「好きなことを仕事にしよう」

 

起業する人たちだけに関係するかと思いきや、そうではありません。

 

「転職したいんです」

「会社を辞めたいんです」

 

理由を聞くと、「好きなことを仕事にしたいんです」と言われることって、結構多いんですよ。

好きなことを仕事にしたら、毎日楽しく働けそうなイメージがありますよね。

 

でも、それはほとんどが幻想で、「●●が好きだから」で仕事を選ぶと、多くの場合、うまくいきません。

なぜだと思いますか?

 

一言で言ってしまえば「好きだから」で務まるほど、仕事は甘くないからなんですよね。

 

「好きだから」と言うけれど、その仕事でお金がもらえますか?

仕事って、対価が発生しますよね。

会社員であればお給料だし、フリーランスであればクライアントから支払われます。

 

どこからお金が払われるにしろ、クライアントから「対価を払っても良い」と思ってもらえなければ、仕事としては落第点ということです。

 

特に毎月、決まったお給料が入ってくる会社員は、つい「会社に出勤してれば、お給料がもらえる」と勘違いしがちですが、違いますからね。

出勤したことに対して給与を払っているわけではなく、やった仕事に対して給与が支払われているのです。

 

私のブログを読んでくださっている方に、そういう方はいないと思いますが、出勤しているだけで給与をもらっている人は、単なる「給料泥棒」です。

AIが発達したら、真っ先に存在が危うくなるはず。

 

「●●が好きだから」と言っている●●は、対価としてお金をもらえるレベルですか?

 

例えば、お料理が大好きだけれど、下手な人がいたとしますよね。

その人のお料理をお金を払って食べたいと思いますか?

お金を払って食べた料理が美味しくなかったら、「えっ、こんな料理でお金を取るの?」と思いませんか?

「お金を取って良いレベルまで腕を上げてからにしてよ!」と思いませんか?

私なら、確実に思います。

 

わかりやすくお料理を例に出しましたが、どんな仕事でも一緒です。

もちろん、最初から特別なスキルが身につくわけじゃありません。

 

会社員であれば、新卒の頃から少しずつ成長していくものだと思うしね。

でも、いつまで経っても成長できないのであれば話は別。

 

「好きだから」ではなくて、「プロとして仕事を提供する」ための努力をするつもりはありますか?

 

ないのであれば、仕事にするのは止めて趣味程度にしておきましょう。

趣味なら、成長できてもできなくても、誰にも文句は言われません。

 

「好きなこと」ほど負の側面に耐えられない

どんなことにも、プラスの面とマイナスの面があります。

趣味であればプラスの面だけ見ていれば良いですが、仕事であればそういうわけにはいきません。

 

綺麗事だけじゃやっていけないし、清濁併せ呑むことも必要だったりします。

「●●が好きだから」だけだと、そのことに耐えられなくなるんですね。

 

例えば、「人が好きだから」と人材業界を選んだとします。

入社前は「求職者に寄り添える仕事」「求職者の悩みを解決してあげられる仕事」が出来る!と思って、やる気MAXだと思うのです。

 

でも、残念ながら、そのやる気はあっという間に萎むはずです。

なぜなら、人材業界は言葉は悪いですが、「人を企業に売り込んでお金に変える」仕事だから。

 

もちろんその中で、企業と求職者がうまくマッチすることはあります。

求職者に寄り添ったり、求職者の悩みを解決できる事もあります。

 

でも、それだけではやっていけないということ。

人材業界のお客様は求職者じゃありません。あくまでも企業です。

だから、どうやって企業から案件を引き出すのか、企業に人を入社させるのかが勝負。

 

それを分かっている人じゃないと、人材業界は続けられないはず。

他の業界でも一緒ですよ。

 

「旅行が好きだから旅行業界」

「洋服が好きだからアパレル業界」

 

きっと、あっという間に理想と現実のギャップに苦しむはず。

憧れが強ければ強いほど、ギャップは大きくなります。だから「好き」なだけでは仕事は続けることができないのです。

 

好きなことを仕事にではなく、仕事を好きになる

プロとしての努力を続ける

負の側面にも目を背けることなく向き合っていく

 

「やる!」と思えるのであれば、ぜひ好きなことを仕事にして欲しいと思います。

でも、「いや、ちょっと無理かも」と思うなら、その「好き」は仕事にしない方が賢明じゃないかな。

 

私は好きなことを仕事にするのではなく、仕事を好きになって欲しいなと思うのです。

 

「そんなことを言っても、今の仕事は好きじゃない。お給料のために働いている」

 

そういう人も多いかもしれませんね。

でも、ちょっと考えて欲しいのです。

 

本当に全ての仕事が好きじゃないのですか?

もし、「どれもこれも、何ひとつ好きなものはありません!」と言うのであれば、仕事を変えた方が良いかもしれません。

 

だって、好きじゃない仕事をイヤイヤしていても、成長することは難しいと思うし、成長しなければ評価も上がらず給与も上がらないはずですから。

「そこそこで良い」と思っているなら、それで良いですが、そうではないのであれば、すぐにでも相談にいらしてください!

 

だけど、何ひとつ好きなものはない!なんてことは、そんなにないんじゃないかと思うのです。

大きな塊で見ると分かりにくくなってしまうので、自分の仕事を細かく分解してみてください。

 

提案書を作るのは好き。

企画を考えるのは好き

コツコツとデータを分析するのは好き

プレゼンをするのは好き

人のサポートをするのは好き

 

きっと、「これは好き」だなーと思える仕事があるはずです。

その「好き」は「めちゃくちゃ大好き!」じゃなくてもいいんですよ。

 

ちょっと好きかも・・ぐらいで全然OKです。

今はまだ「好き」とは言えないけれど、好きになれそう・・でもOK

 

そういう「好き」が見つかったら、まずは、それを磨いてみてください。

磨いていくと、その周辺にあるものに対しても、少しずつ興味が持てるようになるはず。

そして、自分の仕事に興味を持てるようになればなるほど、仕事は楽しくなっていきます。

 

全部を自分でやらなくてもいいんです。

周りを見回して、得意な人を見つけて、その人たちを巻き込んで仕事をしていけば良いのですから。

それぞれの弱点を補い合えるのが、組織で仕事をすることの利点。

それは、とことん利用しましょう!!

 

好きなことを仕事にしなくちゃ!と思っている人ほど、ぜひ、今の仕事で「好きなことはないかな?」を考えてみてください。

 

「好きを仕事」にすることより「仕事を好き」になることの方が、ずっと簡単だし、ずっと楽しく仕事ができると思いますよ。