昨日、Twitterで知り合ったお友達と銀座ランチ&ウィンドウショッピングに行ってきました。

お互いにコスメ好きということもあり、本当はコスメクルーズをする予定だったのですが、蓋をあけたら全然違う1日になりました。

 

それもまた楽しい。

私は元々物欲の塊のような人間だったのだけれど、最近は特に欲しいものがないなと思っていたのです。

 

正確に言えば、「あー、欲しいな」とは思っても、次の瞬間には「別にいっか。なくても特に困らないし」となるので、昔ほど強烈な欲しい欲求がなくなったと思っていたの。

歳を重ねるとこうなるのかなーなんて思っていたら全然違った。

 

私が物欲がなくなったと思っていたのは、単に実物を見る機会が減っていたから。

ネットで写真だけ見て、わかった気になっていただけなんですよね。

 

昨日はGINZA SIXをくまなく見て回っていたのだけれど、実物を見たり触れたりしたら、やっぱり湧き上がってくる「欲しい」の気持ち。

もうね、欲しいものだらけで大変でした(笑)

 

そして、これって物欲に限らず色んなことに当てはまるんじゃないかなと思ったのです。

ネットで見てわかった気になるのって、すごく危ない。

 

今日は日曜日だし、そんな話を昨日撮ったランチ写真と一緒に書いてみたいと思います。

 

物事の片側だけを見て、知ったかぶるのは格好悪い

 

 

昨日のランチは銀座のHOOTERS

赤坂見附にHOOTERSができた時、一度行ってみたいと思ってはいたものの、連日のあまりの混雑ぶりに行かないままになってました。

なので、昨日が初訪問!

 

HOOTERSガールが有名なお店だけど、正直なところ、それだけだと思ってたのです。

だから一度、話のネタに訪れたらそれで終わりかなーと。

ところがどうして、食べ物も美味しいし、店内も居心地良いし、ひとりでも行ってみたいと思うようなお店でした。

 

 

フライドピクルスがめちゃくちゃ美味しかった。HOOTERS名物らしいです。

 

実際に行ってみて、「好みじゃなかった」「やっぱりこういうお店は一度でいいや」と言うのと、一面だけを見て、「HOOTERSガール目当てのお店でしょ?」と言うのは全然違いますよね。

 

ランチを食べながら、仕事の話をしていたのだけれど、その時も「一面だけを見て知ったかぶること」の危うさを感じました。

 

TwitterやFacebook、ネットニュースに流れることって、物事の一部分だけなんですよ。

実際に仕事をしている人と話をすると、ネットには流れないことがたくさんあることに気づくわけです。

そりゃそうですよね。

 

不特定多数の人が見るネットに、会社のことをアレコレなんて書きませんし書けません。

そして、「書けない」「書かない」部分に大事なことが含まれているなんてザラにあるのです。

 

それなのに、その見えている一部分だけを取り上げて、全てを分かったかのように知ったかぶるのは、ものすごく格好悪いことなんじゃないかな。

 

見て触れて、感じてみないと分からない

 

ランチの後は、GINZA SIXに移動。

上から下まで、ほぼ隈なく見て回ったら、欲しいものだらけすぎて困りました(笑)

 

GINZA SIXは高級店が多いから「欲しい=買う」にはならず、ウィンドウショッピングだけだったのですが、それでも楽しい。

最初に「物欲がなくなったと思っていたけれど違った」と書いたけれど、実物を見てみるとそんなことないのよね。

 

ネットの写真で見たら、ただリボン刺しゅうがされている洋服、レースのついた洋服だけれど、実物を見たら、その細やかさにため息が出たり。

モニター越しには分からない、微妙な色使いに「わー、素敵」と感じたり。

 

靴だって、ビジューがライトに反射してキラキラ光っているを見たら、ドキドキしちゃうしね。

 

重たそうに見えたマグカップやお皿が、持ってみたらビックリするほど軽かったり、文字盤がターコイズで作られた時計の鮮やかさに「いいなー、欲しいな」と思ったり。

 

どれもネットの世界だけでは絶対に味わえないものでした。

ネットの中で、色々な体験が出来るようになったことで、世界が身近になりましたよね。

 

それはとても便利だし、たくさんのことを知るきっかけにもなるものだけれど、その分、ないがしろにしているものもあるんじゃないかな?と思うのです。

 

頭だけで分かった気になる、知った気になる。

でも、微妙な色合いや、重さや、質感や香り、そしてその時に湧き上がる自分の感情は、実際に見たり触れたりしないと分からない。

 

私自身、それが圧倒的に足りていなかったなーと反省中です。

 

人に会って、人と話して、自分で体験して積み重ねていく

 

今月中に私のクライアントで作るコミュニティを立ち上げる予定ですが、それも「会社以外の人に会って話をして、自分の視野を広げる」ことが目的。

 

毎日、同じ会社で同じ人たちと仕事をしていると、どうしても物の見方が偏ってしまいますから。

自分とは違う考え方、違う視点に触れてほしいと思っているのです。

 

人と会って話をすることって、すごく大切です。

TwitterやFacebookが盛んだとは言っても、積極的に利用している人は、ほんの一部ですよね。

 

だから、その中だけで知った気になるのは怖いです。

実際に人と会って話をしてみなければ、分からないことはたくさんあります。

 

そして、ただ話をしただけじゃ、まだ足りないんです。

色んな人と話をする中で、自分の中に新たに出てきた感情や考えや思いを実際の行動に変えていくことが大事。

 

自分が行動したことが、「経験」として積み上がっていくからね。

 

私も、もっと色んなものに触れないといけないなと思ったし、行動もしていかないといけないなと感じた週末でした。

まずは、GINZA SIXで山ほど抱えた物欲を解消すべく、一生懸命働きます(笑)