「できごと」ばかりにフォーカスすると、自分のことは分からない

私がクライアントの話を聞く時に、よくする質問が

 

「どうして、そう感じるの?」

「なぜ、そう思うの?」

「その時、どんな気持ちだった?」

 

という、クライアント自身が感じたこと、思ったこと、その時の気持ちを確認するもの。

でも、この質問をすると、多くの場合

 

「えっと・・・・」

「うーん・・・」

 

と言って固まってしまう。

そして、すごく悩んだ結果、「分かりません」って言われることも珍しくないんです。

 

ほんとうは「分かりません」って変なんだよね。

だって、自分自身のことを聞かれてるんだから。

 

自分がどう感じたのか

自分がどう思ったのか

自分がどんな気持ちだったのか

 

分からないはずがないんです。

だけど、「分からない」

 

どうして、そんなことが起こるんでしょうね。

その理由は簡単

 

事実や出来事にばかりフォーカスしているから

 

何をしたのか/しなかったのか

出来たのか/できなかったのか

言ったのか/言わなかったのか

 

この質問には、皆さんスラスラ答えるし、何なら、聞いていない事も教えてくれる。

それだけ、「事実」や「できごと」に意識が向いているってことです。

 

でも、その時に自分がどう感じて、どう思って、どんな気持ちだったか・・という、自分の内面には無頓着。

 

これは習慣もあるのかもしれません。

仕事をしていると、「論理的に話しなさい」「事実を述べなさい」って言われることが多いですよね。

だから、意識がそこに向いてしまうのは仕方ないと思います。

 

だけど、事実にばかりフォーカスしていると、いつまで経っても自分自身の事は分かりません。

なぜなら、自分のことを知るために大事なのは

 

事実ではなく、「なぜ?」という気持ちであり、思いであり、感情だから

 

例えば、「すぐに人に対して怒ってしまう」としますよね。

人に対して怒るは、「事実」です。

 

では、どうして怒ってしてしまうんですか?

その時、どんな気持ちですか?

あなたの中にどんな感情が沸き起こりますか?

 

ある人にとっては、「自分を蔑ろにされて悔しい」から怒りを覚えるのかもしれません。

また別の人にとっては、「自分自身をバカにされていると感じる」から怒りを覚えるのかもしれません。

もしかしたら、恥ずかしさを隠すために「怒り」として表現する人もいるかもしれませんね。

 

その時、その時の状況や、自分の状態によっても変わるはずです。

ちなみに私は、ほとんど怒りませんが、怒る時は「自分が理解されないようで悲しい」が一番多いかもしれません。

 

今回は「怒る」ことを例にあげてみたけれど、他のことでも一緒ですよ。

 

自分が社会の中で輝いて働き続けるためには、自己理解は基本中の基本。

自分自身を知らなければ、他人を知ることもできません。

 

もちろん、自分を知るために「事実」や「出来事」を振り返ることも大事。

でも、それだけにフォーカスして、自分の気持ちや思い、感情を蔑ろにしてしまっているなら、自分の内面にもっと意識を向けてください。

 

「どうして、そう感じるの?」

「なぜ、そう思うの?」

「その時、どんな気持ちだった?」

 

自分自身に毎日質問してみてください。

最初は「うーん」と悩んでしまうかもしれないけれど、繰り返していけば、必ず答えられるようになりますよ。

ひとりではうまく出来ない方は、いつでもご相談にいらしてくださいね。

libertywoman.jp
毎月3名限定!キャリアコンサルティング
https://libertywoman.jp/personal_service/carrer-consulting/
誰に相談していいか分からない。何から手をつけて良いか分からないなど、頭の中がごちゃごちゃして前へ進めない方へ  こんな方におすすめ●このままではいけないと思っているけれど、誰に相談していいか分からず、ひとりで思い悩んでいる●転職したいけれど...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です