリーダーシップを発揮したいですか?

 

自分が持つ魅力や強みでリーダーシップを発揮できたら、メンバーに配る希望は、とっても輝いているはず。

何より、その希望は、リーダーである自分自身を輝かせるものになると思います。

 

PS.

希望を配るリーダーになるためのヒントを週に1回お届けしています。

登録特典のメール講座は近々終了予定なので、気になる方は、いますぐボタンをクリックしてご登録ください!

お名前とメールアドレスを入力いただくだけで、すぐ登録いただけます。

\今すぐクリック/