クライアントと話をしていると、よく出て来る言葉

 

みんなに言われるんです

みんなにそう思われているんです

みんなに反対されるんです

 

「みんな」という単語が、本当によく出てくるんですよ。

クライアントから「みんな」という単語が出てきた時、その後はこんな会話が繰り広げられます。

 

古賀ちぐさ古賀ちぐさ

本当にみんな?

クライアントクライアント

はい、みんなです!

古賀ちぐさ古賀ちぐさ

じゃぁ、みんなって具体的に誰?

クライアントクライアント

えっと、AさんとBさんと・・あと・・Cさん。それと・・・・あれ?

古賀ちぐさ古賀ちぐさ

みんな・・じゃ、ないねぇ(笑)

クライアントクライアント

ほんとだ。そうですねぇ(笑)

 

最初は「みんなです!」と言っていたクライアントも、具体的に名前をあげてみることで、「あれ?みんなじゃない」ということに気付くんですね。

 

実態は大したことがないのに、「みんな」というだけで、なぜかすごく大きなことのような気がしてしまうのです。

 

自分で自分に足かせをつけてどうするの?

 

みんなに言われるんです

みんなにそう思われているんです

みんなに反対されるんです

 

その後に続くのは、なぜかマイナスの言葉が多いのね。

「みんなにそう言われるから頑張ります!」とか「みんなにそう思ってもらえて嬉しいです」というのは、あんまり聞いたことがないなぁ。

 

自分自身が不安に思っていたり、自信がなかったりするんでしょうね。

だから、それを補うべく「みんな」という言葉を使うんじゃないかな。

 

もちろん、意識して「みんな」と使っているわけじゃないんですよ。

だから私が、「みんなって誰?」と聞いて、名前が2〜3人、多くても4〜5人で止まると「あれ?みんなじゃなかったですね」という笑い話になる。

 

でも、無意識でそう思ってしまっているから、ついそれが言葉になって出てきてしまう。

 

反対されているんじゃないかな?

何か悪いことをしてしまったんじゃないかな?

 

こんな風に不安に思っていて、「だって、みんなが・・」という言葉が出て来るなら、一度冷静になって考えてみて。

 

みんなって誰のことですか?

 

きっと、私のクライアントのように「あれ?別にみんなじゃなかった」ということになるはずですよ。

 

「みんな」は人を煽るのにも、便利な言葉

 

子どもの頃、何か手に入れたいものがあると

「だって、みんな持っているもん!」と言った経験ってありませんか?

 

私もよく言っていたような気がします。

そして、親に「みんなって誰!」と言われていましたね。やっぱり、みんなはみんなじゃなくて、ほんの数人だったのだけれど(笑)

 

子どもの頃に学習したはずなのに、やっぱり「みんな」という言葉に弱いんですね。

大人になっても「みんな」という言葉は誰かを煽るのに、とっても便利な言葉です。

 

えっ、まだやってないの?早い人は、もうみんなやってるよ

えっ?そんなことも知らないの?みんなは、もう知っているよ

えっ?そんなこと言うのは、あなただけだよ。みんなはそんなこと言わないよ

 

どこぞのインフルエンサーや、ぼったくりサービスをする人たちが言いそうな言葉ですが、まさしくこれ!

 

ここで、「みんなって具体的に誰ですか?」と聞けたら、たちまち「みんな」じゃないことが分かるのだけれど、たいていはその場の雰囲気に流されますよね。

 

しかも、「みんな」と言われた途端に、「みんな」の中にいない自分が恥ずかしくなったりして。

 

遅れちゃいけない、そこから外れちゃいけない。

そんな心境になってしまったら、後は相手の思うツボです。

 

 

多数の意見に対して、少数派だと思わせることで、相手に恥の意識を持たせることができれば、相手は自分たちの意見に同調してくれる確率が高くなりますから。

 

だからこそ、ここでも「みんなって誰ですか?」と聞くことが必要なんです。

 

みんながどうかは関係ない。あなたはどうしたい?どうするの?

 

自分が「みんな」と言っている時には、自分に対して「みんなって誰?」と確認する。

相手が「みんな」と言っている時には、相手に対して「みんなって誰?」と確認する。

 

確認すれば、みんながみんなじゃないってことが分かります。

「みんな」と言っていると、小さな出来事も大きなことのように感じちゃう。

だから、「みんなって誰?」と確認することで、元の正しい大きさに戻してあげる。

 

それができないと、自分にとっての正しい判断って出来なくなると思うのです。

 

でも、本当はいちばん大事なことは「みんな」かどうかではないのです。

 

あなたはどうしたいのか?

あなたはどうするのか?

 

決められるのは、あなた自身です。

あなた自身の決断を助けるためにも、「みんな」という言葉は使うな、危険!ですよ。