リーダーだからこそ、自分が間違った時にはきちんと謝ろう

こんばんは。古賀ちぐさです。

 

「あれ?この仕事ってどうなってるんだっけ?スケジュール遅れてない?」と、担当のメンバーを呼んで確認したら、「◯◯さん(自分のことね)の確認待ちですけど…」なんて言われた経験ありませんか?

 

私はありませんと言いたいところですが、めちゃくちゃ経験も心当たりもあります。

読んでくださっている方の中にも、1回や2回は心当たりがある…と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

言われた瞬間に「えっ?いつ頼まれたんだっけ?」って記憶を掘り起こすこともあれば、「あーーーー忘れてた」と自分にガックリくることもあるかもしれません。

そんな時、メンバーに「ごめん!」って謝れていますか?

 

意外と謝れない人が多いなと言うのが私の印象です。

謝らないどころか、指摘されたことにムッとしたり、スルーっと流してなかったことにしたりする人も。

 

リーダーのこんな態度をメンバーはよく見ているし、「確認すればよかったですね」と口では言っていても、心の中ではひんやりシラーっとしているかもしれません。

「あっ、ダメだ、この人」と信頼度がグーンと下がっている可能性もありますね。

 

メンバーから見たら、仕事の期限を守ってもらえなかったと言う時点で、「おーーーい」と思います。特にリーダーの承認がいるものは、勝手に判断して進めることができないですよね。。

 

声をかけようかな?でも忙しそうだしな。

忙しい時に声をかけたら迷惑かな

 

頭の中にいろんなことが浮かんでヤキモキしています。

「それなら、もっと前に確認してくれたらいいのに」「仕事なんだから、声をかけるのが当たり前」と思うかもしれません。

 

だけどその言い分はリーダー目線です。

メンバーから見たら、忙しそうなリーダーに声をかけるって、思っている以上にハードルが高いです。

忙しい時に声をかけたら迷惑かな?と思っているリーダーに声をかけたら、思いっきり迷惑そうにされることって多いですから(笑)

 

それにメンバーに「あれ?この仕事ってどうなってるんだっけ?スケジュール遅れてない?」と言っているのは、そのメンバーに何か要因があったのでは?と考えたからだと思うのです。

だけど実は原因は自分だった。

となるとメンバーは、「えっ、あなたが遅れたのが原因なのに、なんで私が悪いみたいに思っているの?」と感じるかもしれません。

 

仕事を忘れてしまっていたこと

仕事の遅れをメンバーが要因かのように考えてしまったこと

 

この2つは、きちんと謝らないといけないんじゃないかな。

それらがないようにすることが一番いいことだけれど、リーダーだって完璧じゃないから、「あっ、やっちゃった」っていうときはあるはず。

 

そんな時、多分リーダー自身が一番、「うわっ、やっっちゃった」と思っていると思うのです。

恥ずかしいから誤魔化したいという気持ちもあるかもしれないですよね。

 

だけど絶対に誤魔化したり、スルーしたり、ましてや不機嫌な顔をしたりしてはダメです。

もし同じことをメンバーがやったら、「その態度は何?」って思うし、叱ったりもしますよね?

 

私はメンバーがやってはダメなことは、リーダーもやってはいけないと思っています。

「上司が部下に謝るなんて」という、謎の思い込みはいりません。

 

リーダーであろうとメンバーであろうと、自分が間違ったなと思った時は、きちんと謝る。

謝った上で同じことが起こらないような方法を、一緒に考えたらいいですよね。

謝れないリーダーが何を言ったところで、メンバーは信頼も信用もできないはず。

 

難しいリーダー論を学ぶよりも、「間違ったら謝る」という当たり前(だと私は思う)の行動を、当たり前のようにできることの方が、私は大切だと思っています。

 

PS.

3/20&3/21に『「なんで伝わらないの?」を「こうすれば伝わるのか!」に変えるコミュニケーション講座』を開催します。

 

この講座では、名画を題材にしながら「どうして伝わらないの?」「どうやったら伝わるの?」を楽しく学ぶ講座です。

絵に詳しくないからなんて心配は全く必要ありません!

いわゆるお勉強的な名画の知識は一切使わないし、何なら私も知りません(笑)

大事なのは、参加者どうしの対話です。

 

コミュニケーションをよりよくして、選択肢を増やしたい方、「何でわかってくれないの?」を「そうか!こうすればいいのか」に変えたい方、ぜひお待ちしております。