ストーリーからナラティブへ

2020年が始まって、もう1週間が過ぎようとしているんですね。

年々時が過ぎるのが早くなっていく・・・

 

と言う戯言はさておき、今日が仕事始めだと言う方も多かったのではないでしょうか?

私も非常勤嘱託の仕事は今日が仕事始め。

所属する部署の会議で印象に残ったキーワードを今日の記事タイトルにしてみました。

 

【ストーリからナラティブへ】どういう意味だと思いますか?

ナラティブとは「概念」や「自分自身の意味づけ」と言うように捉えてもらえたらいいかな。

 

これまでは出来上がった物語(ストーリー)が語られていたけれど、これからは自分自身のイメージや概念(ナラティブ)が語らえていくということですね。

個々人がどんな出来事にどんな意味づけをするのか、どんな概念を持つのかが大切になっていくわけです。

 

これって「自分らしく」働く上でもとても参考になる考え方だし、とても大切なことだと思うのです。

安定したストーリーは、もうどこにもない

長い間、働き方における王道のストーリーは、『大手企業に就職して、定年まで入社した会社で働き続ける』でしたよね。

大手企業に就職すれば安定していたから、多くの人が新卒時にいかに大企業に就職できるかを競っていたような気がします。

終身雇用で毎年、お給料がアップするのが当たり前の時代でした。

ところが、気づけば終身雇用が崩壊しつつあり、今や大企業だから安泰!なんていう事は全くないのは周知の事実。

その頃からかな?

 

「いつまで会社員で消耗しているの?」

「サラリーマンなんて単なる社畜」

 

なんて会社員を揶揄するようなことが言われるようになったのは。

同じぐらいのタイミングで、アメブロやFacebookを中心に、キラキラ起業女子が目立ち始めましたよね。「好きな事を仕事にする」「ありのままの自分」という言葉が、巷にあふれるようにもなりました。

では以前の『大手企業に就職して、定年まで入社した会社で働き続ける』という王道ストーリーが『脱社畜してキラキラ起業』というストーリーに取って変わったのか?と言われると、もちろんそんな事はなく。

雨後の筍のようだったキラキラ起業女子たちも、一部の教祖様を除いてはすっかり、影を潜めてしまいましたよね。

もう安定した王道ストーリなんていうのはなくなってしまったのです。

あなた自身はどう意味づけしていきたいの?

安定した王道ストーリがなくなったなら、「自分らしく」働くためにはどうしたらいいのか?

私は、【好きなことなんて仕事にしなくていい、天職なんて探さなくていい、仕事にどんな意味づけをするかは自分自身】だといいますが、そのために必要なのが『ナラティブ』なんだと思います。

 

あなたがあなたの「働き方」をどう捉えるのか。

どう意味づけするのか

どんなイメージを持って語るのか

 

大切なのは、すべて『あなた自身』です。

簡単に言っちゃえば、「で、あなたはどうしたいの?」なのですが、今まで王道ストーリーがあると信じて、王道ストーリーを語る(歩む)ことが正しいと思っていたなら、急に「あなたはどう捉えるの?」「あなたはどうしたいの?」なんて聞かれても、困っちゃいますよね。

えっ、そんなこと言われたって・・・

と思う気持ちはとってもよくわかります。

つい正解(ストーリー)を探してしまうし、自分で考えられない分、声の大きな人やインフルエンサーと呼ばれるような有名人の言葉を鵜呑みにしたくなってしまう。

その結果が、

 

「永遠に終わらない本当の自分探し」

「好きな事を仕事にしよう!天職を見つけよう!呪縛」

 

なのだと私は思っています。

でもね、どんなに「そんな事を急に言われても・・」と戸惑ったとしても、「今まではちゃんとストーリーがあったじゃないか!」と憤ったとしても、あなた自身があなたの物語を作って、あなた自身が語るしかないんですよ。

自分の物語を作るのに特別な才能もスキルもいらない

【自分らしく】働くって、特別な才能もスキルもいらないんですよ。

 

あなたがあなたの「働き方」をどう捉えるのか。

どう意味づけするのか

どんなイメージを持って語るのか

 

あなた自身があなたの物語を作って、あなた自身が語る」のに、特別な才能もスキルもいらないですよね。

必要なのは自分自身を知ること、知るだけではなく具体的な行動に落として、実際に行動する事です。

それは好きな事を仕事にしなくたって、天職を見つけなくたってできるし、20代ならできるけれど40代になったら無理なわけでもありません。

いつでもできるし、誰でもできます。

 

とはいえ、具体的にどうやって始めればいいかわからない・・という人もいるんじゃないかな?

そんな方のために作ったのが【自分らしく働くためのオンラインプログラム】です。

約12分の音声と、オンラインプログラムのためだけに作成したワーク付きの資料で、いつでもどこでも【自分らしく】働くために必要なプログラムを無料で受講することができます。

 

2020年、新しく何かを始めるにはピッタリの年。

【ストーリーからナラティブへ】

あなた自身があなたの物語を作って、あなた自身が語ってくださいね。

 

【自分らしく働くためのオンラインプログラム】はこちらからお申し込みください