一部の大企業以外は、人材不足で求人を出しても人が補充できない・・と嘆いているのに、起業女子界隈はすごいですね。

 

1週間前だったか2週間前だったか、キラキラ起業?なのか、ある方が「お給料をもらうのではなく、自分がお金を払ってでも働きたいと思う人」という求人を出しているというツイートを読んで、「えっ?!正気??」と思ったのも束の間(こちらの求人はすぐに取り下げられた模様。当たり前です!)、昨日はこんなツイートが流れてきました。

 

短期の業務委託契約の求人なのですが、

  • 毎日業務が発生するので、結構大変なお仕事です
  • わたしからの連絡は、曜日時間関係なくグイグイ来ます
  • それでも大丈夫!下僕のように働きたいです!という気合の入った方の応募待ち

 

と書かれています。

ハートや星の絵文字で可愛らしく見せていますが、記載されている内容は、ありえないですよ。

今どき、ブラック企業だってこんな求人出しません。

 

【求める人物像】

毎日、業務が発生する結構大変なお仕事にやりがいを持てる方。

夜間休日問わず、社長から仕事の催促の連絡がグイグイ入っても、前向きに受け取れる方。

正社員ではなく業務委託、しかも短期間のお仕事であっても、「それでもいい。下僕のように働きます」という気合のある方

 

この求人が言ってるのって、こういうことですからね(笑)

ツイートに掲載されている以外の細かな求人内容を見つけられなかったので、もしかしたらそちらには書かれていたのかもしれませんが、契約金額も契約期間もここには書かれていません。

 

こんな求人がハローワークや求人サイトに掲載されていたとして、「わー、やりたい!」って思いますか?普通は思わないですよね。

そもそも、法律違反の可能性が高いですから、掲載すらしてもらえません。

 

でも、キラキラ起業の世界では、こんな内容の求人であっても、応募多数で募集が締め切られるようです。やっぱりおかしな世界です。

 

私がこの求人に対して、ものすごく腹を立てているのは、曲がりなりにも株式会社の社長が、求人を出す時の最低限のことすら学ばずにいること。

 

社員であれ、業務委託であれ、自分の事業のために誰かに働いてもらうなら、なるべく「きちんと」しようと思うものじゃないのかな?

ましてや、普段から「愛」だの「先に与える」だの言っているならば尚更です。

 

綺麗事を言っている割に

 

私が私が!

私がよければ!

私のために!

 

という私欲しか見えてこないところが、本当に腹立たしいのです。どうせ私欲まみれなら、素直にそう言った方がずっと清々しいと思いますけどね。

 

それと同時に、この手の求人にホイホイ応募する人たちにも腹を立てています。

 

「私が良いと思っているんだからいいでしょ?」

 

って思いますか?それは違うと思うんです。

労務提供者をバカにするような求人にホイホイ応募する人がいるから、こういう人たちが減らないし、当たり前になっていくんです。

 

それに何より、あなた自身をバカにしているのですよ。

あなたがこれまで経験してきたことは、相手に都合良く扱われるレベルのことだったんですか?

下僕のように・・なんて言われて、それを受け入れなければいけない程度なんですか?

もし、そうだとするなら、残念ながらこの先も搾取される側から逃れることはできないと思います。

 

で、ここで記事が終わるなら、別に私が書く意味もないだろうと思うので、今回の求人の何がダメだったのかを具体的に書いてみますね。

 

そもそも、業務委託契約って何?

 

今回の求人は社員採用ではなく、業務委託契約です。この求人を見る限り、業務委託契約を「自分の都合の良いように使える人」だと認識しているらしいですが、それは全然違います。

 

まず、業務委託契約とは、企業と雇用関係がない外部(会社もしくは個人)が「業務を委託」する際に締結する契約です。

業務内容、契約期間、契約金額はすべて事前に相互で取り決めの上、契約を締結します。

 

当たり前ですが、業務を委託する側と受託する側は対等なので、どちらが上とか下とかありません。

「下僕のように」なんていうのは、そもそもありえないのです。

 

そして、業務委託契約には大きく2種類あります。

  1. 請負契約:仕事の成果に対して報酬を払う
  2. 委任契約:仕事を遂行したことに対して報酬を払う

 

請負契約はシステム開発やWeb製作など、請け負った内容の成果物や納品物がある時に締結されます。

一定期間の間、成果物や納品物に不具合があれば、補修や減額、契約解除などのペナルティを受託側が追うことになります。(瑕疵担保責任、瑕疵担保期間)

 

対して委任契約は、成果物や納品物に対して報酬が払われるのではなく、「業務を行った」と言うことに対して報酬が払われます。成果は問われません。

コンサル業は一般的に委任契約が多いです。例えば経営コンサルや戦略コンサルが提出した戦略通りに実践して、それで成果が出なかったとしても、契約違反ではありません。

 

今回のツイートの求人が請負なのか委任なのかは分かりませんが、SNS管理と事務管理と書かれているので、おそらく委任契約なのだと思います。

 

業務委託契約では委託側に指揮命令権はない

 

業務委託契約は、「業務を委託」する契約なので、いつどこで、どんな風に仕事をするかは、契約で取り決めが無い限り、受託側の自由です

 

業務を委託する側に指揮命令権はないのです。指揮命令権とは、業務上の指示のこと。

もし、業務委託契約なのに委託側が指揮命令をすれば違法です。

 

なので、「わたしからの連絡は、曜日時間関係なくグイグイ来ます」は、指揮命令違反である可能性が非常に高いです。

 

そもそも、業務委託契約をする場合は、作業内容、作業範囲、業務手順などを事前に取り決めるのが当たり前ですから、「曜日時間関係なく連絡が来る」なんてことは、普通は考えられないのです。

トラブル発生時などは例外ですが、SNS管理と事務管理が仕事なら、そんなにトラブルが発生するとは思えないし、曜日時間関係なく連絡が来る正当な理由とは思えませんね。

 

直接雇用だったら良い・・・わけがない!

 

この求人は、業務委託契約としては違法な可能性が非常に高いですが、では直接雇用にしたら良かったのでしょうか。

 

そんなわけないですね。

 

直接雇用であっても、労使は対等です。すなわち「下僕のように」なんて求人票に記載している時点でアウトです。

さらに「連絡が曜日時間関係なくグイグイ来ます」も労基法違反。

 

労基法では、休日、休暇、労働時間が決められています。仮に36協定が結ばれたとしても、”曜日時間関係のない業務連絡”なんていうのは認められません。

24時間365日、社長の連絡に備えろ!と言っているのと同じですからね。

 

会社の経営者が、これを「当たり前だ」と思える神経が怖い

 

株式会社の社長ということは、経営者ですよね。

私は経営者が、こんなおかしな求人を当たり前のように出せることが怖いです。

 

「専門家じゃないから詳しくなかった」

「初めて求人を出すから知らなかった」

 

というレベルではありません。

専門家じゃないから、初めて求人を出すから、だからより慎重になるものではないのかな?

 

しかも、今日私が書いたレベルのことは、ちょっとネットで調べたら出てきますし、社労士に確認すれば教えてくれることでもあります。

 

その手間さえ惜しむって、「私以外の人の権利は考えていません」と宣言していることと同じだと思うのです。そして、そういう人たちが『成功した女性』として紹介されていく。

 

憧れている人が多いから、こんな身勝手な求人でも、大量の応募があるのでしょうが、一緒に働く人のことを平気で「下僕」と言えるような人の何に憧れるんでしょうね。

 

人を人と思わないような対応をする人から、学ぶことは何もありません(反面教師にはなるかもしれないけど)

もちろん、そんな人の元で働いたところで得るものもありません。

 

何度も何度も書きますが、自分のキャリアに責任を持てるのは自分だけ。

もっと自分や自分のキャリアを大切にしてくださいね。

 


キラキラもフワフワもしていない、超実践的なメルマガを週1回配信しています。

スキルや経験を武器にして、稼ぎ続ける力をつける